サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > レクサスISの高性能バージョン「IS 500 Fスポーツ パフォーマンス」が北米でデビュー

ここから本文です

レクサスISの高性能バージョン「IS 500 Fスポーツ パフォーマンス」が北米でデビュー

レクサスが5リットルV8エンジンを搭載した「IS 500 Fスポーツ パフォーマンス」を北米で発表。2022年モデルとして本年第3四半期に発売予定。日本仕様の設定は現時点で未定

 トヨタ自動車が展開する高級車ブランドのレクサスの北米部門は2021年2月22日、コンパクトFRスポーツセダン「IS」の高性能モデルとなる「IS 500 Fスポーツ パフォーマンス(IS 500 F SPORT Performance)」を世界初公開した。北米市場では2022年モデルとして本年第3四半期の発売を予定する。

「最新モデル試乗」ぐっとダイナミックに大変身したレクサスIS。刷新された中身の本気度はどのくらいなのか

 レクサスISは2020年11月に大がかりな商品改良を実施。内外装デザインの刷新や機能装備のバージョンアップのほか、あらゆる走行シーンで減速、操舵、加速がシームレスに繋がる気持ちよさなどドライバーの意図に忠実でリニアな応答の追求、すなわち“Lexus Driving Signature”をより高い次元に昇華させている。
 今回発表されたIS 500 Fスポーツ パフォーマンスは、従来設定していた「IS F」の実質的な後継を担うことが予想される現行ISの高性能バージョンで、パワーユニットには改良版の自然吸気5リットルV型8気筒DOHCエンジンを搭載。排気システムには左右4本出しのクワッドエキゾーストシステムを組み合わせ、最高出力は472hp/7100rpm、最大トルクは395lb.ft.(54.6kg・m)/4800rpmを発生する。トランスミッションには専用セッティングの8速スポーツダイレクトシフトATを採用して後輪を駆動。ドライブモードとしてはSport SとSport S+を設定し、エンジンとトランスミッションのマッピングをそれぞれ最適化してパフォーマンスを向上させる。また、パワートレイン(Normal/Eco/Power)やシャシー(Normal/Sport)、エアコン(Normal/Eco)をユーザーの好みに合わせて調整できるカスタムモードも用意した。性能面では、0→60mph(約97km/h)加速が4.5秒、ハイウェイモード燃費が24mpg(約10.2km/l)を実現している。

 シャシー面に関しては、ダイナミックハンドリングパッケージ(DHP)やアダプティブバリアブルサスペンション(AVS)、そしてヤマハが開発したリアパフォーマンスダンパーを装備。駆動系にはトルセン式リミテッドスリップディファレンシャル(LSD)を組み込む。また、制動機構には前Φ14.0インチ/後Φ12.7インチの大径ローターを装着し、同時に冷却性能もレベルアップさせた。

 エクステリアについては、5リットルV8エンジンを搭載するためにボンネットを50mmほど高めたうえで、中央部のキャラクターラインを強調したことが特徴。また、専用デザインのバンパーやワイド化されたフェンダー、ダーククローム仕上げのウィンドウトリム、4本出しエキゾーストエンドを強調するディフューザー、ブラック塗装のリップスポイラーなども装備する。一方、足もとには軽量タイプのエンケイ製19インチアロイホイールを採用。標準モデル用の19インチアロイホイールと比べて、フロントで1ポンド(約454g)、リアで2ポンド(約907g)の軽量化を成し遂げた。

 内包するインテリアは、F SPORT Performanceバッジを配した本革巻きステアリングホイールやドアシルのスカッフプレート、F SPORTペダルなどを標準装備。また、コンビネーションメーターにはIS500専用の起動時アニメーションを採用する。フロントシートにはレザー表皮のバケットタイプを装着した。一方、先進安全運転支援システムについては、最新バージョンのLexus Safety System+2.5を設定。単眼カメラとミリ波レーダーの性能を強化し、各種機能での反応範囲を拡大している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します