サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 技研製作所、超小型EV専用の機械式駐車場を開発

ここから本文です
 技研製作所(森部慎之助社長、高知県高知市)は、超小型モビリティー専用の機械式駐車場「EVエコパーク」を開発したと発表した。駐車中に自動給電する機能を設けており、駐車スペースと充電施設が不足している問題の解決を図る。

 同社によると超小型モビリティ専用駐車場は世界初としている。直径9.5メートル、高さ15メートルの円筒型の建屋に最大40台を収容できる。一般的な平置き駐車場の場合、400平方メートルの用地が必要だが、EVエコパークは約80平方メートル程度の用地で済む。利用者は平均20秒ほどで入出庫が可能という。

おすすめのニュース

サイトトップへ