現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 本田宗一郎とイーロン・マスクに共通点があった? 稀代の経営者を支える「無知の知」とは何か

ここから本文です
本田宗一郎とイーロン・マスクに共通点があった? 稀代の経営者を支える「無知の知」とは何か
写真を全て見る(3枚)

「わからない」の力

 わからないからいいんだね――。日本自動車界の伝説・本田宗一郎は、生前のテレビ番組で「無知の知」を説いた。現代社会は合理化が進み、物事の予測可能性は上がった。そしてビジネスマンは知識武装し、SNSは「知」と自己顕示欲に満ちている。そんな今こそ「無知の知」に立ち返り、知の傲慢と対峙すべきではないか。本連載では本田を通して考える。

【画像】えっ…! これがホンダの「年収」です(計10枚)

※ ※ ※

「わからないからいいんだね。もし僕がわかるようなことをしていたら、若い連中はボンクラですよ。

記事全文を読む
【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

新興企業はいかにして自動車を作ったか 運と情熱 英イネオス・オートモーティブCEOインタビュー
新興企業はいかにして自動車を作ったか 運と情熱 英イネオス・オートモーティブCEOインタビュー
AUTOCAR JAPAN
率直に問う! 日産&ホンダの「車載ソフト共通化」は本当に成功するのだろうか?
率直に問う! 日産&ホンダの「車載ソフト共通化」は本当に成功するのだろうか?
Merkmal
ホンダに「いまこそ聞いておきたい質問」特集(後編)
ホンダに「いまこそ聞いておきたい質問」特集(後編)
カー・アンド・ドライバー
トランプ氏再選で揺らぐ「EV市場」 深まる米中対立、開発出遅れの日本車メーカーはむしろ救われるのか?
トランプ氏再選で揺らぐ「EV市場」 深まる米中対立、開発出遅れの日本車メーカーはむしろ救われるのか?
Merkmal
超高級車メーカー「アストンマーティン」が英国王室と密接な関係を持つ理由
超高級車メーカー「アストンマーティン」が英国王室と密接な関係を持つ理由
Merkmal
F1に未来はあるのか? 資金力と分配金に蠢く大きな課題、終わりなき「チーム数増加」のジレンマとは
F1に未来はあるのか? 資金力と分配金に蠢く大きな課題、終わりなき「チーム数増加」のジレンマとは
Merkmal
人類が月に降り立ったのは55年も前! なぜいまになってトヨタや日産やブリヂストンが月面探索車両の開発を行うのか?
人類が月に降り立ったのは55年も前! なぜいまになってトヨタや日産やブリヂストンが月面探索車両の開発を行うのか?
WEB CARTOP
「ブリキの缶詰」なんて揶揄されても農民に愛された! こうもり傘に4つのタイヤをつけたクルマ「シトロエン2CV」は偉大なり!!
「ブリキの缶詰」なんて揶揄されても農民に愛された! こうもり傘に4つのタイヤをつけたクルマ「シトロエン2CV」は偉大なり!!
WEB CARTOP
【角田裕毅を海外F1ライターが斬る】2026年は旅立ちの時に。欲しがられる存在になるため、今の力を維持する必要がある
【角田裕毅を海外F1ライターが斬る】2026年は旅立ちの時に。欲しがられる存在になるため、今の力を維持する必要がある
AUTOSPORT web
何でもかんでも「昔は良かった」ワケじゃない クルマはまだ楽しめる 英国記者の肌感
何でもかんでも「昔は良かった」ワケじゃない クルマはまだ楽しめる 英国記者の肌感
AUTOCAR JAPAN
豊田章男会長「今の日本は頑張ろうという気になれない」の本当の宛先は…メディアだった
豊田章男会長「今の日本は頑張ろうという気になれない」の本当の宛先は…メディアだった
ベストカーWeb
水素はまだ「未来のエンジンの燃料」になり得る 自動車がもっと面白くなるかもしれない
水素はまだ「未来のエンジンの燃料」になり得る 自動車がもっと面白くなるかもしれない
AUTOCAR JAPAN
やっぱりクルマは初代だよ……なんて盲信的な理由じゃない! 初代フィアット・パンダの魅力は比肩なきホンモノなのだ
やっぱりクルマは初代だよ……なんて盲信的な理由じゃない! 初代フィアット・パンダの魅力は比肩なきホンモノなのだ
WEB CARTOP
現代において最も成功した12気筒エンジン! 最後の「ベントレーW12」エンジンが生産完了、ひとつの時代が終わりを告げる
現代において最も成功した12気筒エンジン! 最後の「ベントレーW12」エンジンが生産完了、ひとつの時代が終わりを告げる
LE VOLANT CARSMEET WEB
物流危機は「M&A」で解決できるのか? 「日本企業は買収下手」説の実態とは? 成功と失敗の分かれ目を探る
物流危機は「M&A」で解決できるのか? 「日本企業は買収下手」説の実態とは? 成功と失敗の分かれ目を探る
Merkmal
スピード違反撲滅! 欧州で「速度リミッター」義務化も、これって“車内監視”社会の始まりじゃないのか?
スピード違反撲滅! 欧州で「速度リミッター」義務化も、これって“車内監視”社会の始まりじゃないのか?
Merkmal
8/23申込締切【Season3】中西孝樹の自動車・モビリティ産業インサイトvol.1「スズキの技術戦略2024」
8/23申込締切【Season3】中西孝樹の自動車・モビリティ産業インサイトvol.1「スズキの技術戦略2024」
レスポンス
“道路”の進化が止まらない! 数千万台の自動車から収集される「リアルタイム情報」の衝撃、欧米より10年以上遅れた日本どうなる
“道路”の進化が止まらない! 数千万台の自動車から収集される「リアルタイム情報」の衝撃、欧米より10年以上遅れた日本どうなる
Merkmal

みんなのコメント

6件
  • 藍流頓瀬奈
    だがおやっさんは、引きどころもわきまえてた。藤沢さんの助言も聞く耳も持っていた。
  • ********
    イーロンは今まで素人でも分かるような失敗をしてきた
    つまり物作りより金と名誉が好きなだけであった
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

379.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

-万円

中古車を検索
ビジョンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

379.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

-万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村