現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スポーティEVの新展開!アウディe-tronファミリーにSモデルが初登場

ここから本文です

スポーティEVの新展開!アウディe-tronファミリーにSモデルが初登場

掲載 更新 1
スポーティEVの新展開!アウディe-tronファミリーにSモデルが初登場

 アウディの電動化戦略の強化される今、EVの「e-Tron」シリーズのラインナップ強化が進む。2022年1月のコンパクトSUV「Q4 e-tron」シリーズに続き新たに追加されたのが、アウディのパフォーマンスモデルである「Sモデル」だ。

 高性能EVとしては、4ドアクーペ「e-tron」にハイパフォーマンスモデル「RS」が投入されているが、より幅広いラインナップを誇る「S」モデルがEVに展開されるのは、今回が初となる。電動化時代のアウディSモデルとはいったいどんな仕様なのだろうか。

三菱のEV攻勢! 今春に発売予定の新型軽EVや今秋に販売が再開されるミニキャブミーブの動向は?

文/大音安弘、写真/アウディジャパン

■ミッドサイズSUV「e-tronシリーズ」にSモデルを設定

 アウディジャパンは2022年3月22日、アウディのEVファミリーである「e-tron」シリーズのミッドサイズSUV「e-tron/e-tron sportback」に「S」モデルを追加することを発表した。全車右ハンドル仕様で、価格は1398万~1437万円となる。発売日は4月初旬以降の予定だ。

アウディEVのミッドサイズSUV「e-tron/e-tron Sportback」にスポーツモデル「S」を追加


■Sモデル専用アイテムを採用する内外装

 Sモデルであることを主張すべく、各部には専用アイテムを採用。専用の前後バンパーデザインをはじめ、フェンダーアーチも左右23mmずつワイド化。より迫力あるデザインに変更されている。ミラーカバーやドア下部のインサートにアルミニウムルックの加飾を行っているのも特徴だ。

スリットが追加され、ワイド化されたフェンダーがSモデルの証

 ただ、これまでのSモデルと比べると、20インチのアルミホイールデザインもシックなものだが、もちろん、アウディスポーツデザインの21インチと22インチホイールが設定されるほか、ブレーキキャリパーカラーをオレンジにすることも可能。よりアグレッシブな装いに仕上げることも可能だ。

 インテリアでは、スポーティな走りを支えるバルコナレザーのSスポーツシートを標準化。さらに快適な移動をサポートするアコースティックガラスや16スピーカーで構成されるBang &Olufsen 3Dサウンドシステム、パワークロージングドア、より表示が大型化された最新式デジタルメーターのバーチャルコックピットプラスなどを採用する。

 SUVの「e-tron S」と「e-tron sportback S」の2台のSモデルの違いだが、基本的にはボディ形状のみで、装備と性能面では同等となる。

e-tronとe-tron sportbackで、バーチャルコックピットプラスを採用するのはSモデルだけ

■専用の3モーターシステムを搭載

 最大の特徴は、何と言っても電動パワートレーンだ。新しい3モーターで構成される4WDシステムを搭載している。そのモーターの配置は、フロントに150kWのものを一基、リアに132kWのものを左右に1基ずつとなる。

 システムトータル出力は、最高出力370kW、最大トルク973Nmにも及ぶ。ブースト機能を活用すれば、0-100km/h加速は、4.5秒の俊足を見せるというから驚異的だ。キャビン下に収まる駆動用バッテリーは、e-tron 55 quattroシリーズと同じく、95kWhの大容量で、航続距離は415km(WLTC)と公表される。

 標準車の最上位モデル「e-tron 55 quattro S line」と比較すると、最高出力は+70kW。最大トルクは+70Nmと、Sモデルにふさわしいパフォーマンス向上が図られていることがわかる。航続距離の差がWLTCモード比較で、-8kmと小さいのも、EVらしいメリットといえる。

e-tron sの電動パワートレーンは、フロント1基、リア2基の3モーターシステムだ

 3モーターシステムの秘密は、リア駆動を左右独立とすることで実現した電動トルクベクタリング機構にある。通常走行の動力は、リアの2基を基本とする後輪駆動だ。

 しかし、ドライバーがモアパワーを求めた際、あるいは天候や路面状況に応じて、瞬時にフロントモーターが働き、4WDとなる仕掛け。また、後輪は左右独立駆動できるので、従来のリアスポーツディファレンシャルの機能を果たし、より俊敏で自然なハンドリング特性を実現し、旋回性能を向上させている。

 もちろん、メカニカルな機構よりも俊敏な駆動伝達を実現していることは言うまでもないだろう。

■e-tronでも異なる電動スポーツへのアプローチ

 e-tronシリーズでは、最も高性能な4ドアクーペ「RS e-tron GT」を含め、これまでは2モーターシステムの4WDを基本とし、 今年発表した「Q4 e-tron」シリーズでは、1モーターの後輪駆動システムを提案。3モーターシステムは、今回のSモデルが初となる。

 もちろん、「RS e-tron GT」よりもトータル出力は落ちるが、今後、EVの「RS」と「S」モデルでは、制御だけでなく、モーターシステムよる走りのキャラクターの差別化も図られていくと考えると、今回の「e-tron S」のアプローチは興味深いところだ。

Sモデルとしてはアクセントが控えめだが、3モーターの走りには興味津々だ

 バッテリー容量が同じで性能が近い「e-tron 55 quattro S line」と比較すると、最高出力は+70kW。最大トルクは+70Nmと、Sモデルにふさわしいパフォーマンス向上が図られていることがわかる。

 その価格差は、142万円(※sportbackの場合は+146万円)だ。価格差は小さくはないが、もともとが高価格であり、車内外装の差別化と3モーターシステムがと搭載されることを考量すれば、コスパは悪くないかもしれない。

こんな記事も読まれています

正式にマツダ「最大・最上級車」生産終了! フラッグシップモデルが“22年の歴史”に幕… セダン&ワゴンの代わりは?
正式にマツダ「最大・最上級車」生産終了! フラッグシップモデルが“22年の歴史”に幕… セダン&ワゴンの代わりは?
くるまのニュース
スズキ「SV650X」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「SV650X」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
車の中はミストサウナ! 快適なサウナ室でバッチリととのうトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
車の中はミストサウナ! 快適なサウナ室でバッチリととのうトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
さすがのプロボックスもマネできず!? 白いのなに!? ADバンの内装にドーンって付いていた謎の白い物体の正体が衝撃すぎ!!!! 
さすがのプロボックスもマネできず!? 白いのなに!? ADバンの内装にドーンって付いていた謎の白い物体の正体が衝撃すぎ!!!! 
ベストカーWeb
負傷したハプスブルクに代わりグーノンが第2戦イモラ出場へ。アルピーヌA424でWECデビュー
負傷したハプスブルクに代わりグーノンが第2戦イモラ出場へ。アルピーヌA424でWECデビュー
AUTOSPORT web
ホンダっていつもちょっと早いのよ!! 今こそエレメント投入の時期だったんじゃ
ホンダっていつもちょっと早いのよ!! 今こそエレメント投入の時期だったんじゃ
ベストカーWeb
ランドクルーザー250、いよいよ発売へ!!気になる最新情報総まとめ!
ランドクルーザー250、いよいよ発売へ!!気になる最新情報総まとめ!
グーネット
静岡最大級のキャンピングカー&アウトドアイベント開催決定!輸入車フェアも同時開催
静岡最大級のキャンピングカー&アウトドアイベント開催決定!輸入車フェアも同時開催
グーネット
JAF 日本選手権に「ドリフト競技」追加 竹岡圭氏が「競技参加」語るトークショーも開催
JAF 日本選手権に「ドリフト競技」追加 竹岡圭氏が「競技参加」語るトークショーも開催
グーネット
パジェロ譲りの四駆性能!! 新型トライトンはランクル超えの乗り心地!? 型破りの走りを実現できたワケ
パジェロ譲りの四駆性能!! 新型トライトンはランクル超えの乗り心地!? 型破りの走りを実現できたワケ
ベストカーWeb
見やすい位置で自由自在に角度調整!強力マグネット付き車載ホルダー3種発売【動画あり】
見やすい位置で自由自在に角度調整!強力マグネット付き車載ホルダー3種発売【動画あり】
グーネット
日産 新エネルギー車のコンセプトカーなど 北京モーターショー2024で披露
日産 新エネルギー車のコンセプトカーなど 北京モーターショー2024で披露
グーネット
845万円のヤリス誕生!! カーボンルーフまで採用のガチ仕様!! コスパ求めるならRCもいいぞ
845万円のヤリス誕生!! カーボンルーフまで採用のガチ仕様!! コスパ求めるならRCもいいぞ
ベストカーWeb
全日本ロード第2戦もてぎでのトライアウトで全9チームが鈴鹿8耐の出場権を獲得/EWC
全日本ロード第2戦もてぎでのトライアウトで全9チームが鈴鹿8耐の出場権を獲得/EWC
AUTOSPORT web
宮田莉朋加入のクール・レーシング、開幕戦で逆転勝利。日本人3名が表彰台獲得/ELMSバルセロナ
宮田莉朋加入のクール・レーシング、開幕戦で逆転勝利。日本人3名が表彰台獲得/ELMSバルセロナ
AUTOSPORT web
小さなランクル[新型ランドクルーザーFJ]は25年に登場!! カローラクロスサイズで予想価格は350万円!
小さなランクル[新型ランドクルーザーFJ]は25年に登場!! カローラクロスサイズで予想価格は350万円!
ベストカーWeb
日産R32「スカイランGT-R」を思い続けて30余年。カスタムの目標は「400R」に負けないパワーです!
日産R32「スカイランGT-R」を思い続けて30余年。カスタムの目標は「400R」に負けないパワーです!
Auto Messe Web
ホンダ、3台がリタイア。ザルコはスタート直後からマシンに不具合。原因は調査中/第3戦アメリカズGP 決勝
ホンダ、3台がリタイア。ザルコはスタート直後からマシンに不具合。原因は調査中/第3戦アメリカズGP 決勝
AUTOSPORT web

みんなのコメント

1件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

935.01358.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

428.0839.0万円

中古車を検索
e-tronの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

935.01358.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

428.0839.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村