現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「注目モデル試乗」スタイリッシュでなければクルマではない!というあなたにおススメ。メルセデスCLAシューティングブレークのユニークな個性

ここから本文です

「注目モデル試乗」スタイリッシュでなければクルマではない!というあなたにおススメ。メルセデスCLAシューティングブレークのユニークな個性

掲載 更新 20
「注目モデル試乗」スタイリッシュでなければクルマではない!というあなたにおススメ。メルセデスCLAシューティングブレークのユニークな個性

スタイリッシュなクーペワゴン。魅力は造形と実用性の融合

 2ndモデルとなったCLAクラスは、いまやFFベース・メルセデスの中核モデルだ。中でもクーペイメージのワゴン、シューティングブレークは、CLSクラスには未設定だから貴重である。
 搭載されるエンジンはすべて直4(1.4リッターと2リッター)で、7速DCTと組み合わされる。もちろんディーゼルユニットの設定もある。

「最新モデル試乗」2ndメルセデスGLAはプレミアム・クロスオーバーの代表として人気を獲得できるのか!?

 シューティングブレークは、すべてに「スタイリッシュさ」を最優先。しかし、実用性が犠牲にされた形跡はない。ラゲッジ容量は505~1370リッター(VDA方式)と旧型比で増えており、後席は4対2対4の3分割式。さまざまなライフシーンに寄り添う、高いユーティリティは大きな魅力だ。

 販売は、ディーゼルの200d(150ps/320Nm)が人気だという。右足にちょっと力を込めただけで低速域から豊かなトルクがあふれ出す。どこでも力強い走りを見せるからだろう。スポーティなデザインにお似合いのパフォーマンスを発揮する。
 ハンドリングは正確そのもの。ワイドトラック化のメリットだ。とくに峠道を走らせると、Aクラスに比べてしっかりと路面をホールドしている安心感がある。ステアリングホイールの手応えはよく、ドライバーとの一体感は上々。自信をもって攻め込んでいけた。半面、低速域で乗り心地が悪化する場面も見られた。タイヤサイズの影響かもしれない。とはいえ、総合的に200dの実力は十分以上だ。

上質さを求めるユーザーは250・4マチックがベストチョイス

 普段使いでも上質な乗り味がほしいユーザーには、ガソリンターボの250・4マチックを勧める。パワースペックは224ps/360Nmと強力。4WDということもあって、いっそうしっとりとしたライドクォリティが堪能できる。
 CLAの場合、リアサスは全車マルチリンク式。後輪の追随性はFFでも決して悪くない。けれども4マチック仕様になると、さらに重厚。高速道路をクルージングするようなシーンで、いちだんと安心してドライブできるのは4マチックだ。

 乗り心地も全域で優秀。乗り味の上質性は、シューティングブレークの250・4マチックがCLAの中でベストである。
 ボディサイズは全長×全幅×全高4695×1830×1435mm。車高はCクラスやAクラスセダンと変わらないから、室内空間は余裕たっぷり。フロントシートに座っている限り不都合を感じる場面はない。
 CLAシューティングブレークは、「クーペイメージのワゴン」というユニークな個性を持つマルチ派である。

こんな記事も読まれています

RBバイエルCEO、角田裕毅がチームオーダーに不満を抱いた理由を理解。一方で戦略の見直しを示唆「本来ならばストロールをカバーすべきだったかも」
RBバイエルCEO、角田裕毅がチームオーダーに不満を抱いた理由を理解。一方で戦略の見直しを示唆「本来ならばストロールをカバーすべきだったかも」
motorsport.com 日本版
「どれも同じに見える」とかマジか! じつはこだわりが詰まっているトラックのデザイン
「どれも同じに見える」とかマジか! じつはこだわりが詰まっているトラックのデザイン
WEB CARTOP
こんな魅力的なクルマ作ってるなら日本でも売ってよ! 国産メーカーの「海外専売モデル4台」に乗りたい欲が止められない
こんな魅力的なクルマ作ってるなら日本でも売ってよ! 国産メーカーの「海外専売モデル4台」に乗りたい欲が止められない
WEB CARTOP
圏央道「魔の空白区間」に救いの手! インター近くの「道の駅」をPA代わりに 乗り直しても料金通算
圏央道「魔の空白区間」に救いの手! インター近くの「道の駅」をPA代わりに 乗り直しても料金通算
乗りものニュース
全長5m超! 日産の新「大型商用バン“車中泊仕様”」初公開! デカイ冷蔵庫&クーラーも完備のオシャな「GMLVAN G-01」登場 価格“1800万円超え”に驚きの声も
全長5m超! 日産の新「大型商用バン“車中泊仕様”」初公開! デカイ冷蔵庫&クーラーも完備のオシャな「GMLVAN G-01」登場 価格“1800万円超え”に驚きの声も
くるまのニュース
オイル界の黒船! 世界が認めたドイツのケミカルメーカー「LIQUI MOLY」に注目必至【大阪オートメッセ2024】
オイル界の黒船! 世界が認めたドイツのケミカルメーカー「LIQUI MOLY」に注目必至【大阪オートメッセ2024】
WEB CARTOP
スーパーフォーミュラのパブリックビューイングが全戦で開催! 『シティサーキット東京ベイ』で現地に負けない興奮を
スーパーフォーミュラのパブリックビューイングが全戦で開催! 『シティサーキット東京ベイ』で現地に負けない興奮を
motorsport.com 日本版
超豪華俳優陣集結!“奇才”マシュー・ヴォーン監督が観客を巻き込む新感覚スパイ映画『ARGYLLE/アーガイル』
超豪華俳優陣集結!“奇才”マシュー・ヴォーン監督が観客を巻き込む新感覚スパイ映画『ARGYLLE/アーガイル』
バイクのニュース
脱帽レベルの威圧感! ダッジ・チャージャーSRT8をド迫力改造した「MAD BEE」がスゴイ【大阪オートメッセ2024】
脱帽レベルの威圧感! ダッジ・チャージャーSRT8をド迫力改造した「MAD BEE」がスゴイ【大阪オートメッセ2024】
WEB CARTOP
『FNN Live News α』内で3月4日から国内3カテゴリーのニュースを発信するコーナーがスタート!
『FNN Live News α』内で3月4日から国内3カテゴリーのニュースを発信するコーナーがスタート!
AUTOSPORT web
ルクレール、ブレーキトラブルで”収穫ナシ”のレースに「左右でブレーキの温度が100度以上違っていた」
ルクレール、ブレーキトラブルで”収穫ナシ”のレースに「左右でブレーキの温度が100度以上違っていた」
motorsport.com 日本版
レッドブル&HRC密着:予選Q1から接戦。風の影響を受けつつも、トウも利用し僅差の争いを制したフェルスタッペン
レッドブル&HRC密着:予選Q1から接戦。風の影響を受けつつも、トウも利用し僅差の争いを制したフェルスタッペン
AUTOSPORT web
FIA F2初優勝のマロニー「フィーチャーレースも確実に勝つことが目標だよ」/FIA F2第1戦レース1会見
FIA F2初優勝のマロニー「フィーチャーレースも確実に勝つことが目標だよ」/FIA F2第1戦レース1会見
AUTOSPORT web
スズキ「新型軽バン/ワゴン」発売! “車中泊向け仕様”も引き続き設定! 「純正2段ベッド」気になる寝心地は?
スズキ「新型軽バン/ワゴン」発売! “車中泊向け仕様”も引き続き設定! 「純正2段ベッド」気になる寝心地は?
くるまのニュース
元ニッサン・フォーミュラEエンジニアがフェラーリ入り/攻撃的すぎる縁石/マップ設定ミスetc.【WECカタール予選日Topics】
元ニッサン・フォーミュラEエンジニアがフェラーリ入り/攻撃的すぎる縁石/マップ設定ミスetc.【WECカタール予選日Topics】
AUTOSPORT web
ミニが軍用車両に大変身!? バンにピックアップもあったのよ!! クラシックミニのバリエーションが超豊富な件
ミニが軍用車両に大変身!? バンにピックアップもあったのよ!! クラシックミニのバリエーションが超豊富な件
ベストカーWeb
独特のやや溶けかかったような甘いディテールが上手くマッチ!「プリムス・ベルベディア」【丸餅博士のヴィンテージ・ミニカー・ワールド】
独特のやや溶けかかったような甘いディテールが上手くマッチ!「プリムス・ベルベディア」【丸餅博士のヴィンテージ・ミニカー・ワールド】
LE VOLANT CARSMEET WEB
メルセデス・ベンツ新型Eクラスを国内で初試乗。真骨頂はお買い得なPHEV?それともスポーティなディーゼル!?ゴルフのお供に選ぶなら・・・【公道試乗】
メルセデス・ベンツ新型Eクラスを国内で初試乗。真骨頂はお買い得なPHEV?それともスポーティなディーゼル!?ゴルフのお供に選ぶなら・・・【公道試乗】
Webモーターマガジン

みんなのコメント

20件
  • わかっているけど、やはり高身長の小生にはヘッドクリアランスの低さがネックでAMG CLA45Sの購入を断念
  • メルセデスのAは内装質感も足回りも露骨に落ちると思うんですがジャーナリストは特に言及しないんですよね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

573.0607.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

108.0590.0万円

中古車を検索
CLAクラスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

573.0607.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

108.0590.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村