現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > フェラーリだけじゃない! MoMAが認めたクルマとは?【ピニンファリーナ傑作3選:イタ車編】

ここから本文です

フェラーリだけじゃない! MoMAが認めたクルマとは?【ピニンファリーナ傑作3選:イタ車編】

掲載 更新 1
フェラーリだけじゃない! MoMAが認めたクルマとは?【ピニンファリーナ傑作3選:イタ車編】

■現在のクルマのデザインを決定づけた「チシタリア」とは?

 兄ジョヴァンニ・ファリーナが率いるカロッツェリア「スタビリメンティ・ファリーナ」社(1906年創業)で修行していたバッティスタ“ピニン”ファリーナが「ピニンファリーナ」社を独立・創業したのは、1930年のことである。

これが「プリウス」なの!? 「フェラーリ」そっくりなプリウスが登場!

 つまり2020年は、かつてイタリア・カロッツェリアの盟主ともいわれた名門ピニンファリーナにとって、創業90周年の節目となる。

 2020年夏に開催される予定だった北米「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」では、ピニンファリーナがメインフィーチャーブランドとなるはずだったのが、新型コロナ禍によってコンクールは一年順延。ほかのイベントでも、ピニンファリーナの至宝たちが主役を飾る機会が数多く期待されていたものの、その多くは来年への持ち越しとなったようだ。

 そこでVAGUEでは、夢と消えたイベントたちのせめてもの代替えとして、今回からピニンファリーナ90年分の名作から特にエポックメイキングなモデルを選び出し、これから数回に分けて紹介させていただくことにした。

 第1回は、ピニンファリーナの母国イタリア車。なかでもフェラーリ以外のブランドから生まれた、マスターピース3台である。

●チシタリア202SC(1947年)

 ピニンファリーナの名声を決定的なものとしたマイルストーン的モデルとして、1947年に登場した「チシタリア202SC」を挙げることに、異論を唱える向きは少ないだろう。

 第二次大戦直後のイタリア・トリノに勃興しつつも、数年で消滅。のちのアバルトの前身になったことでも知られるチシタリアは、1.1リッターの小排気量フォーミュラマシン「D46」からスタートした。

 そののち、同じD46とメカニズムを共用する「202スパイダー・ヌヴォラーリ」などの2座席レーシングスポーツを経て、レース以外のロードユーズも見越した初の市販モデルとして開発されたのが「202SC」あるいは「202GT」と呼ばれる、快適さも追求した美しきクーペだった。

 チシタリアの創業者で、一時はセリエAサッカーチーム「ユヴェントス」のオーナーも務めていたピエロ・ドゥジオは、チシタリア技術陣を率いるジョヴァンニ・サヴォヌッツィに対して「私のビュイックのように幅広で、GPカーのように低く、ロールス・ロイスのように快適で、D46のように軽い」クーペを強く要望。

 そこで、エンジニアながらデザインセンスにも優れていたサヴォヌッツィは、ドゥジオのリクエストをまとめた一葉のスケッチを描きあげる。

 そして、デザインワークの完成とボディ架装を委託されたピニンファリーナは、サヴォヌッツィのスケッチをもとにしつつも独自のエッセンスを加味。美しさと品格を完全両立した、歴史に残るボディを実現してみせたのだ。

 まずルーフは、ウインドシールド直後から優美なラインを描いてテールに至る。リアフェンダーはドア直後でいったん膨らむが、後方に向けてスムーズに流され、これもテールでルーフラインと融合される。一方フロントは、サヴォヌッツィの原案に対してボンネットとフェンダーの接点の形状がより洗練された。またノーズは限界まで低められ、ヘッドライトを含む左右フェンダーが描くアーチが強調されている。

 このクーペの圧倒的な美しさは世界のマエストロたちの認めるものとなり、こののちの自動車デザインの発展をも促すことになった。実際、現代のフェラーリFRモデルを含むクーペの大方は、ピニンファリーナがチシタリア202で構築した「ファストバック」スタイルの応用系に過ぎないともいえるだろう。

 そして当の202SCは、「MoMA」ことニューヨーク近代美術館が1951年に開催した特別展「Eight Automobiles」に、1930年型メルセデス・ベンツ「SSツアラー」や1939年型ベントレー「41/4Litreジェイムズ・ヤング製サルーン」、1939年型タルボ「ラーゴT150SSグート・ドゥ」などとともに出展。そののちチシタリア一台だけが残され、自動車としてはMoMA史上初めての常設展示作品となった。

 そして約70年後の現代に至るまで、ピカソやミロ、モディリアニ、ダリ、マティスらの手がけたモダンアート作品とともに並べられる栄誉を得ているのだ。

■サルーンの基準はランチア「フラミニア」がつくった!

 1957年春のジュネーヴ・ショーにて、まずは中核バージョンたるベルリーナから登場したランチア「フラミニア」は、同社の歴史的傑作車「アウレリア」の後継に当たるプレステージモデルであった。

●ランチア・フラミニア(1957年)

 フラミニアという美しい名前は、1933年にデビューした「アウグスタ」以来のランチアで踏襲されていた、古代ローマの街道名に因んだ命名法に拠るもの。

 その開発を手掛けたのは、アウレリア系の開発も主導した巨匠、ヴィットリオ・ヤーノ技師がフェラーリに移籍したのち主任設計者に就任した、アントニオ・フェッシア教授であるとされている。

 フラミニアにおける最大の特徴は、豊富なボディバリエーションといわれている。なかでも中核を成していた4ドアベルリーナ(セダン)とクーペは、ピニンファリーナが提唱した新時代のデザイン様式。のちに「ファリーナスタイル」と呼ばれる独特のフィロソフィを、初めて具現化した一台として知られている。

 ピニンファリーナ製フラミニアの起源は、アウレリア時代の1955年に製作・発表されたデザインスタディ「フロリダ」まで遡ることができる。堂々たるサイズの4ドアベルリーナながら、素晴らしくエレガントなフロリダは、当時としては極めて先進的なスタイリングとされた。

 また、翌1956年には2ドアクーペ化されるとともに、より現実的なディテールの「フロリダII」も発表。こちらはのちに隠しリアドアを設けられ、バッティスタ・ピニンファリーナ(この年“ファリーナ”から改姓)のプライベートカーとして、長らく愛用された。

 そして1957年、まずは4ドア版から正式デビューしたフラミニアは、一連のフロリダ試作車のエッセンスをそのまま生産化したような、先鋭的なモデルとなった。

 ベルリーナのデビュー翌年の1958年には、ホイールベースを120mm短縮し、フロリダIIの生産型ともいうべきボディを架装した4シータークーペも追加設定される。

 ピニンファリーナの会心作となったフラミニア・ベルリーナとクーペは、当時の技術レベルにおいては常識はずれなほどに薄いルーフに加え、フロント/リアのウインドウを立体的な形状とすることや、上から下に向けて細くなる独特のCピラーで、軽快かつ明るいキャビンを実現し、いつしか「ファリーナスタイル」と呼ばれて、1960年-1970年代の世界で数あまたの追随者を生むことになった。

 特に4ドアベルリーナについては、日本のいすゞ自動車の自社開発乗用車第一号となった「ベレル」が、フラミニアそっくりなデザインとされるなど、この時代におけるサルーンデザインの「お手本」となったのである。

■映画『卒業』で有名な「スパイダー」はどうやって誕生した?

 1966年にデビューした「1600スパイダー・デュエット」は、基本的なメカニズムをジュリア・スプリントGTから流用した2シーターのオープンスポーツである。ジュリエッタ時代にヒットを博したスパイダーに次いで、ジュリア系の新世代オープン2シーターのデザインも再びカロッツェリア・ピニンファリーナに委ねられることになった成果である。

●アルファ ロメオ・スパイダー・デュエット(1966年)

 そのデザインにおけるオリジンは、ピニンファリーナが1956年代から空力実験を目的として、アルファ ロメオの純粋なレーシングスポーツ「6C3000CM」をベースに製作していた連作「スーペルフロー(Superflow)」に遡る。

 その第3作である「スーペルフローIII」から継承された、空力的でスマートなプロポーションに加え、デュエットとしての正式デビュー後にイタリア国内で授けられたニックネーム「osso di seppia(イカの骨)」の由来にもなった、甲イカの骨のようなテールのスタイルとボディ側面に刻まれたえぐり状のプレスラインは、1961年トリノ・ショーで発表されたコンセプトカー「ジュリエッタSSスパイダー」でほぼ完成。市販モデルにアップデートされたのが、スパイダー・デュエットであった。

 音楽用語「デュエット(二重奏or二重唱)」から採られた、このロマンティックなペットネームは、今世紀初めの「Mi.To」と同じく一般公募によって決定したもの。そしてジュリエッタ・スパイダーや同時代のスプリントGTシリーズにも負けず劣らず、大きな商業的成功を収めることになるのだ。

 しかし、このクルマでなにより有名なエピソードは、ダスティン・ホフマン主演の映画『卒業(The Graduate:1967年・米)』に、主人公の愛車として出演したことだろう。他方アルファ ロメオ側も、1980年代に設定されたスパイダーのグレード名に「グラデュエート(Graduate)」を引用するなど、抜け目のないところを見せている。

 くわえて、その寿命の長さは名作ジュリア・シリーズでも随一のもので、ベルリーナ/クーペが1970年代後半にはフェードアウトしていったのに対して、フルモデルチェンジの時機を逸したとはいえ、スパイダーだけは度重なるフェイスリフトで延命が図られることになる。

 そして、FWDとなった先代アルファ・スパイダーがデビューする直前、1992年まで生産が継続されたが、近代的なフェイスリフトを受けた最終型「シリーズ4」まで、その人気が衰えることはなかったのだ。

 チシタリア202SCやランチア・フラミニアと比べてしまうと、たしかにアルファ・スパイダーは後世への影響こそ薄いものであった。でも、その長命と最後までフレッシュさを失わなかったという事実だけでも、ピニンファリーナの傑作として名を連ねるに相応しいと確信している。

こんな記事も読まれています

【ポイントランキング】2024スーパーフォーミュラ第3戦SUGO終了時点
【ポイントランキング】2024スーパーフォーミュラ第3戦SUGO終了時点
AUTOSPORT web
トヨタ『ランドクルーザー300』の警備・防衛車両向け、デュアルオルタネーターで電源確保…米APSが発表
トヨタ『ランドクルーザー300』の警備・防衛車両向け、デュアルオルタネーターで電源確保…米APSが発表
レスポンス
山頂キャンプ・グランピングが楽しめる「OZE-HOSHISORA GLAMPING&CAMP RESORT」2024シーズンの営業がスタート!
山頂キャンプ・グランピングが楽しめる「OZE-HOSHISORA GLAMPING&CAMP RESORT」2024シーズンの営業がスタート!
バイクブロス
「ガソリンスタンドの屋根」が“平ら”なのはなぜ? 雨や雪が降ったらどうなる? 屋根に隠された驚きの「工夫」とは
「ガソリンスタンドの屋根」が“平ら”なのはなぜ? 雨や雪が降ったらどうなる? 屋根に隠された驚きの「工夫」とは
くるまのニュース
スタバのドリンクが飲みたいぞ! ラーメン食べたい! 失敗しないSA・PA選びは「スマホアプリ」の活用が正解だった
スタバのドリンクが飲みたいぞ! ラーメン食べたい! 失敗しないSA・PA選びは「スマホアプリ」の活用が正解だった
WEB CARTOP
東京アウトドアショー2024が開催! NEWS小山氏の愛車やランクル特別展示も
東京アウトドアショー2024が開催! NEWS小山氏の愛車やランクル特別展示も
くるくら
驚速パロウが大荒れのレースを制す。ポール・トゥ・ウインで今季2勝目/インディカー第8戦ラグナ・セカ
驚速パロウが大荒れのレースを制す。ポール・トゥ・ウインで今季2勝目/インディカー第8戦ラグナ・セカ
AUTOSPORT web
勝者フェルスタッペン「早々にラッセルを抜いたことが鍵。マクラーレンほど強くなかったが、全員でベストな仕事をした」
勝者フェルスタッペン「早々にラッセルを抜いたことが鍵。マクラーレンほど強くなかったが、全員でベストな仕事をした」
AUTOSPORT web
カツデンのスチール製カーハウス「CARKUREGA」の問い合わせが累計500件を突破
カツデンのスチール製カーハウス「CARKUREGA」の問い合わせが累計500件を突破
レスポンス
115万円から! 日産「新型コンパクトSUV」発表! 日産“唯一”の生き残りマシン! MTあり&全長4m以下の「新GEZA」インドで登場
115万円から! 日産「新型コンパクトSUV」発表! 日産“唯一”の生き残りマシン! MTあり&全長4m以下の「新GEZA」インドで登場
くるまのニュース
ロングランやタイヤの耐久テストなどテスト項目満載なのが耐久レース!! EWC第2戦 スパ8時間レース レーシングライダー大久保光のレースレポート
ロングランやタイヤの耐久テストなどテスト項目満載なのが耐久レース!! EWC第2戦 スパ8時間レース レーシングライダー大久保光のレースレポート
バイクのニュース
リレーアタック対策は100均グッズでできる? 色んなもので実験してみた。
リレーアタック対策は100均グッズでできる? 色んなもので実験してみた。
くるくら
ビートルの元は軍用車だった? 庶民でもクルマが買える世の中にするために作られたクルマ達
ビートルの元は軍用車だった? 庶民でもクルマが買える世の中にするために作られたクルマ達
ベストカーWeb
英国の小型EVが新記録、メルセデスAMGより速い
英国の小型EVが新記録、メルセデスAMGより速い
レスポンス
「まさかお前が…!?」 セダンやクーペから「“SUV”に変身していた」意外な国産車3選
「まさかお前が…!?」 セダンやクーペから「“SUV”に変身していた」意外な国産車3選
くるまのニュース
アストンマーティンの大苦戦はしばらく続く? アロンソ「今は多くを語らず、改善を続けるのみ」
アストンマーティンの大苦戦はしばらく続く? アロンソ「今は多くを語らず、改善を続けるのみ」
motorsport.com 日本版
シトロエンの小型SUV、『C3エアクロス』EVは航続300km以上…受注開始
シトロエンの小型SUV、『C3エアクロス』EVは航続300km以上…受注開始
レスポンス
どこでも好きにお客を乗せられるワケじゃなかった! タクシーの営業区域ってなに?
どこでも好きにお客を乗せられるワケじゃなかった! タクシーの営業区域ってなに?
WEB CARTOP

みんなのコメント

1件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

473.0615.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

99.9530.0万円

中古車を検索
スパイダーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

473.0615.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

99.9530.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村