現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 一体どうすればいい? バイクを運転中にクマやシカなどの動物と接触してしまった際の対処法

ここから本文です

一体どうすればいい? バイクを運転中にクマやシカなどの動物と接触してしまった際の対処法

掲載 5
一体どうすればいい? バイクを運転中にクマやシカなどの動物と接触してしまった際の対処法

バイクで山道などを走る際は要注意!「ロードキル」とは?

 ツーリングなど、バイクで自然に囲まれた山道を走る際に気を付けなければならないのが、野生動物との衝突です。突然飛び出してくる動物を回避するのはなかなか難しく、ライダーを守る構造になっていないバイクの場合は、動物とライダーの双方に大きな危険がともないます。

バイクのヘルメットの色によって事故率が変わるって本当?

 なお、NEXCO3社(東日本・中日本・西日本)および本四高速、首都高速、阪神高速の高速道路各社が公開した令和3年度の落下物処理件数のうち、ロードキルの処理件数は5万1000件にものぼる程。これは2002年が3万6000件だったのに対し、ここ20年ほどで約1.5倍近く増加している計算となります。

 さまざま野生動物の進入対策が施されている高速道路でこれだけの数字となっている事を考えると、調査が十分でない一般道を含めると、かなりの数のロードキルが発生していると推測されます。

 ロードキルとは、道路上で野生動物と衝突し、動物を殺してしまう事故を意味します。増加の要因はさまざまですが、道路建設のために森林が伐採され、棲み処やエサを求めて野生動物が人間の生活域に降りてくるようになった事が一番の理由と言われています。

 なお、動物の生息域に近い道路には、注意喚起のため「動物が飛び出すおそれあり」という黄色いひし形の警戒標識が設置されています。このような警戒標識のある道路では、速度を控えめにして走行することが重要ですが、突如道路の脇から飛び出してくる動物を避けるのは、容易ではありません。

 もしも道路に飛び出してきた動物をとっさに避けられても、反対車線にはみ出して対向車と衝突したり、ガードレールに激突したりしてしまっては非常に危険です。

 また、後続車がいる状態で急ブレーキをかければ、追突されてしまう可能性もあるでしょう。では、野生動物と衝突事故が起きてしまったら、どうすればよいのでしょうか。

 動物と衝突してしまった場合は、まず警察に連絡しなければなりません。道路交通法72条では、運転手は交通事故が起きた際の報告が義務付けられています。

 動物との衝突も交通事故に該当するため、そのまま走り去ってしまうと「報告義務違反」になってしまいます。また、バイクの損害に対して任意保険を使う場合は事故証明が必要。そのため、動物が逃げてしまったとしても必ず警察に連絡するようにしてください。

 なお、衝突した動物が生きていてケガを負っている場合は保護する事が必須。動物病院もしくは保護施設に運ぶか、それが難しい場合は連絡をして指示を仰ぎましょう。

 動物が死亡してしまった場合は、通話料無料の道路緊急ダイヤル「#9910」に連絡します。とくにイノシシやシカなどの大型の動物はそのまま放置すると、後続車が衝突するなどの二次災害を引き起こす可能性があるので、迅速に行動するようにしましょう。

 なお、野生動物を素手で触ると感染症にかかる危険性があります。移動させる際などは、タオルに包むかダンボールなどで保護し、直接肌に触れないようにすることも重要です。

様々ある動物との事故を防ぐ為の対策

 動物との衝突を防止するために、前述した「動物注意」の警戒標識のほかにも、高速道路を中心にさまざまな対策が施されています。

 例えば跳躍力のあるシカの道路への進入を防ぐために高さのあるフェンスを設置したり、道路を安全に横断できるよう、地下道や橋など動物専用の通路などが設置されています。

 しかし、それでも相手は野生動物であるため、完全に接触事故を防ぎきれない現状があるのも事実。動物を巻き込む事故は、道路を利用する誰しもに起こりうるアクシデントです。

 動物にケガを負わせたり死亡させるだけでなく、バイクの損傷やライダーもケガを負うリスク大。動物との事故を起こさないためにも、「動物注意」の標識が設置されている道路では、スピードを落として注意しながら走行するようにしましょう。

 また、タヌキなど多くの野生動物が夜行性であるため、とくに夕方から深夜にかけての時間帯は要注意。遠くからでも動物の目が光るなど、事前に発見できる可能性が高まる為、対向車がいない状況などでは積極的にハイビームを使う事もおススメです。

関連タグ

こんな記事も読まれています

「ついに始まるんですか」横浜の都市伝説じゃなかった“新トンネル” 「桜木東戸塚線」なぜ今動いた? 国道1号の猛烈渋滞に光
「ついに始まるんですか」横浜の都市伝説じゃなかった“新トンネル” 「桜木東戸塚線」なぜ今動いた? 国道1号の猛烈渋滞に光
乗りものニュース
トヨタ「新型ハリアー」そろそろ登場!? 斬新サメ顔&高出力化&安全装備強化か? 新たな「高級SUV」はどうなるのか
トヨタ「新型ハリアー」そろそろ登場!? 斬新サメ顔&高出力化&安全装備強化か? 新たな「高級SUV」はどうなるのか
くるまのニュース
かつて父がサーキットを駆った第一回日本ロードレース選手権参戦マシンを復活! 「ノスタルジック2デイズ」のマニアなバイクをチェックしてみました!!
かつて父がサーキットを駆った第一回日本ロードレース選手権参戦マシンを復活! 「ノスタルジック2デイズ」のマニアなバイクをチェックしてみました!!
バイクのニュース
F1参戦に向けて尽力するアンドレッティ。GMとの協力がまとまれば「ノーと言えなくなる」と自信を見せる
F1参戦に向けて尽力するアンドレッティ。GMとの協力がまとまれば「ノーと言えなくなる」と自信を見せる
AUTOSPORT web
車軸からエンジンが出てる!? 世界初のFF5気筒フロントミドシップの怪! ホンダインスパイアの変態っぷりは尊敬しかない!
車軸からエンジンが出てる!? 世界初のFF5気筒フロントミドシップの怪! ホンダインスパイアの変態っぷりは尊敬しかない!
ベストカーWeb
【89台イッキ見せ】200万円の激安EVも登場! EV旋風吹き荒れた「バンコクモーターショー」は中国・韓国・ベトナムのクルマが大集結でした
【89台イッキ見せ】200万円の激安EVも登場! EV旋風吹き荒れた「バンコクモーターショー」は中国・韓国・ベトナムのクルマが大集結でした
Auto Messe Web
ハンドルがブルブルと震え出す! 誰にでも起こりうる恐怖の「シミー現象」とは
ハンドルがブルブルと震え出す! 誰にでも起こりうる恐怖の「シミー現象」とは
WEB CARTOP
ベッテルのF1復帰を望むハミルトン「メルセデスにとって素晴らしい選択肢になる」
ベッテルのF1復帰を望むハミルトン「メルセデスにとって素晴らしい選択肢になる」
AUTOSPORT web
【20世紀名車ギャラリー】ジェームズ・ボンドも愛した快速GT、1967年式アストンマーティンDB6の肖像
【20世紀名車ギャラリー】ジェームズ・ボンドも愛した快速GT、1967年式アストンマーティンDB6の肖像
カー・アンド・ドライバー
ホンダの「高級ミニバン」復活! 「めちゃ豪華すぎ」シート採用&収納力抜群!? 新型「オデッセイ」“実際の使い勝手”とは
ホンダの「高級ミニバン」復活! 「めちゃ豪華すぎ」シート採用&収納力抜群!? 新型「オデッセイ」“実際の使い勝手”とは
くるまのニュース
ビニャーレスが完全勝利。ポール・トゥ・ウインでスプリントを制す/第3戦アメリカズGP
ビニャーレスが完全勝利。ポール・トゥ・ウインでスプリントを制す/第3戦アメリカズGP
AUTOSPORT web
スバル アウトバック 2025年型に日本にはない「ウィルダネス」設定
スバル アウトバック 2025年型に日本にはない「ウィルダネス」設定
レスポンス
【MotoGP】マルケス、アメリカズ決勝の転倒は「予想外のブレーキトラブル」が原因。競争力には自信あったと語る
【MotoGP】マルケス、アメリカズ決勝の転倒は「予想外のブレーキトラブル」が原因。競争力には自信あったと語る
motorsport.com 日本版
高速代が「安くなる」のに「ETC 2.0」なぜ普及しない? 「普通のETC」よりメリットあっても“恩恵”感じない人が多いワケ
高速代が「安くなる」のに「ETC 2.0」なぜ普及しない? 「普通のETC」よりメリットあっても“恩恵”感じない人が多いワケ
くるまのニュース
名前を知ってる? 教習所で使われる謎の人形
名前を知ってる? 教習所で使われる謎の人形
バイクのニュース
日産ローランド、最終周の電欠はラップカウンターの誤作動が原因?「僕は作戦通りに走っていた」|フォーミュラEミサノE-Prix
日産ローランド、最終周の電欠はラップカウンターの誤作動が原因?「僕は作戦通りに走っていた」|フォーミュラEミサノE-Prix
motorsport.com 日本版
機能的チューニングブランド「モデューロ」、30周年を迎えさらなる走りの高みへ
機能的チューニングブランド「モデューロ」、30周年を迎えさらなる走りの高みへ
レスポンス
【魅力あるクルマたち】世界のクルマ好きを魅了するマツダ・ロードスターの心踊るオープンフィール
【魅力あるクルマたち】世界のクルマ好きを魅了するマツダ・ロードスターの心踊るオープンフィール
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

5件
  • wai********
    野生の鹿の場合、この記事の写真のように道路に佇んでいるようなことは
    極めて稀で、大概が法面からいきなり飛び出してくる
    クルマならフロント周りの物損で済むが、バイクの場合は自らの命に係わる
    衝突事故になりかねない
    注意しろと言われても、何をどうしたらいいのか?
    運の良し悪しでしかない
  • タップ
    正直、知らず。早朝、にクルマで鹿が飛び出して来て急停止。止まると同時に当たり、殺してしまう事はなかったので良かったですが。もしも跳ねて殺していたら警察に連絡して居ないので。この記事は為になったよ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村