サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産セダン黄金期を支えた一翼「セフィーロ」は何がそんなによかったのか?

ここから本文です
 日産には、すでに廃盤となってしまった名車が多く存在する。「セフィーロ」もその一台だ。1988年に初代が登場して以降、2003年にティアナへとバトンチェンジするまで、3世代にわたって日産のラージセダンとして君臨していた、セフィーロ。そのスタイリッシュなデザインには、今でも道ですれ違うと、「はっ」とさせられる。

 今回は90年代の日産セダン黄金期の一翼を担った、「セフィーロ」を振り返ってみようと思う。

おすすめのニュース

サイトトップへ