サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WTCR:トム・コロネル、アウディRS3 LMSにスイッチし31年目のレースシーズンへ

ここから本文です

WTCR:トム・コロネル、アウディRS3 LMSにスイッチし31年目のレースシーズンへ

WTCR:トム・コロネル、アウディRS3 LMSにスイッチし31年目のレースシーズンへ

 日本を含め、世界中でキャリアを積み重ねてきたトム・コロネルが、2020年もFIA WTCR世界ツーリングカーカップに参戦すると発表した。今季はで31年目のモータースポーツキャリアを誇るコロネルは、アウディRS3 LMSにスイッチして参戦する。

 1997年に全日本F3選手権のチャンピオンを獲得し、99年にはフォーミュラ・ニッポンでチャンピオンを獲得するなど、日本でキャリアを積んできたコロネルは、FIA-GTやETCC等を経て、2005年からWTCCに参戦。以降、2018年にシリーズがWTCRに変わってからも参戦を続けている。

WTCR:ロブ・ハフが実質的引退を宣言。15年におよぶツーリングカー世界戦での活動に幕

 そんなコロネルは、2019年にベルギーのコムトゥユーに移籍し、クプラTCRをドライブしていたが、チームはアウディも走らせていたことから、2020年はコロネルもアウディにスイッチすることになった。

「僕は長年同じチームと一緒に仕事をすることが重要だと思っているんだ。昨年、コムトゥユーと僕はいいマッチングをみせた。両者の協力関係は良好だったけれど、今年はアウディに切り替えることにしたんだ。チームはこのブランドの経験をもっているからね」とコロネル。

「2001年にはル・マン24時間でもドライブしているし、アウディは僕にとって初めてという訳でもないからね。昨年10月、アウディは僕をドライバーとして、チームに関心を示してくれたんだ」

 すでにコロネルはアウディでテストを行っており、好フィーリングを感じているという。「技術面では、クプラとRS3は多くの類似点があるけれど、初めて今年から採用されるグッドイヤーを履いたテストでは驚いたんだ。いくつかの面でクプラと異なっていて、すごくいいフィーリングだった」

 今季コロネルは、おなじみのDHLカラーは変わらないものの、そのモータースポーツキャリアの年数である『31』をカーナンバーにする。「何人かで集まって、僕のキャリアの歴史を分析したんだよ」とコロネル。

「WTCR、それに前身のWTCC、ETCC、それからエストリルでのBMWのレース、ヨーロピアンTCRなどを合計すると、413レース出走している。それにシトロエンAXレース、オランダツーリングカー等のレースを追加すると、合計484になるんだ」

「今年WTCRでは20レース予定されているからね。今年合計で500を超えるんだ! それをお祝いしないとね!」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します