現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トランスフォームはしないけど…!?ハセガワ製プラモ「1967年型ビートル」がバンブルビーに変身!【モデルカーズ】

ここから本文です

トランスフォームはしないけど…!?ハセガワ製プラモ「1967年型ビートル」がバンブルビーに変身!【モデルカーズ】

掲載 4
トランスフォームはしないけど…!?ハセガワ製プラモ「1967年型ビートル」がバンブルビーに変身!【モデルカーズ】

バンブルビーのキャラにビートルがぴったり

1984年に北米で、翌1985年には日本でも発売された変形ロボット玩具シリーズ「トランスフォーマー」は、多数の玩具メーカーより関連商品が発売されるほどブームとなり、その後アニメやコミック等へも展開、世界的に認知されている定番コンテンツである。

自然素材を贅沢に用いた、南国のリゾートホテルのようなガレージハウス。【ガレージライフ】

【画像38枚】映画の劇中車両を正確に再現したビートルと、その制作過程を見る!

2007年にはマイケル・ベイ監督、スティーブン・スピルバーグ制作総指揮による実写版映画が公開され、子供の頃にトランスフォーマーで遊んだ世代を中心に大ヒット、以降の関連作品(続編、スピンオフ等)は合計7本にものぼる人気シリーズとなった。

今回の1/24スケール・プラモデル作例でモチーフとした映画『バンブルビー(BUMBLEBEE)』は、日本では2019年3月に公開された。1987年のカリフォルニアを舞台に、故郷の惑星での戦争で劣勢を強いられ、自軍の勢力を立て直す目的で地球に降り立ったばかりの金属生命体、後にバンブルビーと名付けられるB-127と、孤独を抱える少女チャーリーの友情を描いたストーリーである。

僕自身は「トランスフォーマー」世代より少し上だったので、関連のおもちゃもアニメもこれまで触れてこなかった。ちらっと見かける程度の知識で、「バンブルビー」と言えばカマロだと思っていたのだが、2019年3月に公開された劇場版のTVCMではビートルが主人公となっていて、「おや?」となったくらいである。作例のお話を戴いてから、改めてDVDをレンタルして観た次第だ。

映画のあらすじは割愛するが、作中で描かれているバンブルビーのキャラクター性が、ビートルの持つ雰囲気と実に合っていた。バンブルビーが成長してカマロへと進化する以前のエピソードである。SFアクション映画ながら、ほっこりしたりクスッと笑えるシーンも盛り込まれており、映画自体は決して子供だけに向けられたものでは無かった。

ネットで資料を検索すると、バンブルビーが変形するビートルは1967年式で、再現するならハセガワの現行キットが同年式でピッタリである。よく見ると前後バンパーやホイールキャップの形状が少し違うが、バンパーはタミヤのビートルから、ホイールキャップは同ハセガワのワーゲンバスから流用すれば問題なさそうだ。

バンブルビーは少女チャーリーと出会うまでボートヤードの片隅のシートの下で長い間眠っていたこと、息を吹き返してからも敵との戦闘等により常に埃っぽい汚れやサビを纏っていることで、ツヤの引けたボディのヤレ感が特徴である。作例ではその経年劣化の塗装に注力した。

初挑戦ながら、ウェザリングや劣化表現が面白すぎて!
基本のボディカラーは、ガイアカラーのサンシャインイエローに若干の橙黄色を混ぜて濃い黄色として吹きっぱなし。各部メッキパーツは一度漂白剤で落とし、ガイアカラーのプレミアムミラークロームで塗装した。劇中のシーンから集めたバンブルビーの画像を参考に、タミヤエナメルのハルレッドをサビに、デザートイエローを土埃として、適宜セミグロスブラックや近似色を溶剤で薄めたものを混ぜたりしながら、筆や綿棒などで各部へ塗装。また、溶剤で拭き取ったり塗り重ねたり、場所によっては研磨スポンジシート3000番で軽くサンディングして艶を落としたりしてみた。

仕上げに、フロントウィンドウのワイパーで拭き取ったところをマスキングして、エアブラシでデザートイエローをまさに埃が被るようなイメージで、全体に吹き付けた。こうしたウェザリング・経年劣化表現には初めて挑戦してみたのだが、思っていた以上に面白く、また、ピカピカに仕上げるのとは違う、クルマに表情を持たせる効果があることに、改めて気付いた。

汚れや傷で生活感が生まれ、見る者が勝手にストーリーを妄想してくれる。表現の幅も大幅に広がるのではないだろうか。ボディや基本部分をラッカー系で塗装しておき、エナメル塗料でウェザリングを施せば、やり過ぎても元に戻したりやり直したりできるので、実にオススメである。

実は僕自身、ビートルを制作したのも今回が初めてであった。ずっと作りたいと思っていた車種であり、完成後もその佇まいにヤラれている。とにかく可愛らしいのであるが、鼻に付くようなケレン味はなく、これほどデザインの完成されたクルマが80年近く前にすでにあったということに、感動している。何より、多くの人々に長く愛されたビートルがスクリーンの中で感情を持ち人に寄り添う姿は、もしかしたら多くのクルマ好きの理想なのかも知れない。友達や相棒のように接し愛情を注ぐ、クルマ好きなら誰もが持ち得る感情である。

映画『バンブルビー』は、トランスフォーマー・シリーズのスピンオフ作品ではあるが、実は、クルマ好きを唸らせるだけの資質を持ったカーアクション映画でもあった。

こんな記事も読まれています

名作キットを独自の楽しみ方で味わおう!ハセガワ製「ケンメリGT-X」にエンジン搭載、DATSUN化!第1回【CARSMEETモデルカー倶楽部】
名作キットを独自の楽しみ方で味わおう!ハセガワ製「ケンメリGT-X」にエンジン搭載、DATSUN化!第1回【CARSMEETモデルカー倶楽部】
LE VOLANT CARSMEET WEB
ニヤケテールがいいじゃないか!スカイラインに対決を挑んだ「二代目コロナ・マークII」【魅惑の自動車カタログ・レミニセンス】第45回
ニヤケテールがいいじゃないか!スカイラインに対決を挑んだ「二代目コロナ・マークII」【魅惑の自動車カタログ・レミニセンス】第45回
LE VOLANT CARSMEET WEB
初代から変わらなすぎ、本当に二代目なのか!?「三菱ギャランΛ」【魅惑の自動車カタログ・レミニセンス】第44回
初代から変わらなすぎ、本当に二代目なのか!?「三菱ギャランΛ」【魅惑の自動車カタログ・レミニセンス】第44回
LE VOLANT CARSMEET WEB
【フロントライン】ウッドセクションに8000時間、組み立てに5カ月を要する最高傑作。3作目のコーチビルドコミッション「アルカディア・ドロップテール」を発表
【フロントライン】ウッドセクションに8000時間、組み立てに5カ月を要する最高傑作。3作目のコーチビルドコミッション「アルカディア・ドロップテール」を発表
LE VOLANT CARSMEET WEB
レゴ ブロック初心者再び! セナが愛用した「マクラーレン MP4/4」を組み立ててみたら感激した
レゴ ブロック初心者再び! セナが愛用した「マクラーレン MP4/4」を組み立ててみたら感激した
レスポンス
これ以上ない深化と熟成、そして洗練!「二代目センチュリー」発売!【27年前の今日、こんなことが…】
これ以上ない深化と熟成、そして洗練!「二代目センチュリー」発売!【27年前の今日、こんなことが…】
LE VOLANT CARSMEET WEB
【スクープ】5ドアの国内導入もまだだけど……、スズキ「ジムニーピックアップトラック」は登場するか!? その市販型を大予想!
【スクープ】5ドアの国内導入もまだだけど……、スズキ「ジムニーピックアップトラック」は登場するか!? その市販型を大予想!
LE VOLANT CARSMEET WEB
特別仕様車は限定8,000台! トヨタ「ランドクルーザー」、中核モデルの新型車「250」シリーズ発売
特別仕様車は限定8,000台! トヨタ「ランドクルーザー」、中核モデルの新型車「250」シリーズ発売
LE VOLANT CARSMEET WEB
【究極の1台を探せ! ハンドリング編】走り好きの山田弘樹が本音で選ぶ、ワインディングでハンドリングが楽しいマシン!「アルピーヌ・A110R vs BMW・X1 vs マセラティ・グレカーレ vs マツダ・ロードスター」
【究極の1台を探せ! ハンドリング編】走り好きの山田弘樹が本音で選ぶ、ワインディングでハンドリングが楽しいマシン!「アルピーヌ・A110R vs BMW・X1 vs マセラティ・グレカーレ vs マツダ・ロードスター」
LE VOLANT CARSMEET WEB
アバルト「595」最新トレンド! メカ丸出しの「CAEウルトラシフター」や花粉に効く「マニアックライン」のシャンプーを紹介します
アバルト「595」最新トレンド! メカ丸出しの「CAEウルトラシフター」や花粉に効く「マニアックライン」のシャンプーを紹介します
Auto Messe Web
世界に1台のフォード「サンダーバード」が6900万円で落札! のショーカー「イタリアン」が生まれた時代的背景とは?
世界に1台のフォード「サンダーバード」が6900万円で落札! のショーカー「イタリアン」が生まれた時代的背景とは?
Auto Messe Web
「ワーゲンバス」が約1700万円で落札! 著名な冒険家が所有したオリジナル要素を残した貴重な1台でした
「ワーゲンバス」が約1700万円で落札! 著名な冒険家が所有したオリジナル要素を残した貴重な1台でした
Auto Messe Web
ホンダ久々のFRスポーツにしてオープン2シーター、「S2000」発売!【25年前の今日、こんなことが…】
ホンダ久々のFRスポーツにしてオープン2シーター、「S2000」発売!【25年前の今日、こんなことが…】
LE VOLANT CARSMEET WEB
ホンダ、「N-VAN」を一部改良して発売、特別仕様車「STYLE+ NATURE」を同時発売
ホンダ、「N-VAN」を一部改良して発売、特別仕様車「STYLE+ NATURE」を同時発売
LE VOLANT CARSMEET WEB
ゴルフ、50歳の誕生日おめでとう!8世代にわたるVWゴルフの高みと低み、そして新型VWゴルフ8 GTEへの展望
ゴルフ、50歳の誕生日おめでとう!8世代にわたるVWゴルフの高みと低み、そして新型VWゴルフ8 GTEへの展望
AutoBild Japan
ホンダ 新型「プレリュード」まもなく復活!? 次期型“流麗クーペ”は「デートカー」それとも「スポーツカー」? 歴代初の「タイプR」登場はあるのか
ホンダ 新型「プレリュード」まもなく復活!? 次期型“流麗クーペ”は「デートカー」それとも「スポーツカー」? 歴代初の「タイプR」登場はあるのか
くるまのニュース
新型「旧車風ミニバン」実車公開! 斬新2トーンがカッコイイ「新型ワーゲンバス」国内登場へ VW専門店が「IDバズ」を披露
新型「旧車風ミニバン」実車公開! 斬新2トーンがカッコイイ「新型ワーゲンバス」国内登場へ VW専門店が「IDバズ」を披露
くるまのニュース
MINI、「北京モーターショー2024」でMINIファミリー最新モデル「MINI エースマン」を発表
MINI、「北京モーターショー2024」でMINIファミリー最新モデル「MINI エースマン」を発表
LE VOLANT CARSMEET WEB

みんなのコメント

4件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

-万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

69.9467.5万円

中古車を検索
ビートルの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

-万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

69.9467.5万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村