サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【CX-3が生産中止へ!?】 新車&生産終了の最新動向判明!! ホンダ アクティ終売で思わぬ影響も

ここから本文です

【CX-3が生産中止へ!?】 新車&生産終了の最新動向判明!! ホンダ アクティ終売で思わぬ影響も

 毎月200を越えるディーラーを周り「生」の声を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 今回まずは、マツダ CX-3のモデル廃止検討という、ちょっと信じたくないニュースから。またホンダの軽トラ「アクティトラック」も2021年で生産中止ということで、これにはディーラーから不満の声が上がっているという。一体どういうことなのか?

【「ゆるキャラ」コペンがオトナの魅力をまとって登場!】 ダイハツ コペン GRスポーツ試乗!

 ほか新型ハスラーのスケジュール、リーフのマイナーチェンジなど、盛りだくさんでお届け。

●【画像ギャラリー】CX-3、アクティトラック、リーフ…話題に上ったクルマたちの画像をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2019年11月のものです
文:遠藤 徹/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年12月26日号

■マツダ CX-3は来年にもモデル廃止?

 マツダは2020年中にもコンパクトSUVのCX-3をモデル廃止する方向で検討している模様です。ミディアムクラスのCX-30の登場で存在が薄くなっているためです。

現行型のマツダ CX-3

 CX-3はマツダ2と同じプラットフォーム、CX-30はマツダ3と同じプラットフォームを使っており、本来であれば両モデルはクラスが異なるため両立は可能ですが、マツダの最近のクルマづくりのスタンスとして「プレミアム路線」を重視しており、コンパクトクラスはマーケットでの定着が難しいとの判断があるようです。

 CX-30はCX-3とCX-5の間をカバーする新型SUVとして投入しましたが、実際にはCX-3の後継モデル的な存在になっています。そのためCX-3の販売は減っていて、次第に存在価値がなくなりつつあります。

●関連記事…【迷走するマツダ新車事情】流行りのSUV「CX-3」2020年モデル廃止の危機!??

■2021年6月でホンダ アクティトラックは生産中止に

 ホンダは2021年6月をもって軽自動車のアクティトラックを生産中止すると、販売会社のホンダカーズ店に伝えたようです。アクティトラックは月販1500台規模の軽トラックで、商店や農村の小口配送に使われている歴史ある商用車です。

ホンダの軽トラアクティが2021年6月に生産終了になる予定。写真はT360の発売55周年を記念して昨年11月に発売されたカラーリングがカッコいい特別仕様車

 ホンダが生産中止を決めたのは「継続生産しても1台あたり17万円程度の赤字になる。多額の投資をして新型車を開発しても赤字が膨らむいっぽうで割に合わない」との判断があるためです。

 ダイハツやスズキからのOEM供給も検討しましたが、「ホンダのポリシーにそぐわない」として見送ったようです。

 今後、2021年6月までは従来よりも増産して販売店に供給しますが、以降は生産を取りやめて、復活はしない方針です。小口配送は2018年7月に発売したN-VANがカバーすることになります。

 しかしながら1BOXバンのN-VANは、農機具や農作物などの搬送に向いていません。軽トラック需要の多い北海道、東北地域のホンダディーラーからは不満の声が上がっています。今後は地場資本のホンダカーズ店を中心に、ダイハツやスズキの軽トラックを業販売りというカタチで独自に扱うケースも生じそうです。

■スズキ 新型ハスラーは12月24日発表、2020年1月3日発売か?

 スズキは次期型ハスラーを12月24日発表、2020年1月3日発売の予定でスケジュール調整をしているようです。

 11月中旬には傘下販売店にウェブサイトで掲載する次期モデルの商品内容を通知し、ティザーキャンペーンをスタートさせました。さらに12月上旬に価格を決め、先行予約の受付を開始します。

今年の東京モーターショーでお披露目された次期型ハスラー。正式な発表は12月24日で、発売は2020年1月になる予定。この次期型もヒット車になるか?

 従来モデルは生産打ち切りで在庫一掃セールを実施していましたが、これは11月中旬までにほぼ売りつくした状況にあります。

 従来モデルは発売直後の納期が半年待ちというヒットモデルになりましたが、次期モデルは最初から月産7000台以上の規模で組み立て、納車待ちが長くならないように備えるものと思われます。

■日産、12月16日「リーフ」をマイナーチェンジ

 日産は12月16日、リーフを2年ぶりに一新しマイナーチェンジを果たしました。発売は2月からとなります。

マイナーチェンジした日産 リーフ

 今回のマイナーチェンジは、内外装のデザイン変更、ボディカラーの新設定、安全対策強化、装備の充実化などが主な内容です。特に装備面では、現行モデルはカーナビの画面が小さく不評なことから、新しい大型の10インチモニターを設定するのがポイントです。

 なお、マイナーチェンジ前の現行モデルは11月いっぱいで生産を打ち切る見通しです。

■トヨタ ハイブリッド車用のバッテリーをリチウムイオン一本化

 トヨタは近い将来、ハイブリッドモデルの駆動用バッテリーをリチウムイオン方式に一本化する見通しです。

 これまではニッケル水素バッテリーとリチウムイオンバッテリーの両方を採用していましたが、コンパクト&高効率なリチウムイオンバッテリーへ一本化することによる量産化で、コストダウンの見通しがついたためと思われます。

 現在、ニッケル水素バッテリーを採用しているモデルについてはフルモデルチェンジやマイナーチェンジのタイミングを利用して、リチウムイオンタイプに順次切り替える方針です。

トヨタの新型ヤリス

ヤリスに搭載される新型リチウムイオンバッテリー


 リチウムイオンバッテリーはコンパクトに作れるためスペース効率がよく、4WD車への採用にも適しています。

 新型ヤリスは従来と違う、さらにコンパクト&高効率のリチウムイオンバッテリーを開発採用しており、このバッテリーが今後の展開のベースになると思われます。

 さらにこの新世代バッテリーは2020年末にも一新する次期型アクアには、ほぼそのまま移植されるものと思われます。

■来春にダイハツ キャストアクティバの後継モデルが発売?

 関係筋によると、ダイハツは来春にもSUVテイストのクロスオーバー軽自動車「キャストアクティバ」の後継モデルを発売するようです。

 この新型車は本格的なSUVで、スズキのハスラー対抗モデルとなります。そしてタント同様、新しいDNGAのプラットフォームを採用し、基本コンポーネンツを刷新したモデルでもあります。

現行型のダイハツ キャストアクティバ

 次期型ハスラーは年内発表の2020年1月発売を予定していますので、ダイハツ新型SUVの発売とほぼ同時期になり、この2車は新車販売で激突することになります。

 なお、現行型のキャストは「スタイル」「スポーツ」を継続生産・販売して、アクティバのほうは年内いっぱいで生産中止する見込みです。

■ランドクルーザーなど本格クロカンは2020年5月以降もトヨタ店専売か?

トヨタは来年5月から全国の全販売店で全車を扱う予定で進めているが、ランクルなどの重量の重いモデルは当面、トヨタ店扱いになりそうだ

 トヨタは2020年5月から全国規模でトヨタ車全モデルを全店で併売とする方針ですが、ランドクルーザーとランドクルーザープラドなどの一部の重量級モデルについては当分の間トヨタ店の専売を継続させる方針のようです。

 定期点検、車検、修理などの際に、重量級の車両を持ち上げるリフトの設備がない店舗ではアフターケアでの対応が難しいためです。

 今後拠点の統合などで、トヨタ店のリフト設備が活用できるようになれば、全モデル併売態勢の構築が可能になると思われます。2022年中盤あたりまでは、ランドクルーザーなどはトヨタ店が継続する見通しです。

■日産は10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施中

 日産はプロパイロットやオートクルーズコントロール装着車を対象に、年末まで10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

気になる方は「日産 10万円 キャッシュバック」で検索!


 対象モデルはそれぞれのユニットを装着しているリーフ、セレナ、エクストレイル、ノート、スカイラインなど。実質年利2.9%の残価設定クレジットも利用できます。年末までに成約し、2月末までの登録車に限定しています。

●【画像ギャラリー】CX-3、アクティトラック、リーフ…話題に上ったクルマたちの画像をギャラリーでチェック!!!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します