現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「カウンタック」や「BB」は無理でもマセラティ「ボーラ」なら夢が叶う!? 約1700万円でスーパーカー泥沼ライフはいかが?

ここから本文です

「カウンタック」や「BB」は無理でもマセラティ「ボーラ」なら夢が叶う!? 約1700万円でスーパーカー泥沼ライフはいかが?

掲載 3
「カウンタック」や「BB」は無理でもマセラティ「ボーラ」なら夢が叶う!? 約1700万円でスーパーカー泥沼ライフはいかが?

近年の相場から見るとリーズナブルだった

2023年11月25日、RMサザビーズ欧州本社が開催した「Munich 2023」オークションでは、「The Style Icons Collection」と銘打ち、イタリアおよびイギリスで1970年代に製作された、5台のスーパースポーツ&高級グラントゥリズモが出品された。今回はその中から、マセラティ初のミッドシップ市販車「ボーラ」とそのオークション結果についてお話しさせていただこう。

【いまなら3桁万円!】マセラティは「ボーラ」派?「メラク」派? リアスタイルのカッコよさで70年代キッズのハートを掴んだ「メラク」とは【スーパーカー列伝18】

70年代初頭のスーパーカー三台巨頭の一角を占めるボーラとは?

1960年代は名作「ギブリ」を擁して「フェラーリ デイトナ」および「ランボルギーニ ミウラ」と三つ巴の最速争いを繰り広げてきたマセラティだが、1970年代を迎えるとフェラーリは「365GT4/BB」、ランボルギーニは「クンタッチ(カウンタック)LP400」を投入。イタリアの大排気量スポーツカーの世界は、怒涛のミッドシップ時代に突入しようとしていた。

それまでは新技術の導入には慎重だったマセラティも、この時ばかりは負けじとばかりに、カウンタックLP500プロトティーポの初お目見えと同じ1971年のジュネーヴ・ショーに参加。ミッドシップのボーラを生産前提のショーモデルとして出品する。

この時期のスポーツカーとしてはかなり長めにとられた2600mmのホイールベースを巧みに昇華し、スタイリッシュに仕立てたボーラのモノコックボディは、独立して間もないジョルジェット・ジウジアーロ率いるイタルデザイン社によるもの。リトラクタブル式の丸形2灯ヘッドライトや、ステンレス製のルーフが外観上の特徴となっていた。

パワーユニットはレーシングカー譲りのV型8気筒4カムシャフト。ただしデビュー当初は、ギブリの最強版「5000SS」用のエンジンは搭載されず、310psを発揮するとされた4.7リッター版のみを搭載。ただしマキシマムスピードについては、ギブリ5000SSと同じ280km/hと公表していた。

1973年には、まずはアメリカ市場向けに排ガス対策を施した4.9リッターV8を搭載。こちらは300psにパワーダウンしていたが、1975年のマイナーチェンジでは欧州マーケットでもフルパワー(320ps)の4.9リッターユニットが選択できることになった。

しかしボーラのテクノロジーにおける最大の特徴といえば、当時マセラティの親会社だった仏シトロエンから拝借し、4輪ディスクブレーキにポップアップ式のヘッドライトの昇降、果てはパワーウインドウ/シートなどにも導入されていた、油圧による「ハイドロ・ニューマティック」が挙げられよう。

またフロントに実用的なラゲッジスペースを持つことや、有効な遮音材や断熱材がちゃんと貼られていることなど、キャラクターについてもスパルタンなクンタッチやBBとは一線を画した、高級グラントゥリズモとしての資質も追求されていたとのことである。

ボディカラー変更は、時として価格引き下げの要因となる?

1972年7月12日に製造されたというこのボーラは、4.7リッターV型8気筒エンジンを搭載した289台のうちの1台。「CECICOエクイップメント」社CEOであるロベール・オージェの名義のもと、1972年10月26日にパリで登録された。

ジウジアーロがデザインしたボディワークは「アルジェント・インディアナポリス」と名づけられたシルバーメタリックにステンレスのルーフ。そして「ネロ(黒)」のレザーハイドによるインテリアが組み合わされていた。

それから12年後となる1984年7月まで、このボーラは5代のオーナーのもとを渡り歩く。フランス中央部ショーモンに住んでいた6代目所有者は、1986年11月25日、ベルナール・バブロンにマセラティを売却した。パリを拠点としていたバブロンは、1986年から2007年にイタリアのプライベートコレクションに加わるまで、このボーラを独力で維持していたようだ。ボディカラーを現在のジャッロ(黄色)にリペイントしたのも、バブロンと考えられている。

そして2014年、イタリアのディーラーにオークションで売却されたのち、2015年5月に今回のオークション出品者である現オーナーに売却された。

現オーナーのもとでは、ステアリングラックの修理と取り付けや4基のキャブレターのリビルド、ブレーキシステムのメンテナンスなど、6000ユーロに相当する整備がミュンヘンの「クビッキ・モータース」によって行われたとのことである。

スーパーカー界の創成期を盛り上げたスーパースター、ランボルギーニ クンタッチ&フェラーリBBと比べると、ちょっと地味。玄人好みなボーラは見過ごされがちなモデルだが、1970年代初頭のイタリア車デザインの最高峰であることは間違いあるまい。

しかも希少な初期モデルということで、RMサザビーズ欧州本社は11万ユーロ~16万ユーロのエスティメートを設定。その上で「Offered Without Reserve」、つまり最低落札価格は設定しなかった。

この「リザーヴなし」という出品スタイルは、金額を問わず確実に落札されることからオークション会場の雰囲気が盛り上がり、ビッド(入札)が進むこともあるのがメリット。しかしそのいっぽうで、たとえビッドが出品者の希望に達するまで伸びなくても、一定の時点で落札されてしまうというリスクも内包している。

そして迎えた11月25日の競売では、エスティメート下限に満たない10万8500ユーロ、日本円に換算すると約1700万円という、出品者側にとっては少々厳しいが、バイヤーにとってはなかなかのお買い得ともいえる価格でハンマーが落とされることになった。

ここ1~2年、15万ユーロあたりで取り引きされる事例の多かったマセラティ ボーラとしてはリーズナブルな落札価格について、様々な要因が想像される。やはりボディカラーを好みの分かれるイエローに変えてしまったことが、少なからず影響しているとも思われるのだ。

こんな記事も読まれています

ホンダ最速・最高級マシン!「ホンダジェット」実機に乗って空を飛べる! “羽田空港”発着で体験可能な「貴重な機会」とは
ホンダ最速・最高級マシン!「ホンダジェット」実機に乗って空を飛べる! “羽田空港”発着で体験可能な「貴重な機会」とは
くるまのニュース
バカ売れ間違いナシの「新型フリード」は現行型のネガもしっかり消せるのか? 元ホンダ社員が見た「頑張るべき点」はいろいろある!
バカ売れ間違いナシの「新型フリード」は現行型のネガもしっかり消せるのか? 元ホンダ社員が見た「頑張るべき点」はいろいろある!
ベストカーWeb
スズキ「Vストローム800DE」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「Vストローム800DE」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
高速道路の照明、場所によって「明るさ」違いすぎませんか? ドライバーどうすればいいのか困っちゃう
高速道路の照明、場所によって「明るさ」違いすぎませんか? ドライバーどうすればいいのか困っちゃう
Merkmal
「新型フォレスター」もいいけど現行も買い時!!   スバルはやっぱり最終型にかぎる? 北米専用カラーが日本登場だぜ!
「新型フォレスター」もいいけど現行も買い時!!   スバルはやっぱり最終型にかぎる? 北米専用カラーが日本登場だぜ!
ベストカーWeb
広い常設ベッドがモダンなホテルのよう! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
広い常設ベッドがモダンなホテルのよう! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
オシャレなボディにシンプル車内がちょうどいい! トヨタ ピクシスバンがベースの軽キャンパー
オシャレなボディにシンプル車内がちょうどいい! トヨタ ピクシスバンがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
いよいよファイナルか!? GT-Rの2025モデルは24年6月発売!! エンジン周りを強化した最強モデルも登場だ
いよいよファイナルか!? GT-Rの2025モデルは24年6月発売!! エンジン周りを強化した最強モデルも登場だ
ベストカーWeb
【BC中古車ウオッチ】海外製のスズキ車ってなんでこんなにいいの? ハンガリー製のスズキ車「スプラッシュ」が影に隠れた名車といえる理由
【BC中古車ウオッチ】海外製のスズキ車ってなんでこんなにいいの? ハンガリー製のスズキ車「スプラッシュ」が影に隠れた名車といえる理由
ベストカーWeb
EVオーナーの祭典!テスラオーナーによる「TOCJ全国ミーティング」開催 愛知・蒲郡市
EVオーナーの祭典!テスラオーナーによる「TOCJ全国ミーティング」開催 愛知・蒲郡市
グーネット
デートカーの「プレリュード」が24年ぶりの復活!! スポーツハイブリッド搭載で25年登場なるか?? 予想価格は420万円
デートカーの「プレリュード」が24年ぶりの復活!! スポーツハイブリッド搭載で25年登場なるか?? 予想価格は420万円
ベストカーWeb
【中古車選びお悩み相談】2024年10月から始まる「OBD検査」ってなに?
【中古車選びお悩み相談】2024年10月から始まる「OBD検査」ってなに?
グーネット
アプト・フォーミュラEがローラ・ヤマハのパワートレイン搭載を発表。シェイクダウンは6月予定
アプト・フォーミュラEがローラ・ヤマハのパワートレイン搭載を発表。シェイクダウンは6月予定
AUTOSPORT web
カーメイト “本当によく落ちる”シリーズ新製品 ウェットシート&ガラス用ウロコ取り
カーメイト “本当によく落ちる”シリーズ新製品 ウェットシート&ガラス用ウロコ取り
グーネット
音楽とレースを融合!日産がフォーミュラEのAI音源を活用したサウンドトラック公開
音楽とレースを融合!日産がフォーミュラEのAI音源を活用したサウンドトラック公開
グーネット
タイヤ交換のサインを判断する方法5選。タイヤの寿命を延ばすコツは?
タイヤ交換のサインを判断する方法5選。タイヤの寿命を延ばすコツは?
グーネット
MotoGPアメリカズFP1|アプリリアのビニャーレスが好調トップタイム。マルケスは得意COTAで8番手
MotoGPアメリカズFP1|アプリリアのビニャーレスが好調トップタイム。マルケスは得意COTAで8番手
motorsport.com 日本版
日本人4名、宮田莉朋は初参戦。来季ル・マンの切符を懸けた2024年ELMSがいよいよ開幕
日本人4名、宮田莉朋は初参戦。来季ル・マンの切符を懸けた2024年ELMSがいよいよ開幕
AUTOSPORT web

みんなのコメント

3件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

282.5341.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.8148.0万円

中古車を検索
ボーラの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

282.5341.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.8148.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村