現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アバルト595 モータースポーツと大衆車を掛け合わせた名車の魅力

ここから本文です

アバルト595 モータースポーツと大衆車を掛け合わせた名車の魅力

掲載 更新
アバルト595 モータースポーツと大衆車を掛け合わせた名車の魅力

輸入車 [2023.02.04 UP]


アバルト595 モータースポーツと大衆車を掛け合わせた名車の魅力
アバルト 595|語り継がれる名車の系譜 vol.26|

シボレー カマロを試乗インプレ!アメ車のイメージ覆す走りの進化とは

文●ユニット・コンパス 写真●アバルト
※中古車参考価格はすべてグーネット2023年1月調べ。
※写真は一部本国仕様の場合があります。
(掲載されている内容はグーワールド本誌2023年3月号の内容です)

レースに生涯をかけた男、カルロ・アバルトの熱い想いはイタリア人の心を揺さぶり、そのスピリットは21世紀に受け継がれた。


小さなボディに詰まったイタリアのプライド

小さいクルマで格上を倒すイタリアの牛若丸
 イタリアにはモータースポーツと関係の深いブランドがいくつもあるが、アバルトもそのひとつだ。
 創業者のカルロ・アバルトは、レーサーとして活躍後、チシタリアでレースカーを手がけるエンジニアとして働いていた。チシタリアの手がけるクルマは、小さくて美しく、メカニズムは先進的で高性能だった。
 だが、経営よりも勝利を優先したことで会社は倒産。1949年、当時40歳だったカルロ・アバルトは、資金援助を受け、チシタリアの人員と設備を受け継ぐことを決意する。これがアバルトのスタートとなった。
 アバルトは市販車向けのチューニングパーツで稼ぎながらレース活動を続けていく。同時に名門カロッツェリアと手を組み、少量の先進的で美しいスポーツカーを生み出した。
 一般の自動車ファンにアバルトの名前が知れ渡ることになったのは、フィアットの量産車を改良したモデルを作るようになってからだった。とりわけ庶民に愛されていた「500」をベースにした「595」は、2クラスも上のクルマをレースでやぶる活躍もあって大人気に。
 71年、フィアットに買収されたアバルトは、グループのラリー部門として生き残り、WRCマシンの開発にも携わる。そして2009年には、新生「500」の登場とともにブランドとして復活を遂げた。そこからの人気ぶりは、ご存じのとおりだ。


アバルト 595はこんなクルマ
 「595」は、アバルトがフォーミュラ4に供給しているのと同じ1.4Lターボエンジンを搭載。モータースポーツとの深いつながりを現代のアバルトも受け継いでいるエピソードだ。

 2009年のアバルト「500」登場から時間を経てもなお新鮮さを失わないエクステリアデザイン。

 メーターフードなどにレザーがあしらわれ、ペダルもアルミ製に。新車では数少なくなったMTが選べるのもうれしい。

 ベースのフィアット500とは一線を画すスポーティかつリッチなインテリア。オトナの所有欲を満足させる質感だ。


[アバルト 595が名車になった理由]レースへの情熱が小さなボディに詰まっている

勤務先の倒産をきっかけに起業家として奮起
 レーサーだったカルロ・アバルトが勤め先の倒産をきっかけに立ち上げた企業がアバルトの始まり。レーシングカー製作のほか市販車のカスタマイズキットが評判を呼び、1950年代には数々のプロジェクトを成功させた。


小さなクルマで格上に勝利する、それがアバルト流
 アバルトの名声を一般的にまで広げたのが、フィアットの小排気量モデルをベースにしたレース車両やチューニングキット。多くのレースで活躍し、大きなクルマよりも速かったことから「ピッコロモンスター」などと賞賛された。


イタリア人のプライドを取り戻すために
 第二次大戦の終結後、イタリアでは国民の多くが自信を失い、失意に陥っていた。そんななかアバルトは、速度記録への挑戦を行う。1950年代から60年代にかけ、およそ10年近くの歳月をかけてその挑戦は続けられた。


連戦連勝したレースカーを自分のものに
 今日のアバルトに直接繋がるマスターピースと呼べるのが、フィアット500をベースにした高性能モデルたち。木箱に梱包されたチューニングキットの存在は、ドライバーたちの憧れとなり、アバルトのアイコンとなった。


イタリアの名門フェラーリの名を冠する限定車
 アバルトとフェラーリは創業時期が近く、レースでの勝利にこだわるという共通点があった。その関係を祝い、2009年に実現したのが夢のダブルネーム「695トリブート・フェラーリ」。世界限定1696台の限定モデルだった。


50年の時を超えてアバルトの精神は受け継がれている
 2013年に発表された「アバルト 595 50th Anniversary」は、オリジナルのアバルト 595がトリノモーターショーで発表されてから50周年を祝って世界で299台のみ作られた限定車。日本には50台が輸入されている。


いま買いの中古車たち

アバルト 595
 オリジナルと同様、500のパワーアップ版として2013年に登場した「595」。最高出力は160馬力で装備も充実。現在、新車では595のみ販売中。「695」を含む数多くの限定車が販売された。

中古車参考価格帯:120万円~450万円(13年~24年)


アバルト 695 トリブート フェラーリ
 フェラーリとのダブルネームとして発売されたこのモデルは、数多い限定車のなかでもとりわけ人気が高い。「430スクーデリア」と同デザインのストライプやボディカラーを採用している。

中古車参考価格帯:320万円~430万円(2009年)


アバルト 595C ツーリズモ
 「595C ツーリズモ」は、オープンエアドライビングが味わえるカブリオレ。ただのオープン版ではなく、ボディカラーがツートーン仕様になっているのもポイント。特別感のある仕上がり。

中古車参考価格帯:140万円~450万円(13年~22年)


アバルト 500
 2009年のブランド独立&復活とともに登場したのが21世紀のアバルト「500」。パワーは135馬力で5速MTを採用。2017年のマイナーチェンジで名称を「595」へと変更している。

中古車参考価格帯:100万円~190万円(09年~17年)

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

スーパーGT“復帰”を見据え安田裕信がポルシェを駆り充実のSUGOでのGT300テストをこなす
スーパーGT“復帰”を見据え安田裕信がポルシェを駆り充実のSUGOでのGT300テストをこなす
AUTOSPORT web
まだ若葉マークでトヨタ「GR86」を購入! 勢いで車高調を入れて、カスタム妄想全開の今後の予定は…定番のアイテムでした
まだ若葉マークでトヨタ「GR86」を購入! 勢いで車高調を入れて、カスタム妄想全開の今後の予定は…定番のアイテムでした
Auto Messe Web
SUGOでのGTエントラント協会主催GT300テスト2日目はSyntium LMcorsa GR Supra GTが最速
SUGOでのGTエントラント協会主催GT300テスト2日目はSyntium LMcorsa GR Supra GTが最速
AUTOSPORT web
フェラーリ、完全敗北を認める。トヨタとポルシェに対し「すべてが足りなかった」/WECサンパウロ
フェラーリ、完全敗北を認める。トヨタとポルシェに対し「すべてが足りなかった」/WECサンパウロ
AUTOSPORT web
992が「ハイブリッド」に! 改良版 ポルシェ911へ試乗 3.6Lの驚異的レスポンス でも最適解はカレラ?
992が「ハイブリッド」に! 改良版 ポルシェ911へ試乗 3.6Lの驚異的レスポンス でも最適解はカレラ?
AUTOCAR JAPAN
イーソルが「Technology Forum」を開催、SDVアーキテクチャに注目 9月27日
イーソルが「Technology Forum」を開催、SDVアーキテクチャに注目 9月27日
レスポンス
すぐに姿が思い出せる? ヴァルキリー、ヴァラー、ヴァリアント、ヴィクター、ヴァンテージ…。グッドウッドに集まったアストンマーティンを紹介します
すぐに姿が思い出せる? ヴァルキリー、ヴァラー、ヴァリアント、ヴィクター、ヴァンテージ…。グッドウッドに集まったアストンマーティンを紹介します
Auto Messe Web
【日本での欠点はボディサイズぐらい?】 ランドローバー・レンジローバーSV P510e 目下PHEV強化中
【日本での欠点はボディサイズぐらい?】 ランドローバー・レンジローバーSV P510e 目下PHEV強化中
AUTOCAR JAPAN
マツダの“夢のスポーツカー”は「ロータリーエンジンでタイヤを直接駆動」か? 美しさも魅力的な「アイコニックSP」の未来は明るい?
マツダの“夢のスポーツカー”は「ロータリーエンジンでタイヤを直接駆動」か? 美しさも魅力的な「アイコニックSP」の未来は明るい?
VAGUE
三井化学、EV需要に対応する素材や解決策など多数展示予定…人とくるまのテクノロジー展2024名古屋
三井化学、EV需要に対応する素材や解決策など多数展示予定…人とくるまのテクノロジー展2024名古屋
レスポンス
ハスラーがテントになる!?快適に車中泊を過ごせる新型防虫ネットって?
ハスラーがテントになる!?快適に車中泊を過ごせる新型防虫ネットって?
グーネット
キヤノンITSが車載制御ソリューションなど紹介へ…人とくるまのテクノロジー展2024名古屋
キヤノンITSが車載制御ソリューションなど紹介へ…人とくるまのテクノロジー展2024名古屋
レスポンス
新型“ロードスター”「テンダー」初公開に大反響! レトロな“旧車デザイン”に「カッコイイ」の声! 「1956年式名車」イメージの「新モデル」独で発表
新型“ロードスター”「テンダー」初公開に大反響! レトロな“旧車デザイン”に「カッコイイ」の声! 「1956年式名車」イメージの「新モデル」独で発表
くるまのニュース
「ただの“小ベンツ”」じゃ満足できない人へ! 名車「190EエボII」をモチーフにした“レストモッドモデル”「HWA EVO」の正体とは
「ただの“小ベンツ”」じゃ満足できない人へ! 名車「190EエボII」をモチーフにした“レストモッドモデル”「HWA EVO」の正体とは
VAGUE
F・アロンソ選手の依頼から誕生したアストンマーティンの特別なV12エンジン搭載車「ヴァリアント」が登場
F・アロンソ選手の依頼から誕生したアストンマーティンの特別なV12エンジン搭載車「ヴァリアント」が登場
カー・アンド・ドライバー
ハイエースがオフィスに変わる!全長1m超の専用マルチウェイテーブル登場!
ハイエースがオフィスに変わる!全長1m超の専用マルチウェイテーブル登場!
グーネット
トヨタ圧勝のカギはタイヤ戦略。「レース前には良い状況を判断」とテクニカルディレクター/WECサンパウロ
トヨタ圧勝のカギはタイヤ戦略。「レース前には良い状況を判断」とテクニカルディレクター/WECサンパウロ
AUTOSPORT web
オーダーメイドが基本でその価格ウン億円! 知られざる住民を守る「消防車」の世界を覗いてみた
オーダーメイドが基本でその価格ウン億円! 知られざる住民を守る「消防車」の世界を覗いてみた
WEB CARTOP

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

434.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

64.8488.9万円

中古車を検索
595 (ハッチバック)の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

434.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

64.8488.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村