サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【超奇抜な個性派も!!】かつて東京オートサロンに出没した世界初披露車 5選

ここから本文です

【超奇抜な個性派も!!】かつて東京オートサロンに出没した世界初披露車 5選

 カスタムカーショー国内最大の「東京オートサロン」が開催間近! 過去には自動車メーカーも奇抜なモデルを多数出展!!

「東京オートサロン2020」は、1月10~12日までの3日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催される。同ショーは年々人気・規模を拡大し、前回の2019年は3日間のべ33万666人の動員を記録。近年は自動車メーカーもより積極的に関与している。

【2月デビューのフィットの納車はすでに4月以降!!】2020~2021年のホンダのニューカー戦略を暴く

 それだけに自動車メーカー系の出展車には「こんなことやっちゃうの?」という奇抜なモデルも増殖。

 本稿で紹介する個性的な5台に負けず劣らず魅力的な出展車が見られそうな「東京オートサロン2020」は、いよいよ今週末開催だ!

文:永田恵一
写真:編集部、NISSAN、DAIHATSU

【画像ギャラリー】間もなく開催!! 東京オートサロン 2020の注目出展車はこちら

超硬派な86!? GRMNスポーツFR プラチナム/2013年

GRMN SPORTS FR Concept PLATINUM/全長×全幅×全高:4350×1855×1250mm、エンジン(最高出力/最大トルク):2L水平対向ターボ+SC(330ps/44.0kgm ※目標値)

 2012年登場のトヨタ 86は、カスタイマイズの素材としてもピッタリなFRのミドルスポーツカーだけに、数年前にはオートサロンの主役的な存在だった時期もあった。

 トヨタ系がオートサロンに出展したモデルは多数あったが、なかでも特に強いインパクトを感じたのが2013年の「GRMNスポーツ FRコンセプトプラチナム」である。

 もともと86は、ほどほどのパワーを持つ2LのNAエンジンを搭載し、エコタイヤを純正で履く「速さばかりを追い求めないスポーツカー」というコンセプトで登場。このコンセプトは時代の変化もあり大いに支持され、86は人気車となった。

 しかし、GRMNスポーツ FRコンセプトプラチナムは、排気量こそ2Lのままながら目標値330馬力のターボ&スーパーチャージャー、タイヤは前輪245mm幅、後輪265mm幅という、もともとの86とは正反対に近いモデルだった。

 そのため市販車の登場翌年、しかもトヨタブースにこういったモデルが出展されたことには、賛否はともかくとして大変驚かされた。

悪路は無敵!! ジュークのクローラー仕様が登場/2019年

JUKE Personalization Adventure Concept/装備:専用クローラー、エンジン(最高出力/最大トルク):1.6L直4ターボ(190.3ps/24.5kgm)

 日本では残念ながら間もなく絶版となるジュークは、個性的なスタイルを持つスペシャリティなSUVであるため、カスタマイズにも面白い存在だ。

 それはよく分かるのだが、2019年に出展された「ジューク パーソナライゼーション アドベンチャーコンセプト」は、アッと驚くタイヤをクローラーに替えたモデルだった。

 開発のきっかけは、2018年に多かった大規模災害に心を痛めた関係者の「こんな時にコンパクトなサイズや4WD性能の高さといったジュークの持つ高い機動力で支援できたら」という心温まるものだった。ちなみに悪路走破性は「無敵」とのことだ。

ホンダの超イカした小型トラック「T880」/2017年

ホンダアクセス T880/全長×全幅×全高:未公表×1605×1578mm、エンジン:656cc直3ターボ(64ps/9.5kgm)

 モデューロブランドのホンダ車の純正アクセサリーや比較的なライトなコンプリートカーの開発を担当するホンダアクセスがオートサロンに出展を始めたのはここ数年である。

 そのなかで特にインパクトがあったのは、2017年に比較的ヒッソリと出展されたT880だ。T880は軽トラックのアクティをベースとした“小型トラック”で、全幅は片側65mm、左右で130mm広げられている。

 ユーモラスなスタイルが目を引くのはもちろん、キャビンは全高を下げ、エンジンはアクティにはないターボで、ブレーキは前輪が対抗4ピストン、リアはS660用のディスクという本格的なものとなる。

 さらに、荷台もリアのアオリは観音開きにもなるなどのアイデアも盛り込まれている。ちなみにT880という車名は「660cc+ターボなので、NA換算なら880cc程度になるから」という由来。これもホンダらしいポイントだ。

 ホンダアクセスは、翌2018年からオートサロンに独自のブースを構え、現行オデッセイベースのクロスオーバーなど楽しげな車を多数出展しており、今後が大いに期待できそうだ。

ジムニーのピックアップ仕様も出展/2019年

ジムニーシエラ ピックアップスタイル/登録車版のジムニーシエラをベースとしたピックアップ仕様。「コンセプトカー」のため詳細スペックは未公表ながら完成度は高い

 ジムニーは、歴代ラダーフレームにボディを載せる構造となることも、カスタマイズの可能性を広げているモデルだ。

 現行ジムニーは、2018年の登場以来カスタマイズ業界にとって有望の存在となっているが、前述した点にも着目し、スズキ本体がピックアップ化したことは記憶に新しい。

 2019年のオートサロンに出展された「ジムニーシエラ ピックアップスタイル」は、キャリイの荷台を使ってリアオーバーハングは30cm延長し、2人乗りとなったキャビンのシート後方には荷物を置けるスペースも設けるなど、自動車メーカーの仕事らしく完成度は大変高い。

 それだけに市販化の可能性は非常に低いようだが、限定車などどんな形でもいいから、今からでも市販化を期待したい1台だ。

コペンが“シューティングブレーク”に/2016年

コペンローブ SHOOTING BRAKE/ベース車両はコペンローブ。荷室の拡大と伸びやかなキャビンデザインを両立したシューティングブレーク

 2014年に2代目が登場した軽オープンスポーツのコペンは、ダイハツ本体からのオートサロンへの出展が多いモデルである。なかでも強いインパクトがあったのが2016年に出展された「コペン シューティングブレイクコンセプト」。

 現行コペンがボディパネルを脱着しやすい構造となっていることも生かし、ボディ後半を車名の通りシューティングブレイク(スポーツ性とファンション性も備えるステーションワゴン的なボディタイプ)としたコンセプトモデルだ。

 シューティングブレイクコンセプトは、よく見ると「構造的に車内から荷物の出し入れができない」という弱点も否めなかった。

 しかし、ダイハツがコペンの持つ可能性をこういった場で提案し続けていることは200台限定だったクーペや最近登場したGRスポーツの市販化などにつながっており、この点には大きな拍手を送りたいところだ。

【画像ギャラリー】間もなく開催!! 東京オートサロン 2020の注目出展車はこちら

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します