サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > LLサイズミニバン市場を切り拓いた偉大な先駆者なのに……日産エルグランドがかつての勢いを失ってしまったワケ

ここから本文です

LLサイズミニバン市場を切り拓いた偉大な先駆者なのに……日産エルグランドがかつての勢いを失ってしまったワケ

 アルファード&ヴェルファイアに大きな差をつけられている

 国内におけるLLサイズ・ミニバン市場はトヨタが独占している。アルファード/ヴェルファイアを合計すると年間10万台規模で売っているのだ。あらためて、その数字を見るとけっして安いとはいえないアル/ヴェルが、これほど売れるだけのマーケットが存在しているのは驚きだ。とくにアルファードの人気はすさまじく、2018年度の販売台数は前年比140%を超えている。市場は、LLサイズ・ミニバンを求めている。

10年以上改良なしの放置プレー車も! 4年ごとが定番だったフルモデルチェンジのサイクルが伸びているワケ

 しかし、同じLLサイズのミニバンでも日産エルグランドに昔日の勢いはない。年間販売台数でも1万台に届かないレベルであり、かつてのライバルであったアル/ヴェルには大差をつけられている。しかし、それは仕方がないともいえる。現行アル/ヴェルのデビューは2015年1月で、2017年12月のビッグマイナーチェンジでは内外装のブラッシュアップや先進安全装備のグレードアップなどを行っている。

 一方、エルグランドのデビューは2010年8月と古い。また、アル/ヴェルにはハイブリッドが用意されているが、エルグランドはコンベンショナルなエンジン車だけのラインアップだ。日本市場のユーザーニーズに応えきれているとはいえない。

 とはいえ、日産のミニバンでもクラストップの売れ行きを誇るセレナでは「e-POWER」と呼ばれるハイブリッド仕様を追加設定しているなど、テコ入れをしている。あたかもエルグランドが放置されているように見えるのは、端的にいえば売れていないからといえる。売れていないから開発費が回収できない、だから大きな改良ができないという悪循環に陥っているように見える。

 実際は、歩行者も検知する衝突被害軽減ブレーキ「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」を全グレードに標準装備するなど最新の先進安全性能を持つようアップデートしている。ハイブリッドの非設定は商品性としては弱い部分だが、メーカーとして放置しているわけではない。少なくともガソリンエンジン車で比較すれば、商品力が劣っているとは思えない。

 FRこそエルグランドのイメージが邪魔をした可能性

 なぜ、ここまでアル/ヴェルに大差をつけられてしまったのだろうか。

 ひとつ考えられるのは、エルグランドは先代モデルまでFRだったことが挙げられよう。現行型で3代目となるエルグランドだが、初代・2代目はFRプラットフォームを用いていた。じつはLLサイズのミニバンの元祖といえるのが初代エルグランドで、トヨタがアルファードを出したのは後追いだったりする。

 2002年、エルグランドが2代目へとフルモデルチェンジしたのと同時期に、初代アルファードが生まれている。つまりエルグランドはひと世代リードしていたのだ。

 しかも、初代アルファードと2代目エルグランドのライバル関係は現在よりも販売面では拮抗していた。それぞれ、販売チャネルの規模に沿うカタチで台数が出ていたのだ。さらにいえば、初代アルファードと2代目エルグランドはキャラクターも異なっていた。アルファードはFFプラットフォームを使うことで広い室内や乗り心地の良さをアピールした。

 それに対して、エルグランドは先代モデルをブラッシュアップしたFRプラットフォームが個性となっていた。スペース効率でいえば不利ではあるが、走りの素性において有利というイメージで差別化していた部分があった。しかもエルグランドのエンジンは全車がV6だったのだ。日産が意図したものではないかもしれないが、「エルグランドはリヤ駆動だからスポーティ」というイメージを有していた。

 しかし、ミニバンの本質はユーティリティである。2代目エルグランドもデビューから数年は年間4万台前後の販売台数を誇っていたが、後半になると年間4桁の販売に沈むようになる。このあたりで、FFプラットフォームを採用したアルファードに明確な差をつけられた。

 そのため3代目エルグランドでは乗り心地やスペース効率に有利なFFに変身するわけだが、そのこと自体はミニバンとしてまっとうな進化であっても、エルグランドというブランドにおいてはネガに感じる向きもあったようだ。

 V6+FRというパッケージがエルグランドの個性と市場が認識していたことは、3代目へのフルモデルチェンジにあたり足かせになったことは間違いない。そのため、フルモデルチェンジ直後は好調に受注を集めたが、新車効果が薄れると販売台数は下落、2015年以降は年間販売台数で1万台を下まわってしまう。

 現時点における、それぞれの年間販売規模を大雑把にいうと、アル/ヴェルの10万台に対して、エルグランドは7000台。ここまで大差がついてしまうと、既存顧客の差も大きく、もはや手の打ちようはないといえる。あるとすれば、性能や価格面でライバルを凌駕するフルモデルチェンジだが、ある意味ではドメスティックモデルであるLLサイズ・ミニバンにそれだけの開発費をかけるメリットがあるかといえば、その判断は難しい。

 エルグランドのファンとしては寂しい話だが、最新ニーズに応えるようマイナーチェンジをしながら、販売を続けるというのがビジネスとしては正解といえるのだろう。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します