現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 笑顔で締めくくった023年最後の「SSPパラモトライダー体験走行会」来年は2月ごろ開催を予定

ここから本文です

笑顔で締めくくった023年最後の「SSPパラモトライダー体験走行会」来年は2月ごろ開催を予定

掲載
笑顔で締めくくった023年最後の「SSPパラモトライダー体験走行会」来年は2月ごろ開催を予定

次回は年明け2月ごろに開催予定

2020年6月から一般社団法人SSP(サイドスタンドプロジェクト)が開催しているパラモトライダー体験走行会。これまで輩出したパラモトライダーは180名を超え、ボランティアスタッフは1485名にも上り、さらなる広がりを見せている。その2023年最後の走行会は、茨城県にある筑波サーキット内にあるオートレース選手養成所での開催となった。

全日本ライダーがこぞって参加! パラモトライダー体験走行会が鈴鹿で開全日本ライダーがこぞって参加!「パラモトライダー体験走行会」が鈴鹿サーキットで開催されました

この日も笑顔のあふれる一日となった

12月4日(月)、2023年最後となるパラモトライダー体験走行会が、筑波サーキットにあるオートレース選手養成所の駐車場およびオーバルコースで開催となった。パラモトライダー体験走行会は、レジェンドライダーとして知られる『青木三兄弟』の三男であり、WGP(世界ロードレース選手権)GP125クラスで2度の世界チャンピオンを獲得し、現在はオートレーサーとして活躍している青木治親選手が代表理事を務める一般社団法人「SSP」が主催するイベントだ。

パラモトライダーとは、身体に機能障がいを有しているライダーのことを指す。生まれつきの障がいや、事故や病気によって身体の自由が効かなくなってしまった方に向けたバイクの体験走行を行うイベントである。

2020年の6月からスタートし、これまでに30回以上の回数を重ねているこの体験走行会。バイクに乗ってもらうことで、夢をあきらめないこと。障がいを負ってもバイクに乗れることを実際に体感すること。そしてバイクの楽しさを広く体験してもらいたいという思いで、定期的に開催されている。

体験走行会では、SSP側が参加者に合わせてカスタムしたバイク、そして参加者用のヘルメットやプロテクターなどの装備も持ち込んでいるという至れり尽くせりの内容だ。参加者それぞれの障がいに合わせ、下半身不随の参加者には手元のボタンで操作するハンドシフトユニットを備えたバイクを用意したり、視覚障がいの参加者にはヘルメットに組み込んだインカムでスタッフとコミュニケーションをとりながら走行ができるようになっている。

体験走行ということで、走行は、何種類も用意した転倒防止のアウトリガーをバイクに装着し、まっすぐ走れるのか、バランスをちゃんと取れるのかといったところからチェックをしながら練習を重ねていく。バイクが不安定になる低速での発進や停止のタイミングやバイクへの移乗など必要な時はボランティアスタッフがこれを支えることになる。

今回参加したパラモトライダーは5名。そのうちの3名は視覚障がい、ほかに脊椎損傷の下半身麻痺、そして交通事故による右下腿切断による義足装着者という顔ぶれとなる。体験会はこれまで通り、基礎練習として駐車場を使ってまっすぐ走行する練習を行っていく。今回は1名がこの基礎練習を卒業し、オーバルコースでの大型車両での走行も体験できた。

もちろん、うまく走ることができて満足げな笑顔を浮かべる参加者もいれば、思った通りバイクを動かすことができず、悔しい思いをしている参加者もいる。それでもバイクに乗ることができた喜びは参加者はもちろん、この場にいたボランティアスタッフも同じだ。

今回の開催をもって2023年のパラモトライダー体験走行会は終了となった。次回は年明け2月ごろに開催を予定しているという。詳細が決定次第オフィシャルサイトで発表され、ボランティアスタッフの募集も行われる予定だ。

関連タグ

こんな記事も読まれています

【BC中古車ウオッチ】時代の徒花! たった5年で人知れず消えていった悲しき「トヨタオーパ」を君は知っているか?
【BC中古車ウオッチ】時代の徒花! たった5年で人知れず消えていった悲しき「トヨタオーパ」を君は知っているか?
ベストカーWeb
Moto2アメリカズ決勝|セルジオ・ガルシアが逃げ切って初優勝! ロバーツが母国戦表彰台獲得
Moto2アメリカズ決勝|セルジオ・ガルシアが逃げ切って初優勝! ロバーツが母国戦表彰台獲得
motorsport.com 日本版
3ナンバーは高嶺の花! そんな常識をぶち壊した三菱ディアマンテが忘れられない!
3ナンバーは高嶺の花! そんな常識をぶち壊した三菱ディアマンテが忘れられない!
ベストカーWeb
Moto3アメリカズ決勝|アロンソ独走で今シーズン2勝目。山中琉聖、表彰台争うもわずかに届かず4位
Moto3アメリカズ決勝|アロンソ独走で今シーズン2勝目。山中琉聖、表彰台争うもわずかに届かず4位
motorsport.com 日本版
落ち込む松下信治を見て感じた可能性。チームメイトの野尻智紀「彼と一緒にやるのが楽しみになった」
落ち込む松下信治を見て感じた可能性。チームメイトの野尻智紀「彼と一緒にやるのが楽しみになった」
AUTOSPORT web
大湯効果いきなり発動の予選Q1の2番手。走り出しのトラブルからセット変更ズバリで光明見えたCERUMO
大湯効果いきなり発動の予選Q1の2番手。走り出しのトラブルからセット変更ズバリで光明見えたCERUMO
AUTOSPORT web
「落ち着いてできた」「緊張した」「難しかった」「自分としてはやり切った」4者4様GT500ルーキーたちの初予選
「落ち着いてできた」「緊張した」「難しかった」「自分としてはやり切った」4者4様GT500ルーキーたちの初予選
AUTOSPORT web
幻のポールが見えた2台の速さ。23号車MOTULのクインタレッリと8号車ARTA松下信治が振り返る予選
幻のポールが見えた2台の速さ。23号車MOTULのクインタレッリと8号車ARTA松下信治が振り返る予選
AUTOSPORT web
D’station Vantage GT3がまさかのエンジントラブルも、交換を行い決勝での追い上げ目指す
D’station Vantage GT3がまさかのエンジントラブルも、交換を行い決勝での追い上げ目指す
AUTOSPORT web
5月1日といえばセナの30回忌……「雨のセナ」の伝説を紡ぐ「ロータス97T」のビッグスケールモデルが誕生!! 勇姿を思い出そう!
5月1日といえばセナの30回忌……「雨のセナ」の伝説を紡ぐ「ロータス97T」のビッグスケールモデルが誕生!! 勇姿を思い出そう!
ベストカーWeb
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
AUTOCAR JAPAN
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
AUTOCAR JAPAN
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
AUTOSPORT web
『スティーブ的視点』で「大阪オートメッセ2024」を紹介! 大人気YouTuberスティーブさんが注目した車とは?
『スティーブ的視点』で「大阪オートメッセ2024」を紹介! 大人気YouTuberスティーブさんが注目した車とは?
Auto Messe Web
「煮詰め切れていない」なかでのPP獲得。坪井翔「予選よりも決勝に自信」【第1戦GT500予選会見】
「煮詰め切れていない」なかでのPP獲得。坪井翔「予選よりも決勝に自信」【第1戦GT500予選会見】
AUTOSPORT web
岡山で2年連続PP獲得の蒲生尚弥「アタックは必ず1周で終わらせる!」【第1戦GT300予選会見】
岡山で2年連続PP獲得の蒲生尚弥「アタックは必ず1周で終わらせる!」【第1戦GT300予選会見】
AUTOSPORT web
日産ローランド、"電欠"で逃げ切りならず。ポルシェのウェーレイン優勝|フォーミュラE第7戦ミサノE-Prix
日産ローランド、"電欠"で逃げ切りならず。ポルシェのウェーレイン優勝|フォーミュラE第7戦ミサノE-Prix
motorsport.com 日本版
「新参」の戦いは楽じゃない 電動システムはBYD譲り KGMトーレス EVXへ試乗
「新参」の戦いは楽じゃない 電動システムはBYD譲り KGMトーレス EVXへ試乗
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村