現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【試乗】日産 フーガはハイブリッドを採用してハイパフォーマンスと好燃費の両立を目指した【10年ひと昔の新車】

ここから本文です

【試乗】日産 フーガはハイブリッドを採用してハイパフォーマンスと好燃費の両立を目指した【10年ひと昔の新車】

掲載 更新 16
【試乗】日産 フーガはハイブリッドを採用してハイパフォーマンスと好燃費の両立を目指した【10年ひと昔の新車】

「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は、日産 フーガ ハイブリッド(プロトタイプ)だ。

日産 フーガ ハイブリッド(2010年:プロトタイプ)
ようやくハイブリッド車の市場に向けて日産が動き出す時が来たようだ。その第一弾となるのが、このフーガ ハイブリッドだ。このクルマが搭載するハイブリッドシステムは「ピュアドライブ ハイブリッド」と呼ばれるもので、1モーター2クラッチという成り立ち。充電用と駆動用のモーターを併せ持つトヨタ方式とは異なり、エンジンとトランスミッションの間に搭載されたモーターがその両方を受け持つ。

●【くるま問答】ガソリンの給油口、はて? 右か左か、車内からでも一発で見分ける方法教えます(2020.01.21)

だが、このシステムを達成するための制御は、実に緻密で難しい。まずエンジンとモーターの間に乾式クラッチをひとつ。そしてATのトランスミッションとプロペラシャフトの間に湿式クラッチをもうひとつ採用している。このふたつのクラッチを走行環境に合せて断続させることで、エネルギー回生からモーターアシストを行なっているというのだから驚きだ。つまり、このシステムにはATのトルクコンバーターは存在しないというわけだ。

結果として、このピュアドライブ ハイブリッドは、とてもシンプルな造りになった。既存車のATのトランスミッション部にクラッチとモーターを押し込むことができ、バッテリー以外は今までとほぼ同じスペース効率だといっていい。結果として重量増は、わずか100~120kgに抑え込んでいるようだ。

搭載されるモーターは50kWもの出力を持つハイパワータイプ。これに瞬間的な充放電特性に優れるリチウムイオンバッテリーを組み合わせている。

踏み込めば爆発的な加速を見せる
走り始めてみると、まず感心したのが極めてスムーズなスタート感だった。クラッチを介して駆動するというと、すでに市場に多く存在するデュアルクラッチ(DCT)搭載車のようなギクシャクとした動き出しをイメージしていたが、フーガ ハイブリッドにそのようなマナーの悪さはなかった。これはモーターが生み出すトルク特性と、湿式クラッチを適度に滑らせてうまくコントロールしている証拠といえるだろう。その後およそ50km/hくらいまでモーターによるEV走行を可能としていたが、走り方によってはもう少し高い速度までモーターのみで走行ができそうだ。

その一方、加速を開始した時にプラスされるエンジン出力は、乾式クラッチが繋がった瞬間に若干の段付きを感じるものの、ピッチングを伴うような揺らぎもなく、十分にスムーズだ。以前に試乗した日産ハイブリッドの実験車両では、このあたりの制御がまだ完成されておらずギクシャクとした動きだったが、この最終試作モデルなら、そんなこともなさそうだ。

聞くところによれば、この乾式クラッチはショックを抑えるためにかなり瞬間的に繋いでいるらしい。そのためか、スロットルに対するパワーユニットの追従性はピカイチ。レスポンスやダイレクト感は、このクルマはスポーツモデルだったのかと錯覚するほどのものがある。

やはり想定されるライバルはクラウン ハイブリッドあたりになるだろうが、滑らかさを求めるならクラウン、走り感を大切にするならフーガというように、きちんとした棲み分けができているように思える。

とはいえ、実際のところは市場に出て徹底比較をしなければ結論は出せない。だが、これほどの完成度なら、数カ月後といわれている正式デビューを待って、実際に乗り比べてみてから、どちらを選ぶかを決める価値は十分にあるだろう。

[ アルバム : 日産 フーガ ハイブリッド(プロトタイプ) はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

ホンダが斬新な「小型SUV風ミニバン」初公開! ゴツい“タフ顔”に「3列シート」搭載!「新型フリードクロスター」の魅力とは!
ホンダが斬新な「小型SUV風ミニバン」初公開! ゴツい“タフ顔”に「3列シート」搭載!「新型フリードクロスター」の魅力とは!
くるまのニュース
ドライブスルー中古車査定が登場…強みは「スピードと会話の短縮」
ドライブスルー中古車査定が登場…強みは「スピードと会話の短縮」
レスポンス
【MotoGP】スピードはあるのになぁ……ドゥカティシート争いで蚊帳の外なバスティアニーニ、ぼやく
【MotoGP】スピードはあるのになぁ……ドゥカティシート争いで蚊帳の外なバスティアニーニ、ぼやく
motorsport.com 日本版
2024スーパーGT第3戦『SUZUKA GT 3Hours RACE』参加条件
2024スーパーGT第3戦『SUZUKA GT 3Hours RACE』参加条件
AUTOSPORT web
ホンダのスクーター第2弾「ジュノオM型」は「E-クラッチ」の元祖? 世界GP初優勝の年に市販した変速機の革命
ホンダのスクーター第2弾「ジュノオM型」は「E-クラッチ」の元祖? 世界GP初優勝の年に市販した変速機の革命
バイクのニュース
トヨタ『シエンタ』対応の「車中泊キット」一般販売開始
トヨタ『シエンタ』対応の「車中泊キット」一般販売開始
レスポンス
【MotoGP】ヤマハのカル・クラッチロー、イタリアGPのワイルドカード参戦取りやめ。残る予定はイギリスGPとサンマリノGP
【MotoGP】ヤマハのカル・クラッチロー、イタリアGPのワイルドカード参戦取りやめ。残る予定はイギリスGPとサンマリノGP
motorsport.com 日本版
RBの今季マシンVCARB01の弱点は”トラフィック”。リカルド「僕とユウキがスタートで順位をキープできれば、違うレースになっていたはず」
RBの今季マシンVCARB01の弱点は”トラフィック”。リカルド「僕とユウキがスタートで順位をキープできれば、違うレースになっていたはず」
motorsport.com 日本版
ポルシェ『カイエン』に「ターボナイト」の内外装が登場…米2025年型
ポルシェ『カイエン』に「ターボナイト」の内外装が登場…米2025年型
レスポンス
DSオートモビル、DS4の特別仕様車を発売 車体色はひなげしをイメージ
DSオートモビル、DS4の特別仕様車を発売 車体色はひなげしをイメージ
日刊自動車新聞
全長5.1m! 新型「最上級6人乗りミニバン」発売! “クラス最高峰”の「超豪華リアシート」がスゴい! レクサス「新型LM」のインテリアとは
全長5.1m! 新型「最上級6人乗りミニバン」発売! “クラス最高峰”の「超豪華リアシート」がスゴい! レクサス「新型LM」のインテリアとは
くるまのニュース
メルセデスAMG「GT43クーペ」欧州で注文開始 後輪駆動の2ドアクーペは421馬力の2リッターエンジン搭載
メルセデスAMG「GT43クーペ」欧州で注文開始 後輪駆動の2ドアクーペは421馬力の2リッターエンジン搭載
VAGUE
【人とくるまのテクノロジー展2024】日産 電動化技術と知能化技術を中心に出展
【人とくるまのテクノロジー展2024】日産 電動化技術と知能化技術を中心に出展
Auto Prove
新車の慣らし運転は不要!? メーカーとエンジンチューナーとでどうして見解が食い違うのか。長く乗るならやっておいたほうが無難
新車の慣らし運転は不要!? メーカーとエンジンチューナーとでどうして見解が食い違うのか。長く乗るならやっておいたほうが無難
Auto Messe Web
フォルクスワーゲン「ゴルフGTI」がよりたくましく変身!最高出力20psアップの256psに
フォルクスワーゲン「ゴルフGTI」がよりたくましく変身!最高出力20psアップの256psに
Webモーターマガジン
ロールスロイスが養蜂活動を強化、「世界ミツバチの日」を祝う 5月20日
ロールスロイスが養蜂活動を強化、「世界ミツバチの日」を祝う 5月20日
レスポンス
鈴鹿8耐の事前エントリー39台確定。トライアウト2ndで出場権を獲得した15チーム発表/2024鈴鹿サンデーロード第2戦
鈴鹿8耐の事前エントリー39台確定。トライアウト2ndで出場権を獲得した15チーム発表/2024鈴鹿サンデーロード第2戦
AUTOSPORT web
アストンF1のアップデート、ドライビングが『難しく』なる副作用? 苦戦週末経てチーム代表認める
アストンF1のアップデート、ドライビングが『難しく』なる副作用? 苦戦週末経てチーム代表認める
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

16件
  • 10年一昔前の車が今でも新車で買える日産の妙……。
  • じーちゃんがこれを買ったので借りて乗りまくって
    じーちゃんには代わりに俺のヴィッツを置いといたらこれでいいってことになって交換してもらえた笑
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

551.9709.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

32.0339.0万円

中古車を検索
フーガハイブリッドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

551.9709.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

32.0339.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村