現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > クルマを持つZ世代が急増中! 実はみんな密かに憧れてるのよ 調査で判明した驚きの事実に仰天

ここから本文です

クルマを持つZ世代が急増中! 実はみんな密かに憧れてるのよ 調査で判明した驚きの事実に仰天

掲載 47
クルマを持つZ世代が急増中! 実はみんな密かに憧れてるのよ 調査で判明した驚きの事実に仰天

 「若者のクルマ離れ」と言われて何年になるだろうか?もう10年くらいは経過しているような気がする。10年も経てば若者と呼ばれる層は変わってくる。そこで今回はKINTOの調査結果と共に若手自動車ジャーナリストの筆者が「若者のクルマ離れ」について考察していく。

文:西川昇吾、写真:TOYOTA

クルマを持つZ世代が急増中! 実はみんな密かに憧れてるのよ 調査で判明した驚きの事実に仰天

■本質的に若者はクルマ好きなはずだ!

自動車を運転することが好きだと感じるZ世代は地方では66.4%、東京では66.2%が「とても感じる」「やや感じる」という肯定的な回答をした

 KINTOは3月に東京都内在住のZ世代(18~25歳)314名と、地方(政令指定都市がない県)在住のZ世代(18~25歳)306名を対象に「Z世代のクルマに対する意識比較調査」を実施した。これはKINTOが2022年から毎年続けているものだ。

 その調査によると都内の回答者の約半数がクルマ離れの自覚アリと回答があった。しかし、この回答は年々減少傾向にあるそうだ。しかし、個人的に注目したいのは「自動車を運転することが好きだと感じますか?」という質問に対する回答だ。

 これに対して地方では66.4%、東京では66.2%が「とても感じる」「やや感じる」という肯定的な回答をした。地方と都心の差がないことにも驚かされた。

 また「将来的に自身の自動車を欲しいと思うか?」という質問には地方で78.1%、東京で68.8%が肯定的な回答となった。このような調査結果を見てみると若者は本質的にはクルマ好きなのではないかと筆者は思う。

■イベントで感じる若者のパワー

 筆者は走行会やオフ会など実際のユーザーが集まる自動車イベントにも取材で足を運ぶことがある。そこでの様子を見ていると正直若者のパワーを感じる。

 現在26歳の筆者と同世代、もしくはそれよりも年下なオーナーたちが頑張ってクルマを所有している。そんな印象のオーナーを多く見かける。反対に約10年前に若者と言われていた30代半ばから40代前半あたりの層が少ない印象だ。

 これは時代背景もあるだろう。Z世代とされているような現在の若者は丁度親がバブルの恩恵を受けた世代だ。筆者の両親もそうである。「クルマでモテた」なんて時代なんだから、他の世代よりもクルマが好きな人の割合が多かったことだろう。その世代の子供となればクルマに興味を持つ人が増えても不思議ではない。

 また、若者のクルマ離れと騒がれた始めた時代の若者は、就職氷河期世代ともオーバーラップする。そのような背景もあるのだろう。確かに今の若者だって豊かでないし、頑張って所有しているオーナーが多い。

 ただ、今の就職状況は売り手市場であり人手不足と言われている。言い換えるなら「まぁ仕事先はなんとかなるでしょ!」みたいな気持ちを持てるか持てないかの差は大きい。

[articlelink]

■クルマというモビリティにしかできないこと

パーソナルなモビリティを自分のモノにできたら……そんな憧れから「自身の自動車が欲しい」という回答が多く寄せられたのだろう

 また、春休みシーズンになると大学生と思われる集団がレンタカーで移動しているのをよく見かける。公共交通機関では不便な観光地だったり、沢山の荷物を積んだり、クルマというパーソナルなモビリティにしかない価値は若者も認識しているようだ。

 そんなパーソナルなモビリティを自分のモノにできたらカーシェアやレンタカーだけでなく、思い立った時にスグに使うことができる。そんな憧れから「自身の自動車が欲しい」という回答が多く寄せられたのだろう。

 都内を中心にやはり若者がマイカーを持つのは厳しいという側面もある。日本がより経済的に豊かになれば、若者がマイカーを持つ具体的な未来が描けるはずだ。

 クルマというパーソナルなモビリティにしか出来ないことを多くの若者に気づいてもらえるように、業界の若手代表として筆者も精進していきたいと改めて思った。

関連タグ

こんな記事も読まれています

今季NEXTevo導入の『FC2』を公開「パワーで曲げられる飛躍的進化」シリーズプロモ動画も/ナイトロクロス
今季NEXTevo導入の『FC2』を公開「パワーで曲げられる飛躍的進化」シリーズプロモ動画も/ナイトロクロス
AUTOSPORT web
トヨタ新型「後輪駆動“高級セダン”」発表! 流麗ボディに「美しい」の声も! 全長5m級の「ミライ」スペインで約1260万円から
トヨタ新型「後輪駆動“高級セダン”」発表! 流麗ボディに「美しい」の声も! 全長5m級の「ミライ」スペインで約1260万円から
くるまのニュース
フェラーリ レーシングデーを鈴鹿サーキットで2日間開催
フェラーリ レーシングデーを鈴鹿サーキットで2日間開催
Auto Prove
【いよいよ明日発売】乗ってどうだ? BYDシール 中国試乗で見えた走りのパフォーマンス
【いよいよ明日発売】乗ってどうだ? BYDシール 中国試乗で見えた走りのパフォーマンス
AUTOCAR JAPAN
量産車で世界最高の空力性能、Cd値0.194達成…中国シャオペンの新型EV
量産車で世界最高の空力性能、Cd値0.194達成…中国シャオペンの新型EV
レスポンス
99%がリヤ駆動のなかで日野がFFのトラックを発売! 激レアなFFトラックはどこにメリットがあるのか?
99%がリヤ駆動のなかで日野がFFのトラックを発売! 激レアなFFトラックはどこにメリットがあるのか?
WEB CARTOP
プロが選ぶ253軒の宿情報を一冊に。『5つ星の宿』2024年版 発売
プロが選ぶ253軒の宿情報を一冊に。『5つ星の宿』2024年版 発売
グーネット
ハミルトン、今季初表彰台で18年連続の快挙。夢のスタートを決めたラッセル「2013年のアロンソみたい!」
ハミルトン、今季初表彰台で18年連続の快挙。夢のスタートを決めたラッセル「2013年のアロンソみたい!」
AUTOSPORT web
ドライバーズシートも特等席──新型レクサスLM500h“version L”試乗記
ドライバーズシートも特等席──新型レクサスLM500h“version L”試乗記
GQ JAPAN
「入り口が斜めに切られた」トンネル、なぜ増えた? 図らずも効果バツグン!? でも全部ができるわけじゃない
「入り口が斜めに切られた」トンネル、なぜ増えた? 図らずも効果バツグン!? でも全部ができるわけじゃない
乗りものニュース
「ポンピングブレーキ」覚えてる? そもそも何のために存在し、もはや「不要なスキル」なの? 実は今でも意外な「役立ち方」があった!
「ポンピングブレーキ」覚えてる? そもそも何のために存在し、もはや「不要なスキル」なの? 実は今でも意外な「役立ち方」があった!
くるまのニュース
メルセデスベンツの小型EVミニバン『EQT』、3列シート7名乗りのロング登場…欧州発表
メルセデスベンツの小型EVミニバン『EQT』、3列シート7名乗りのロング登場…欧州発表
レスポンス
ナビタイムジャパン「auカーナビ」がAndroid Auto 1.4に対応
ナビタイムジャパン「auカーナビ」がAndroid Auto 1.4に対応
レスポンス
トライアルブーム再燃!? 世界タイトルを獲得したホンダが作り上げた往年の公道トライアル車とは
トライアルブーム再燃!? 世界タイトルを獲得したホンダが作り上げた往年の公道トライアル車とは
バイクのニュース
住友ゴム ゴム中の原子・分子運動の測定技術で高強度、耐摩耗性のタイヤ開発に貢献
住友ゴム ゴム中の原子・分子運動の測定技術で高強度、耐摩耗性のタイヤ開発に貢献
Auto Prove
GTワールドチャレンジ・アジア富士大会はポルシェが2連勝。岡崎ポルシェが日本勢ベストの7位に
GTワールドチャレンジ・アジア富士大会はポルシェが2連勝。岡崎ポルシェが日本勢ベストの7位に
AUTOSPORT web
トヨタ 『ランドクルーザー70』Tシャツ新発売…キッズサイズもあり、メーカー公認
トヨタ 『ランドクルーザー70』Tシャツ新発売…キッズサイズもあり、メーカー公認
レスポンス
亡きユベールと共に登ったF2表彰台から5年……不屈の男コレア、壮絶な大怪我からの復活で掴んだ3位に「非現実的だ!」
亡きユベールと共に登ったF2表彰台から5年……不屈の男コレア、壮絶な大怪我からの復活で掴んだ3位に「非現実的だ!」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

47件
  • seg********
    経済的に購入、維持できるのであれば大半の方は車を持ちたいのではないでしょうか。
    本当に車はいらない若者もいると思いますが、所有しない一番の理由は経済的負担だと感じています。
    車はあった方が絶対に便利です。
    日本経済の成長を祈ります。
  • HIRO
    >筆者は走行会やオフ会など実際のユーザーが集まる自動車イベントにも取材で足を運ぶことがある。そこでの様子を見ていると正直若者のパワーを感じる。

    そりゃそうだろう、車好きのイベントに行っただけで、捏造のような記事を作られてもな。
    まず、自動車税と重量税とガソリン税を安くすることだな。日本で車が売れれば、自動車メーカーも少しは助かるでしょ?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村