現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 60万円台で乗れる超小型EV自動車「EV-eCo」が販売開始! 車検不要・車庫証明不要・ガソリン不要

ここから本文です

60万円台で乗れる超小型EV自動車「EV-eCo」が販売開始! 車検不要・車庫証明不要・ガソリン不要

掲載 24
60万円台で乗れる超小型EV自動車「EV-eCo」が販売開始! 車検不要・車庫証明不要・ガソリン不要



株式会社アントレックスは、ビークル事業として、超小型の電気自動車「EV-eCo」を発売した。現在予約受付中で、出荷開始は4月30日を予定している。

広い二段ベッドとボックスシートの快適車内! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー

●文:月刊自家用車編集部

一人乗りの超小型電気自動車

好きな時に、好きなところへ行ける”自由”と、それを実現する”主体性”がテーマ。移動を楽しく、快適に、スタイリッシュにを実現すべく、アントレックスでは電気自動車を発売した。

―― ●全長240cm ●幅112.5cm ●車高161.9cm ●ホイールベース:161.0cm ●車体重量:310kg ●最高速度:50km/h ●連続走行距離:フル充電で約40キロ走行可能(道路状況・走行環境などで変わります) ●乗車定員:1名 ●ブレーキモード(フロント/リア) :ディスク / DISC ●タイヤサイズ:フロント 125/65-12,リア 125/65-12 ●モーター定格出力:0.59kw ●バッテリー:60V58.2Ah ●充電器:電圧/100V、出力電圧/60V ●電源:家庭用AC100V

生活を豊かにするという企業理念を基に「EV-eCoカーで一人でも多くの方に笑顔を届けたい」との願いから生まれたこの電気自動車は、現代社会において多くのメリットを持つ新たなモビリティだ。

―― 左右どちらからも乗り込みが可能で、狭い駐車場でも好きなほうから乗り降りができる。
乗車定員は1名。後部には荷物を載せられる広々スペースあり。
後部カメラ搭載。縦列駐車もフロントモニタで確認しながら楽々。
一回の充電で40キロの走行が可能(積載重量、登坂等、走行条件で変わる)。

―― コンパクトなボディながら、室内広々。後部に買い物などの荷物を載せることが可能。
細い道も楽々。駐車も狭いスペースで大丈夫。電気走行なので排ガスはゼロ。
法律によって最高速度は時速60キロに制限されている。高速道路は走行不可。

―― パワーウィンドウ、天井サンルーフ付きなので、風通しがよく、爽快に走行できる。

―― 彩り豊かな液晶モニター。
バックモニター付きで、駐車も安全。

―― 特別な充電設備は不要で、家庭用100V電源で充電可能。

こんな記事も読まれています

メルセデス・ベンツ 新型「EQA」発表 一充電走行距離を591kmに伸長
メルセデス・ベンツ 新型「EQA」発表 一充電走行距離を591kmに伸長
グーネット
メルセデス・ベンツ、新型「EQA」を発売 航続距離を591kmに伸長
メルセデス・ベンツ、新型「EQA」を発売 航続距離を591kmに伸長
月刊自家用車WEB
2023年度の国内販売で電気自動車販売台数ナンバー1を日産「サクラ」が獲得!
2023年度の国内販売で電気自動車販売台数ナンバー1を日産「サクラ」が獲得!
月刊自家用車WEB
電動マイクロカーって本当はどうなの? 特長が活きる場所はある サイレンスS04へ試乗
電動マイクロカーって本当はどうなの? 特長が活きる場所はある サイレンスS04へ試乗
AUTOCAR JAPAN
BMWが賢い……エンジンとBEV対応プラットフォームって? 電気自動車「i5」がMモデルらしさを感じないワケ
BMWが賢い……エンジンとBEV対応プラットフォームって? 電気自動車「i5」がMモデルらしさを感じないワケ
ベストカーWeb
テスラ、Model 3、Model Yに補助金サポートを実施 Model Yは新ボディーカラー追加とチップ性能が5倍に
テスラ、Model 3、Model Yに補助金サポートを実施 Model Yは新ボディーカラー追加とチップ性能が5倍に
月刊自家用車WEB
エクステリアをリフレッシュ、一充電走行距離もたっぷりと!メルセデス・ベンツ日本、新型「EQA」を発売!
エクステリアをリフレッシュ、一充電走行距離もたっぷりと!メルセデス・ベンツ日本、新型「EQA」を発売!
LE VOLANT CARSMEET WEB
都市部の入り組んだ細い道を素早く移動するパルクールのような電動モビリティ! 新型「BMW CE 02」が登場でいまなら10万円キャッシュバックのチャンスあり
都市部の入り組んだ細い道を素早く移動するパルクールのような電動モビリティ! 新型「BMW CE 02」が登場でいまなら10万円キャッシュバックのチャンスあり
THE EV TIMES
「日本でいちばん売れている電気自動車」は、2023年度も日産 サクラだった!
「日本でいちばん売れている電気自動車」は、2023年度も日産 サクラだった!
Webモーターマガジン
高性能電動バイク「エネルジカ」は、軽二輪=250ccクラスなのに大型自動二輪免許が必要!?
高性能電動バイク「エネルジカ」は、軽二輪=250ccクラスなのに大型自動二輪免許が必要!?
モーサイ
2年連続の快挙! 日産「サクラ」国内EV販売トップへ 人気のカラーとグレードは?
2年連続の快挙! 日産「サクラ」国内EV販売トップへ 人気のカラーとグレードは?
AUTOCAR JAPAN
新型ホンダN-VAN e_が、今秋発売へ──GQ新着カー
新型ホンダN-VAN e_が、今秋発売へ──GQ新着カー
GQ JAPAN
【写真蔵】モダンMINIの4世代目となる「MINI クーパー」は電気自動車も日本仕様にラインナップ
【写真蔵】モダンMINIの4世代目となる「MINI クーパー」は電気自動車も日本仕様にラインナップ
Webモーターマガジン
ホンダがタイで生産するEV『e:N1』、まずはレンタカー向けに現地販売開始
ホンダがタイで生産するEV『e:N1』、まずはレンタカー向けに現地販売開始
レスポンス
約150万円! トヨタが新型「プロボックス」発表!「商用ライトバン」の“王者”が22年目の進化! ますます「実用性」追求した姿とは
約150万円! トヨタが新型「プロボックス」発表!「商用ライトバン」の“王者”が22年目の進化! ますます「実用性」追求した姿とは
くるまのニュース
クルマに「必要以上」の性能求めるのはなぜ? 本当の "ちょうどいい" はどこにあるか
クルマに「必要以上」の性能求めるのはなぜ? 本当の "ちょうどいい" はどこにあるか
AUTOCAR JAPAN
全長5.3mオーバー! トヨタが新たな「超大型SUV」受注スタート!「めちゃゴツ」ボディでも“低燃費”実現したタフな「ハイブリッド仕様」羅で発表
全長5.3mオーバー! トヨタが新たな「超大型SUV」受注スタート!「めちゃゴツ」ボディでも“低燃費”実現したタフな「ハイブリッド仕様」羅で発表
くるまのニュース
「330i」を思い出すスムーズ加速 BMW iX1 eドライブ20へ試乗 割高感は否めない
「330i」を思い出すスムーズ加速 BMW iX1 eドライブ20へ試乗 割高感は否めない
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

24件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

413.0838.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

139.9350.0万円

中古車を検索
テーマの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

413.0838.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

139.9350.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村