現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 軽ワンボックスボディに「7人乗り」!? 極小すぎ!「シエンタ」よりもミニマムな国産「超コンパクトミニバン」4選

ここから本文です

軽ワンボックスボディに「7人乗り」!? 極小すぎ!「シエンタ」よりもミニマムな国産「超コンパクトミニバン」4選

掲載 19
軽ワンボックスボディに「7人乗り」!? 極小すぎ!「シエンタ」よりもミニマムな国産「超コンパクトミニバン」4選

■極小すぎでしょ! 小さいボディに3列シートを成立させたコンパクトミニバン

 トヨタ「シエンタ」やホンダ「フリード」など、コンパクトなボディに3列シートを備えたミニバンは、取り回しの良さ・使い勝手の良さから、好調な販売を記録しています。
 
 しかしこの市場が形成されるより前に、3列シートの小さなミニバンの中には、軽自動車のボディをベースにした極小モデルが存在したのをご存知ですか。

【画像】こんなに小さいのに3列シート!? 「極小ミニバン」4モデルを写真で見る(11枚)

●コンパクトミニバンの先駆け! スバル「ドミンゴ」

 国産超コンパクトミニバンの先駆けが、スバル「ドミンゴ」です。

 スバルの軽商用車、4代目「サンバー」のバンモデル「サンバートライ」に、当時のコンパクトカー「ジャスティ」用1リッター3気筒エンジンを搭載して1983年に登場しました。1986年から排気量を1.2リッターに変更しています。

 バンパーの大型化やモール類の装着で軽自動車規格(当時は全幅3.3m×全幅1.4m以内)をオーバーしていましたが、ボディそのものは「サンバートライ」と同一でした。

 そのため非常にコンパクトでしたが、3列シートで2+2+3の配置での7人乗車を可能とするパッケージングを成立させています。

 そんなドミンゴは、1980年代において唯一の1リッタークラスのワンボックスワゴンでした。

 スバルお得意の4WDによって悪路走破性や登坂力も高く、当時旺盛だったレジャー需要や、狭あい路の奥にあるような宿泊施設の送迎用など一定の需要を満たすことに成功しました。

 そして1994年に2代目へフルモデルチェンジ。ベースの5代目サンバーと同じくスクエアなボディによって居住性を改善したほか、トランスミッションにCVTも設定して、マニュアル車のみという初代の欠点を解消しました。

 1996年には、ルーフが上昇してベッドスペースを生み出せる「アラジン」も追加されています。

 いまブームとなっている車中泊仕様の先駆け的存在といえます。

●スズキは「エブリイ」をベースに3列シートのミニバンを開発

 2代目ドミンゴは1999年に販売を終えましたが、同年、1リッタークラスの3列シートモデルとして、スズキが「エブリイ+(プラス)」をリリースしました。

 4代目からセミキャブオーバーのミニバンスタイルとなった軽ワンボックスワゴン「エブリイ」がベースで、エンジンは、1.3リッター直4エンジンに換装されていました。

 エブリイプラスは、エブリイに比べ車体外寸が全長280mm、全幅30mmとそれぞれ大きくなりましたが、長さはフロント部の延長、幅に関してもホイールアーチを広げて生まれた数値のため、ホイールベースや室内幅自体は軽のエブリイと同じです。

 しかし7人乗りができることはアドバンテージで、コンパクトなミニバンとして重宝されました。なお2001年のマイナーチェンジでは、車名を「エブリイランディ」に変更しています。

 ところでエブリイプラスは、スズキのインド法人「マルチ・スズキ」により、2010年から「イーコ(EECO)」として販売され、高い人気を誇っています。

 イーコでは商用バンモデルも用意しており、2023年2月23日には、累計販売台数1000万台を突破したことをマルチ・スズキが発表しました。

●トヨタでも軽自動車ベースのコンパクトミニバンを売っていた!?

 スズキのライバルであるダイハツも、2000年に「アトレー7(セブン)」を発売しています。

 こちらもその名前から想像できる通り、同社の軽ワンボックスワゴン「アトレー(4代目)」に1.3リッター直列4気筒エンジンを載せ、7人乗りとしたモデル。

 ボディの幅自体はアトレーと同じで、数値拡大分が付加部品(モール)によるのはエブリイプラスの手法と同じですが、アトレー7では、リアタイヤから後ろを延長する方法で車内空間を広げており、特筆に値します。

 それに応じてフロントバンパーも大きく造形され、アトレーよりも力強いイメージを得ていました。

 またアトレー7では、軽自動車をベースとした1リッタークラスワゴンで唯一、商用モデルの「ハイゼットグランカーゴ」を用意しており、イギリスにも「エクストール(Extol)」という名前で輸出を行っていました。

 さらにアトレー7は、トヨタでも「スパーキー」として販売。トヨタでは最小クラスのミニバンでしたが、価格設定がアトレー7よりも高額だったこともあり、販売は苦戦しました。

●三菱の「タウンボックスワイド」は6人乗り!

 三菱も、軽ワンボックスワゴン「タウンボックス」に1.1リッター直列4気筒エンジンを搭載、ボンネットの延長・オーバーフェンダーの採用で車体サイズを大きくした「タウンボックスワイド」をカタログに載せていました。

 1999年に発売された同車は、7人乗りではなく2+2+2の6人乗り。しかも3列目は跳ね上げ式で、かつ観光バスの補助席のようなつくりと、実質的には緊急用ともいえる仕様のため、エブリイプラスやアトレー7と比べると、やや商品力の低さは否めませんでした。

 このように3メーカーから揃った、軽自動車ベースの1リッタークラスミニバン。

 しかしエブリイプラスは6年、アトレー7は3年、タウンボックスワイドに至ってはわずか2年しか販売されず、しかも、いずれにも後継モデルは現れていません。

 これは、軽自動車ベースのため室内空間・走行性能に限界があったことと、1990年代末からトヨタ「カローラ スパシオ」「シエンタ」など、小型車ベースの3列シートモデルが続々と誕生しはじめたためです。

 生産が終わって20年ほど過ぎたジャンルですが、狭い街中でも扱いやすい超ミニマムな3列シートミニバンとしての魅力があるのも確か。今後、同様なモデルが登場することを密かに期待したいところです。

こんな記事も読まれています

新型「旧車風ミニバン」実車公開! 斬新2トーンがカッコイイ「新型ワーゲンバス」国内登場へ VW専門店が「IDバズ」を披露
新型「旧車風ミニバン」実車公開! 斬新2トーンがカッコイイ「新型ワーゲンバス」国内登場へ VW専門店が「IDバズ」を披露
くるまのニュース
1980年代にヒットした日本のFFファミリーカー3選
1980年代にヒットした日本のFFファミリーカー3選
GQ JAPAN
神奈川キャンピングカーフェア、川崎競馬場に130台が集結 4月20-21日
神奈川キャンピングカーフェア、川崎競馬場に130台が集結 4月20-21日
レスポンス
女性のためのキャンピングカー「ノマドラックス」誕生!5月3日、町田で初披露!
女性のためのキャンピングカー「ノマドラックス」誕生!5月3日、町田で初披露!
グーネット
70年以上かけて育んできたロータスらしさとは──新型エミーラ試乗記
70年以上かけて育んできたロータスらしさとは──新型エミーラ試乗記
GQ JAPAN
ヤマハ『トレーサー9 GT+』の先進技術を試乗で体感、5月よりYSPキャラバン 車種拡大も
ヤマハ『トレーサー9 GT+』の先進技術を試乗で体感、5月よりYSPキャラバン 車種拡大も
レスポンス
5速MT搭載! 日産が「4ドアコンパクトセダン」を実車展示! めちゃスポーティな“画期的モデル”が登場! 隠れ名車「プリメーラ」を披露
5速MT搭載! 日産が「4ドアコンパクトセダン」を実車展示! めちゃスポーティな“画期的モデル”が登場! 隠れ名車「プリメーラ」を披露
くるまのニュース
世界のトタルエナジーズが100周年! クリーンエネルギーを軸に次の100年へ
世界のトタルエナジーズが100周年! クリーンエネルギーを軸に次の100年へ
driver@web
【2024年版】ポルシェ 911 VS ポルシェ ボクスターを徹底比較
【2024年版】ポルシェ 911 VS ポルシェ ボクスターを徹底比較
グーネット
スズキ、『Vストローム250』の2024年モデルを発表。価格を改定し4月17日に発売開始
スズキ、『Vストローム250』の2024年モデルを発表。価格を改定し4月17日に発売開始
AUTOSPORT web
日産サクラがEV販売ナンバー1を獲得。ユーザーが気に入っている点は?
日産サクラがEV販売ナンバー1を獲得。ユーザーが気に入っている点は?
driver@web
標的は愛車?! ライフル型高圧洗浄機がクラファンで販売開始
標的は愛車?! ライフル型高圧洗浄機がクラファンで販売開始
レスポンス
ホンダ「ベンリイ」のルーツは1950年代!? 125ccでも免許不要で乗れる「便利」なバイクだった
ホンダ「ベンリイ」のルーツは1950年代!? 125ccでも免許不要で乗れる「便利」なバイクだった
バイクのニュース
【北京モーターショー2024】日産 中国市場向けのNEVに位置付けられるコンセプトカーを複数出展
【北京モーターショー2024】日産 中国市場向けのNEVに位置付けられるコンセプトカーを複数出展
Auto Prove
F1マシン、かくあるべし。空力の鬼才エイドリアン・ニューウェイが語る理想と現実|インタビュー
F1マシン、かくあるべし。空力の鬼才エイドリアン・ニューウェイが語る理想と現実|インタビュー
motorsport.com 日本版
RBコラム:幸運にも恵まれ、鈴鹿で大きな意味を持つ10位入賞。エンジニアリングの課題を解決すべく組織改革も進む
RBコラム:幸運にも恵まれ、鈴鹿で大きな意味を持つ10位入賞。エンジニアリングの課題を解決すべく組織改革も進む
AUTOSPORT web
めちゃ“黒い”トヨタ「ハイエース」登場! もはや「スーパーカー」!? 突き出し顔&斬新マフラーの“クセ強”1BOXバンがカッコ良すぎた!
めちゃ“黒い”トヨタ「ハイエース」登場! もはや「スーパーカー」!? 突き出し顔&斬新マフラーの“クセ強”1BOXバンがカッコ良すぎた!
くるまのニュース
「チッピング」「テアー」「ピンチカット」の意味わかる? タイヤはナマモノ、キズだけでなく賞味期限で交換しましょう
「チッピング」「テアー」「ピンチカット」の意味わかる? タイヤはナマモノ、キズだけでなく賞味期限で交換しましょう
Auto Messe Web

みんなのコメント

19件
  • 近所のお爺さんが2代目ドミンゴをいまだに大事に乗っていらっしゃる。老人会で使用なのか、定員いっぱいのご老人7人を乗せて走り去る姿は圧巻だ!
  • ドミンゴの面白い所はフロントタイヤの接地感が無くなる様な加速。初めて乗った時、にやついてしまった。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村