現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ新型「カローラクロス」登場! “全面刷新”の「新エンジン」に反響多数! 進化した「大人気モデル」に寄せられた評価とは

ここから本文です

トヨタ新型「カローラクロス」登場! “全面刷新”の「新エンジン」に反響多数! 進化した「大人気モデル」に寄せられた評価とは

掲載 12
トヨタ新型「カローラクロス」登場! “全面刷新”の「新エンジン」に反響多数! 進化した「大人気モデル」に寄せられた評価とは

■改良した新型「カローラクロス」、どう思った?

 トヨタは2023年10月18日、コンパクトSUV「カローラクロス」に一部改良を行い販売を開始しました。
 
 この改良された新型カローラクロスについて、SNSなどでは一体どのような評価が見られるのでしょうか。

【画像】カッコいい! これが進化した新型「カローラクロス」です(60枚)

 カローラクロスは、1966年から続く「カローラ」シリーズのコンパクトSUV。

 海外市場でも販売されているグローバルモデルのひとつで、2021年9月には日本でも販売がスタートしました。

 ボディサイズは全長4490mm×全幅1825mm×1620mmと、カローラシリーズの一員に相応しい使い勝手の良いサイズ感が特徴です。

 デザインは都会的で伸びやかなプロポーションと、SUVらしいワイドなボディを組み合わせた、活動的かつ安定感のあるスタイルで、どのようなシチュエーションにも違和感なく溶け込めるスタイリングも同車ならではの魅力といえます。

 この一部改良が発表された新型カローラクロスは、パワーユニットや安全性能などにおいて大きく進化。

 ハイブリッド車は、搭載する1.8リッターエンジンとハイブリッドシステムに関わる電動モジュールを刷新し、さらなる低燃費と高出力を実現しました。

 さらに大きく変化したのはガソリンエンジン搭載モデルで、従来採用されていた1.8リッターエンジンは廃止。よりパワフルな最高出力170馬力・最大トルク20.6kgf・mを発揮する2リッターエンジンを新たに搭載しています。

 そのほか、先進安全機能のトヨタセーフティセンスの機能も拡大し、ドライバーのステアリングおよびブレーキ操作をサポートする「プロアクティブドライビングアシスト」を新採用。プリクラッシュセーフティ機能も向上し交差点右折時の対向直進車および右左折時の対向方向からの横断歩行者も検知機能が追加されました。

 さらに10.5インチの大画面ディスプレイと車内Wi-Fiを新設定。メーターパネルはフル液晶になり、Zグレードにはより大型の12.3インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイを標準装備しています。

 一部改良によってボディカラーのラインナップも刷新され、新色の「マッシブグレー」を含む8色を設定したほか、ハイブリッド車にはツートンカラー仕様も3タイプ追加されています。

 この新型カローラクロスの車両価格(消費税込)は、218万4000円から345万9000円です。

※ ※ ※

 一部改良を受けた新型カローラクロスについてSNSなどでは、「新型買います!」「エンジンがパワーアップしたのは嬉しいニュース」「カローラクロスのサイズ感はマジでちょうど良いよ」など、好感をもって受け止めた声が多く見られます。

 また、「カローラクロスとカローラスポーツに2リッターエンジンを追加したなら、カローラツーリングにも採用してほしい」「ハイブリッドのエンジンも2リッターにして欲しかった…」「ハイブリッドはバランス良く燃費も良いエンジンだけどもう一歩パワーが欲しいんだよなぁ」といった、ハイブリッド仕様や他のカローラシリーズにも新しい2リッターエンジンを展開して欲しいといった投稿も。

 そのほか、「フェイスデザインも変えて欲しいな」「ノーマルの顔は大人しくてちょっと物足りないね。モデリスタのエアロを付けるとまったく違う顔つきになってストライクなんだけど」と、内部の改良とともに外装デザインにも変化を求めるコメントも少なからず見られました。

こんな記事も読まれています

王者トヨタ、開幕戦ではポイント獲得すら困難?「どう見てもポルシェは速い」と小林可夢偉
王者トヨタ、開幕戦ではポイント獲得すら困難?「どう見てもポルシェは速い」と小林可夢偉
AUTOSPORT web
OVER DRIVEが2024年スーパー耐久参戦体制を発表。2台のロードスターで王者を目指す
OVER DRIVEが2024年スーパー耐久参戦体制を発表。2台のロードスターで王者を目指す
AUTOSPORT web
誰もが憧れるモータースポーツの最高峰。24戦の過去最大レース数と究極のコンペティション【2024年F1をイチから学ぶ】
誰もが憧れるモータースポーツの最高峰。24戦の過去最大レース数と究極のコンペティション【2024年F1をイチから学ぶ】
AUTOSPORT web
新型ヴェルファイアはスポーツカー並の走り!! トヨタってマジでスゴいのよ!! 常に疑問を投げかける意識がマジで脱帽モノ
新型ヴェルファイアはスポーツカー並の走り!! トヨタってマジでスゴいのよ!! 常に疑問を投げかける意識がマジで脱帽モノ
ベストカーWeb
うっかり通っちゃったけど違反? おじさんはイマイチよくわからん! 右折時の信号手前にあるゼブラゾーンっていったい何?
うっかり通っちゃったけど違反? おじさんはイマイチよくわからん! 右折時の信号手前にあるゼブラゾーンっていったい何?
ベストカーWeb
クライスラー「PTクルーザー」好きが高じてターボからNAに乗り継いだ! 発売から20年以上、そろそろメンテナンスにお金がかかりそう…!?
クライスラー「PTクルーザー」好きが高じてターボからNAに乗り継いだ! 発売から20年以上、そろそろメンテナンスにお金がかかりそう…!?
Auto Messe Web
“世界のNSX-GT”をハイクオリティに再現!オトナのためのトミカ新シリーズ誕生!
“世界のNSX-GT”をハイクオリティに再現!オトナのためのトミカ新シリーズ誕生!
グーネット
ロイヤルエンフィールド、アドベンチャーツアラー新型ヒマラヤ450を発表
ロイヤルエンフィールド、アドベンチャーツアラー新型ヒマラヤ450を発表
AUTOSPORT web
クシュ・マイニがF2開幕戦のポールポジション。デビュー戦の宮田莉朋は6番手|F2バーレーン
クシュ・マイニがF2開幕戦のポールポジション。デビュー戦の宮田莉朋は6番手|F2バーレーン
motorsport.com 日本版
プジョー 新型「508」発売 フロントデザイン一新 3本爪のシグネチャーランプ採用
プジョー 新型「508」発売 フロントデザイン一新 3本爪のシグネチャーランプ採用
グーネット
ホンダ、2024年夏発売予定の『CR-V』燃料電池車を世界初公開。充電可能なプラグインFCEV
ホンダ、2024年夏発売予定の『CR-V』燃料電池車を世界初公開。充電可能なプラグインFCEV
AUTOSPORT web
レクサス「NX」アウトドアテイストアップ!新モデル「オーバートレイル」追加
レクサス「NX」アウトドアテイストアップ!新モデル「オーバートレイル」追加
グーネット
ヤマハ、原付二種スクーター『JOG125』2024年モデルを発表。ライトブルーとレッドの新色を追加
ヤマハ、原付二種スクーター『JOG125』2024年モデルを発表。ライトブルーとレッドの新色を追加
AUTOSPORT web
【RQ決定情報2024】スーパーGTとスーパーフォーミュラに登場の「リアライズガールズ」が発表
【RQ決定情報2024】スーパーGTとスーパーフォーミュラに登場の「リアライズガールズ」が発表
AUTOSPORT web
最大の強みはインテリア! プジョー3008 ハイブリッド136へ試乗 シートへ座れば魅力を実感
最大の強みはインテリア! プジョー3008 ハイブリッド136へ試乗 シートへ座れば魅力を実感
AUTOCAR JAPAN
ぺぺ・オリオラが新チーム統括。ホンダ系チームとして2台体制で新生FIA TCR ワールドツアー参戦へ
ぺぺ・オリオラが新チーム統括。ホンダ系チームとして2台体制で新生FIA TCR ワールドツアー参戦へ
AUTOSPORT web
リカルド、好調のRBを警戒するライバルの声に「バーレーンGPが終われば、少し落ち着くだろう」
リカルド、好調のRBを警戒するライバルの声に「バーレーンGPが終われば、少し落ち着くだろう」
motorsport.com 日本版
Team Étoile、渡辺一樹を海外3戦で起用、第1戦ル・マンに奥田教介が代役、第4は川崎祥吾。大久保と亀井で計5人体制/EWC
Team Étoile、渡辺一樹を海外3戦で起用、第1戦ル・マンに奥田教介が代役、第4は川崎祥吾。大久保と亀井で計5人体制/EWC
AUTOSPORT web

みんなのコメント

12件
  • m_k********
    なんにせよ"カローラ"の屋号を守り続けているトヨタは大したものだ
  • y81********
    カローラも1800mm超えてたの、クラウンの幅が1800mm超えちゃったとか言ってますが、車格下がみんな超えてますよね。そんなに幅必要か?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

218.4290.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

187.7416.0万円

中古車を検索
カローラクロスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

218.4290.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

187.7416.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村