現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ボルボ EX30の販売が11月22日にスタート、利便性の高いオンラインで

ここから本文です

ボルボ EX30の販売が11月22日にスタート、利便性の高いオンラインで

掲載
ボルボ EX30の販売が11月22日にスタート、利便性の高いオンラインで

2023年11月22日、ボルボ・カー・ジャパンは8月に日本導入を発表したコンパクトSUVの電気自動車「EX30」の購入専用サイトをオープンした。10月から300台限定でサブスクリプションサービスでの注文受け付けが始められていたが、いよいよオンラインでの販売が開始されることになった。

ボルボ史上最もコンパクトなSUV
「EX30」はボルボ史上最もコンパクトなSUVと謳われる新型電気自動車(BEV)。ボディサイズは全長×全幅×全高=4235×1835×1550mmで、「XC40リチャージ」よりも205mm短く、100mm低い。車高が抑えられているため多くの機械式駐車場に対応できるのがポイントで、2650mmという長めのホイールベースを確保することで、ゆとりある車内空間を実現した。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

外観では、おなじみの“トールハンマー”型ヘッドランプやグリルレスのフロントフェイス、2段重ねのリアランプが特徴的で、インテリアには、スイッチや計器を極力廃したシンプルなデザインが採用されている。

パワートレーンはリアにモーター(最高出力272ps/最大トルク343Nm)を搭載する後輪駆動で、容量69kWhの駆動用バッテリーにより、約480kmの航続可能距離(欧州仕様/WLTP)を実現する。

リサイクル素材や再生可能素材を使用するなど、サステナビリティに配慮したモデルとしても知られ、北欧の自然を感じさせる電気自動車という点でも注目が集まっている。

この「EX30」は、日本導入第1弾として、10月2日に100台(ボディカラー:モスイエロー)が、第2弾として10月16日に200台(ボディカラー:クラウドブルー)がまずサブスクリプションで販売された。

サブスクリプションの料金は申込金や頭金不要の月額9万5000円で、この中には車両保険付きの任意自動車保険や通常のメンテナンスプログラム、登録時の諸費用と契約期間中の税金も含まれている(利用期間は24カ月までで、月間走行距離は1000kmまで)。

オンラインで仕様選定から支払いまでスムーズに
今回オンライン販売されることになった「EX30」は、専用サイト(https://www.volvocars.com/jp/shop/)で仕様選定から、見積り、契約および車両代金の支払いまでを行うことができるのが特徴。

車両価格は559万円(消費税込み)で、オンライン販売の導入により、より透明性や利便性の高いプロセスでEVの購入が可能になる。

オンライン販売では、ボルボ・カスタマーリレーションセンター(CRC)がオンラインでの購入体験をサポート。9:00~18:00まで、年中無休で対応する。また、ディーラーでは、試乗、現有車の査定、アクセサリーの提案、登録や納車、購入後のアフターサービスを提供し、オンラインでの購入体験と車の使用がスムーズに行われるようサポートする。

11月22日よりオンラインでの販売を開始し、デリバリーは2024年2月から順次行われる。

ボルボ EX30  主要諸元
●全長×全幅×全高:4235×1835×1550mm
●ホイールベース:2650mm
●車両重量:1830kg
●モーター:永久磁石同期電動機
●モーター最高出力:200kW(272ps)
●モーター最大トルク:343Nm
●バッテリー総電力量:69.0kWh
●WLTPモード航続距離:480km
●駆動方式:RWD●車両価格:559万円(税込み)

[ アルバム : ボルボ EX30 はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

免許の「更新講習」がオンライン化! 「ゴールド免許」以外でも対象、エリアは? 反響は? 24年末にエリア拡大へ
免許の「更新講習」がオンライン化! 「ゴールド免許」以外でも対象、エリアは? 反響は? 24年末にエリア拡大へ
くるまのニュース
お尻が痛い!バイクのシートを交換する方法とは
お尻が痛い!バイクのシートを交換する方法とは
バイクのニュース
アメリカで拡大目指すMotoGP、NASCARとの協力で『Win-Win』間違いない? トラックハウスの現役ドライバー期待
アメリカで拡大目指すMotoGP、NASCARとの協力で『Win-Win』間違いない? トラックハウスの現役ドライバー期待
motorsport.com 日本版
三菱ふそうが苦肉の策、工場の従業員を“出稼ぎ”でバスの運転手に[新聞ウォッチ]
三菱ふそうが苦肉の策、工場の従業員を“出稼ぎ”でバスの運転手に[新聞ウォッチ]
レスポンス
「美ら海水族館」直結のバイパス道路が実現へ!? 名護東道路「本部延伸」いよいよ概略ルート決定へ 那覇から”信号ゼロ”アクセス図る
「美ら海水族館」直結のバイパス道路が実現へ!? 名護東道路「本部延伸」いよいよ概略ルート決定へ 那覇から”信号ゼロ”アクセス図る
くるまのニュース
アプリリア「RSV4 Factory/トゥオーノV4 Factory」特別仕様車「SE-09 SBK」発表
アプリリア「RSV4 Factory/トゥオーノV4 Factory」特別仕様車「SE-09 SBK」発表
バイクのニュース
マツダの新型セダン、ティザー…間もなく中国で実車発表へ
マツダの新型セダン、ティザー…間もなく中国で実車発表へ
レスポンス
あっと驚く5000万円車もあった! かと思えば200万円台が最高のメーカーも! 日本車の各ブランド「最高額車」を調べてみた
あっと驚く5000万円車もあった! かと思えば200万円台が最高のメーカーも! 日本車の各ブランド「最高額車」を調べてみた
WEB CARTOP
アルファロメオが新型コンパクトクロスオーバーSUVを初公開。車名は「ミラノ」を予定していたが……
アルファロメオが新型コンパクトクロスオーバーSUVを初公開。車名は「ミラノ」を予定していたが……
カー・アンド・ドライバー
【スタッフ通信】シボレーカマロ ファイナルエディションに乗ったゾっと
【スタッフ通信】シボレーカマロ ファイナルエディションに乗ったゾっと
Auto Prove
ゴルフ、50歳の誕生日おめでとう!8世代にわたるVWゴルフの高みと低み、そして新型VWゴルフ8 GTEへの展望
ゴルフ、50歳の誕生日おめでとう!8世代にわたるVWゴルフの高みと低み、そして新型VWゴルフ8 GTEへの展望
AutoBild Japan
5年ぶり開催中国……いきなりスプリント形式は「賢明なことだね!」フェルスタッペン思わず皮肉
5年ぶり開催中国……いきなりスプリント形式は「賢明なことだね!」フェルスタッペン思わず皮肉
motorsport.com 日本版
なぜ? アルファロメオ『ミラノ』の車名を禁じられる…なら『ジュニア』だ!
なぜ? アルファロメオ『ミラノ』の車名を禁じられる…なら『ジュニア』だ!
レスポンス
日産サクラの売れ行きを見れば日本でBEVが売れないなんてことはない! ただし大ヒットの裏で必要な「次の一手」とは
日産サクラの売れ行きを見れば日本でBEVが売れないなんてことはない! ただし大ヒットの裏で必要な「次の一手」とは
WEB CARTOP
東京・北区のコミュニティーバスに乗って、B級グルメ「区役所カレー」を食べに行ったら絶品だった件
東京・北区のコミュニティーバスに乗って、B級グルメ「区役所カレー」を食べに行ったら絶品だった件
Merkmal
ホンダが新型「CBR650R」を6/13に発売! 新技術Eクラッチ仕様車にはグランプリレッドも
ホンダが新型「CBR650R」を6/13に発売! 新技術Eクラッチ仕様車にはグランプリレッドも
WEBヤングマシン
スズキ新型「ジムニー」発売!何が変わった? 約2年ぶり刷新のカクカクSUV… 165万円から、反響は?
スズキ新型「ジムニー」発売!何が変わった? 約2年ぶり刷新のカクカクSUV… 165万円から、反響は?
くるまのニュース
ホンダ「レブル250」をアドベンチャーに! コンプリート車両「VESGRIDE-hygge」登場
ホンダ「レブル250」をアドベンチャーに! コンプリート車両「VESGRIDE-hygge」登場
バイクのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

139.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.989.9万円

中古車を検索
Kの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

139.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.989.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村