サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型登場でもう一度おさらい! 限定車「BRZ tS」が魅せた「強靭でしなやかな走り」の秘密

ここから本文です

新型登場でもう一度おさらい! 限定車「BRZ tS」が魅せた「強靭でしなやかな走り」の秘密

2度にわたり発売された人気が高いBRZ tS

 新型スバルBRZの国内仕様が発表となり、いよいよ2世代目へのカウントダウンが始まった。2代目BRZへの期待が高まるのは初代の完成度が高く、多くのスポーツカー好きやクルマ好きを虜にしたからに他ならない。そんな初代モデルの中でも、さまざまな特別仕様車や限定車が設定された。とくに2013年と2015年の2度にわたり発売されたBRZ tSは、STIが手掛けるコンプリートカーとして今でも人気が高いモデルだ。

新型BRZに早くも「tS」登場? 「STIパフォーマンスパーツ」装着車の詳細に迫る

そもそも「tS」とはどういう意味?

 初代BRZはスバルの市販車としては初のFRモデル(試作車ではP-1というモデルが存在)ということでも注目が集まった。BRZ tSはSTIが初めて手掛けるFRコンプリートカーとして登場したが、AWDで培ったモータースポーツでのノウハウはコンプリートカーにも活かされ、その走りの質感には多くのスバルオーナーがこれまで体感したことのないコーナリングの気持ちよさがあり、高い評価を得た。

 ちなみにtSとは、スバルのモータースポーツやスポーツパーツ、コンプリートカー開発を手掛けるSTIが仕立てるコンプリートカーシリーズのひとつ。足まわりや内外装はもちろん、エンジンやミッション(モデルにより異なる)までも手が入る最高峰の「S」シリーズ(Rシリーズを含む)に対し、足まわりや内外装を中心とした走りの基本性能を磨いたモデルが「tS」だ。MTのみの設定となるSシリーズに対し、tSはMTのほかATやCVT、アイサイト装着車までも存在する。

パワーは据え置きで「コーナリング性能」を高めた内容

 2013年にデビューしたBRZ tSは、500台限定で発売された。そのうちの250台を“GTパッケージ”と呼ばれる「tS」にさらに磨きをかけたモデルとして設定した。STIの提唱する強靭でしなやかな走りを実現するため、さまざまな専用装備がおごられた。

 ベースとなるBRZに、サスペンション、ブレーキ、およびシャーシにSTI独自の仕様装備を施している。具体的には17インチbremboブレーキシステムやSTIオリジナルの大径ドライブシャフトなどを採用。サーキットをはじめ、過酷な条件下でも安心して止まれるブレーキ性能、FR車の要ともいえるドライブシャフトの大径化、これにより、FRならではの後輪が路面を蹴り出すトルク感を存分に味わうことができる。

 もちろんシャーシ系にも専用チューニングが施され、前後専用ダンパーと専用コイルスプリングを採用。ミシュラン製タイヤ「パイロットスーパースポーツ」をはじめ、フレキシブルタワーバーフロント、フレキシブルドロースティフナーフロント、さらにピロボールブッシュ付きリヤサスペンションリンクなどを装着。

 STIの調律により、タイヤが1回転しただけで、そのしなやかな動きを多くの人が体感できるほどだ。ほかにも専用チューニングのVDC(ビークルダイナミクスコントロール)や、サウンドクリエータ®専用のフィルターチューニングによるエンジン吸気音の質感向上など、感性領域に訴える味付けも付加することで、走る楽しさとオーナーの所有する満足度も高まった。

 エクステリアでは専用フェンダーガーニッシュが添えられるほか、STI製フロントアンダースポイラーやSTI製18インチアルミホイールなどtSの走りを際立たせる専用アイテムも充実している。

よりスポーティな「GTパッケージ」も設定

 ちなみに、GTパッケージは角度2段調整式のSTI製ドライカーボン大型スポイラーやレカロ製バケットタイプフロントシートを装備。

 このGTパッケージに装着されるレカロシートは市販バージョンのレカロスポーツスターと形状こそ同じであるが、グレーパンチングのアルカンターラとグレーの本革のコンビとした表皮に加え、サイドエアバッグまでも装備される専用品だ。たとえ限定車と言えど、STIが手掛けるモデルだけに、安全性を犠牲にすることなくスポーツドライブを楽しめるのだ。

2015年モデルはより「引き締まった乗り味」へ進化

 そして、この2013年モデルのBRZ tS登場から2年後の2015年には、アプライドモデルD型と呼ばれる3回の年次改良を受け進化したBRZをベースとしたモデルが登場。2015年モデルでは限定台数は300台となり、パッケージオプションの設定を廃したグレードとして発表された。

 ベースモデルが電動パワーステアリングの特性変更や車体の一部剛性向上などにより進化、熟成され元々のポテンシャルが向上されている。基本的な装備は2013年モデルと同じでありながら、細部の変更により引き締まった乗り味へと進化。

 ステアリングを切り込んだ瞬間フロントが向きを変え、リヤも遅れなくその動きに追従してくれる。2013年モデルでもその気持ちの良いコーナリングに舌を巻いたが、2015年モデルでは応答性の面でさらに磨きをかけたチューニングが施されていた。

 これにはベースモデルの進化もさることながら、装備されているアイテムの変化も影響している。具体的にはサスペンションはダンパーがショーワ製からビルシュタイン製へ変更されたほか、ストラットタワーをつなぐフレキシブルタワーバーから、バルクヘッドとストラットタワーをつなぐ、フレキシブルVバーへの変更があり、生み出されるものだった。

15モデルは専用色「サンライズイエロー」を限定で用意

 エクステリアは2013年モデルに準じているが、設定されているボディカラーにtS専用色としてサンライズイエローを100台限定で用意。またGTパッケージに設定されていたドライカーボン製の大型リヤウイングがオプション設定となった。レカロシートは欲しいけど、大型ウイングは不要という大人のスポーツクーペの佇まいを演出することも可能だ。

 BRZ tSは初代モデルの前期型で2回登場したが、後期型ではカタログモデルのSTI Sportへとその役割をバトンタッチ。いつでも買えるSTIモデルとして人気を博していた。 先日発表となった新型では、まだSTI Sportの設定はアナウンスされていないが、ぜひとも新型にも設定してほしいところ。

 そして、新型のSTI Sportをベースにしたコンプリートカーの登場にも期待が高まる。tSというネーミングが与えられるかは別として、WRX S4 STI Sport#のような究極のSTI Sportの登場を熱望する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します