現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキ ワゴンRが国内累計販売台数500万台を突破!

ここから本文です

スズキ ワゴンRが国内累計販売台数500万台を突破!

掲載 4
スズキ ワゴンRが国内累計販売台数500万台を突破!

2023年12月7日、スズキはワゴンRの累計国内販売台数が500万台を突破したと発表しました。1993年9月の初代発売以来、30年3カ月目で達成しました。スズキのクルマ(4輪車)で、国内累計販売500万台を達成したモデルはワゴンRのほかにはアルトがあります。こちらは37年8カ月目で達成しています。そんなワゴンRを振り返ってみましょう。

軽ワゴンのパイオニア、初代ワゴンR(1993年9月発売)
初代ワゴンRは1993年9月に発売されました。開発コンセプトは「乗る人を最優先し、快適で使い勝手のよいパッケージングを追求」でした。セダンタイプ(ハッチバック)が中心だった軽自動車に、新しく“軽ワゴン”というジャンルを切り拓きました。また、1993年12月には'93-'94 RJCニューカー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

スタイリッシュな外観の2代目ワゴンR(1998年10月発売)
1998年10月には、2代目ワゴンRが登場します。初代を踏襲しつつも、やや丸みを帯びたボディスタイルとなりました。また、4ドア(フロント2枚、リア1枚、リアハッチ)だけでなく、初代ではモデルライフ中盤に追加された5ドア(フロント2枚、リア2枚、リアハッチ)も最初から設定されていました。また2WD車の一部グレードには、当時としてはまだ珍しかったCVTを採用していました。ちなみにこの2代目の販売中にワゴンRは国内累計販売台数100万台を達成ました。

メカニズム面に注目点が多い3代目ワゴンR(2003年9月)
2003年9月、3代目へとスイッチします。こちらのボディは2台目よりもやや角ばったスタイルに変更されました。プラットフォームは新規のものに変更されたほか、フロントサスペンションはスバルとの共同開発されたものを採用し、直噴ターボエンジンを軽自動車としては初めて搭載するなど、メカニカルな面において注目点が多いモデルでした。またその後のワゴンRにおいて人気グレードとなる「スティングレー」が設定されたのもこの3代目でした。なお、この3代目の販売中だった2003年12月は国内累計販売台数200万台を、2008年6月には国内累計販売台数300万台を達成しています。

乗り心地、使い勝手ともに進化した4代目ワゴンR(2008年9月)
2008年9月、4代目ワゴンRが登場します。この世代では目に見えてエクステリアデザインが変わりました。とくにヘッドライトを中心にフロントマスクはスタイリッシュなデザインに変更されました。インテリアでは、3代目までのシフトレバーはコラムシフトだったのに対して、4代目ではインパネシフトを採用した点が大きな変更点です。走行関連では、14インチタイヤを採用して乗り心地と走行性能を高めたほか、CVT車には電子制御スロットルを採用していました。2008年11月には2009年次RJCカーオブザイヤーを受賞しています。

省燃費性能が大幅にアップした5代目ワゴンR(2012年9月)
2012年9月 、5代目ワゴンRが登場します。この世代では今ではすっかりおなじみになったスズキの省燃費技術「エネチャージ」や「エコクール」が採用されました。さらに内外装、パワートレーンをなど車両全体の軽量化に取り組み、最大で約70kgの軽量化を実現しています。これらにより、NA(自然吸気)エンジンの2WD車は28.8km/Lという当時の軽ワゴンではトップの省燃費性能を誇っていました。ちなみにターボエンジン車(2WD)でも26.8km/Lという優れた燃費でした。なお、2013年9月には国内累計販売台数400万台を達成しました。

運転支援システムなどが充実した6代目ワゴンR(2017年2月)
2017年2月 、現行型である6代目ワゴンRが発売されました。この世代からは標準車、カスタム、スティングレーとグレードによって明確に異なるフロントマスクが採用されました。プラットフォームは軽量化と高剛性化を両立した「HEARTECT(ハーテクト)」に変更されたほか、部品単位での軽量化により5代目よりも約20kgもの軽量化が図られてました。さらに単眼カメラと赤外線レーザーレーダーを併用したデュアルセンサーブレーキサポートやヘッドアップディスプレイ(軽自動車では初採用)を採用するなど、あらゆる部分で大幅に近代化されました。また、2019年12月にはNAエンジンが新開発のR06D型に、CVTも新開発のものに換装されています。

いまや日本だけでなく海外でも愛されるワゴンR
このように、ワゴンRは着実に進化を続けることでユーザーの支持を得て、今回の国内累計販売台数500万台を達成しました。そして、ワゴンRはハスラーやワゴンRスマイルといった派生車種のいわば”元ネタ”であります。さらにまたワゴンRのパッケージングやコンセプトはインドをはじめとした海外でも高く支持されています。こういったことを考えると、今後もワゴンRは重要な車種であり続けると同時に、今後も人々に愛され続けることでしょう。

ワゴンRの歴史と国内累計販売台数
1993年9月  初代ワゴンR発売
1993年12月 '93-'94 RJCニューカー・オブ・ザ・イヤー受賞
1998年10月  2代目ワゴンR発売
1999年3月  国内累計販売台数100万台達成
2003年9月  3代目ワゴンR発売
2003年12月  国内累計販売台数200万台達成
2008年6月  国内累計販売台数300万台達成
2008年9月  4代目ワゴンR発売
2008年11月  2009年次 RJCカーオブザイヤー受賞
2012年9月  5代目ワゴンR発売
2013年9月  国内累計販売台数400万台達成
2017年2月  6代目ワゴンR発売
2023年11月 国内累計販売台数500万台達成

[ アルバム : スズキ ワゴンR累計500万台 はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

「レトロデザイン×アウトドア」DAMDらしいデザインを継承した「DAMD HIJET FUZZ」がついに販売開始!
「レトロデザイン×アウトドア」DAMDらしいデザインを継承した「DAMD HIJET FUZZ」がついに販売開始!
くるまのニュース
ショウエイ、『GT-Air3 REALM』『Glamster HEIWA MOTORCYCLE』の新色を2024年5月に発売
ショウエイ、『GT-Air3 REALM』『Glamster HEIWA MOTORCYCLE』の新色を2024年5月に発売
AUTOSPORT web
攻めの姿勢貫く王者レッドブルF1にライバルは驚きと賞賛。マクラーレン代表「あれだけ成功したのにマシン形状を変えるとは」
攻めの姿勢貫く王者レッドブルF1にライバルは驚きと賞賛。マクラーレン代表「あれだけ成功したのにマシン形状を変えるとは」
motorsport.com 日本版
なぜ注目? 可愛いだけじゃない、2人乗り超小型車 「iPad的」な存在価値
なぜ注目? 可愛いだけじゃない、2人乗り超小型車 「iPad的」な存在価値
AUTOCAR JAPAN
トヨタの「新たなクラウン」登場へ! “豪華”オシャレ内装と斬新ハニカムグリルがカッコイイ! 広大トランク採用「シグニア」米国披露に反響
トヨタの「新たなクラウン」登場へ! “豪華”オシャレ内装と斬新ハニカムグリルがカッコイイ! 広大トランク採用「シグニア」米国披露に反響
くるまのニュース
BYD、日本と同じ3車種のEV投入へ…インドネシアモーターショー2024
BYD、日本と同じ3車種のEV投入へ…インドネシアモーターショー2024
レスポンス
442馬力の小型電動SUV ボルボ、新EV「EC40」発表 高性能ソフトウェア追加
442馬力の小型電動SUV ボルボ、新EV「EC40」発表 高性能ソフトウェア追加
AUTOCAR JAPAN
トヨタ「ハイエース」ベースの「Carica」にキャンピングカー仕様が加わった! アルパインスタイルのお洒落な角目4灯スタイルにゾッコンです
トヨタ「ハイエース」ベースの「Carica」にキャンピングカー仕様が加わった! アルパインスタイルのお洒落な角目4灯スタイルにゾッコンです
Auto Messe Web
中上貴晶、昨年から約2秒更新。24年型RC213Vの可能性を実感「数カ月前と比較すると決定的」/カタール公式テスト
中上貴晶、昨年から約2秒更新。24年型RC213Vの可能性を実感「数カ月前と比較すると決定的」/カタール公式テスト
AUTOSPORT web
“不適切にもほどがある”エネオス、女性にセクハラでまたまた子会社会長解任[新聞ウォッチ]
“不適切にもほどがある”エネオス、女性にセクハラでまたまた子会社会長解任[新聞ウォッチ]
レスポンス
キャンプやブッシュクラフトで活躍する耐切創グローブ「LOGOS カットプロテクトグローブ」がロゴスから発売!
キャンプやブッシュクラフトで活躍する耐切創グローブ「LOGOS カットプロテクトグローブ」がロゴスから発売!
バイクブロス
SW モテックの XSR125(24)用カスタムパーツがアクティブから発売!
SW モテックの XSR125(24)用カスタムパーツがアクティブから発売!
バイクブロス
ナップスが新業務形態「ナップスヘルメットパーク」の運営を開始
ナップスが新業務形態「ナップスヘルメットパーク」の運営を開始
バイクブロス
バイクでバス専用レーンを走ってはダメなの?許されるケースとは
バイクでバス専用レーンを走ってはダメなの?許されるケースとは
バイクのニュース
なぜ「猫の交通事故」が多い?「犬」よりはるかに事故に遭いやすい意外な理由とは?
なぜ「猫の交通事故」が多い?「犬」よりはるかに事故に遭いやすい意外な理由とは?
くるまのニュース
日産アトラスの4WDモデルが法規適合に即した仕様変更を実施
日産アトラスの4WDモデルが法規適合に即した仕様変更を実施
カー・アンド・ドライバー
渋滞中も快適!ネット動画や外部入力映像が視聴できるKEIYOのAndoroidTV搭載11.6型スマートリアモニター「AN-M010」
渋滞中も快適!ネット動画や外部入力映像が視聴できるKEIYOのAndoroidTV搭載11.6型スマートリアモニター「AN-M010」
@DIME
もう鈍亀なんて呼ばせない。アストンマーティン、F1セーフティカーを刷新へ。665馬力へ大幅パワーアップ!
もう鈍亀なんて呼ばせない。アストンマーティン、F1セーフティカーを刷新へ。665馬力へ大幅パワーアップ!
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

4件
  • mn5********
    軽の主戦場がスペーシア・タント・Nボのスライドドアになって同じヒンジドアのハスラーも選べる今ワゴンRはやや地味な存在だけどシンプルな分安くてありがたいのです 病院や近所の買い物に必要だけどクルマにかかる費用は抑えたいって人にはアルトとともにいいんじゃないでしょうか
  • 愛飢男
    2代目ワゴンRは、かの巨匠マルチェロ・ガンディーニ氏が日常で愛用していた名車。
    いろんな車に乗ったけど、今はn-vanに乗ってます。
    やはり軽四は日本には最もマッチした車だと思う、ワゴンRはハイトワゴンの先駆者的存在、そりゃ売れる。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

129.5158.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0300.0万円

中古車を検索
ワゴンRの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

129.5158.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0300.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村