現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アウディ 2024年カスタマーレーシングの参戦レース、参戦チーム体制を発表

ここから本文です

アウディ 2024年カスタマーレーシングの参戦レース、参戦チーム体制を発表

掲載
アウディ 2024年カスタマーレーシングの参戦レース、参戦チーム体制を発表

アウディ ジャパンは2024年4月9日、スーパー耐久、GTワールドチャレンジ・アジアに参戦するアウディスポーツのカスタマー・レーシング3チーム/3台の体制を発表した。

2024年度、アウディ ジャパンは、アウディスポーツのカスタマー・レーシング・プログラムにより、スーパー耐久シリーズST-ZクラスにAR8 LMS GT4で参戦する1チーム1台、ST-TCRクラスにRS 3 LMSで参戦する1チーム1台、GTワールドチャレンジ・アジア・シリーズに R8 LMS GT3 Evo2で参戦する1チーム1台の合計3チーム3台のカスタマーチームをサポートする。

フィアット ドブロ1day試乗キャンペーンを実施

・スーパー耐久(ST-Z:GT4、ST-TCR:TCR)
ST-Zクラスは、GT3とTCRの間を埋めるGT4マシンによって争われる。R8 LMS GT4は、市販モデルのR8 クーペと60%以上の構成部品を共有しており、速さはもちろん安全性、耐久性、整備性が高く、コストパフォーマンスに優れている。ST-Zクラスには、スーパー耐久での経験も豊富で好成績を収めてきたTechno Firstが、TECHNO FIRST アウディR8 LMS GT4で参戦する。

スーパー耐久(ST-Z:GT4)参戦チーム
#34 / TECHNO FIRST / TECHNO FIRST Audi R8 LMS GT4
A:加納 政樹、B:大草 りき、C:安田 裕信、D:平安山 良馬

ST-TCRクラスは、FIA国際モータースポーツ競技規則及びWSC世界スポーツコンサルティングよりBOPが発行されているTCR規格車両、及びTCR規格に準ずる車両によって行なわれるレースだ。そのST-TCRクラスには、Audi Team SHOW APEXが エヴァRT初号機 アウディ RS 3 LMSで参戦する。

スーパー耐久(ST-TCR:TCR)参戦チーム
#430 / Audi Team SHOW APEX / エヴァRT初号機 Audi RS 3 LMS
A:藤原 能成、B:霜野 誠友、C:加賀美 綾佑、D:西村 元希、E:田ヶ原 章蔵、F:木村 貴洋

・GTワールドチャレンジ・アジア(GT3)
GTワールドチャレンジ・アジア・シリーズは、FIA国際モータースポーツ競技規則とその付則に準拠した日本自動車連盟(JAF)の国内競技規則の付則に従って行なわれるGT3によるレースだ。2024年は海外を含め7会場14戦、国内では4会場8戦が予定されている。R8 LMS GT3 Evo2で参戦するのは、2023年Amクラスを制したThe Spirit of FFF Racingだ。

GTワールドチャレンジ・アジア参戦チーム
#19 / The Spirit of FFF Racing / Audi R8 LMS GT3 Evo2
濱口 弘 / 大蔵 峰樹

アウディ ジャパンは 2016年からアウディスポーツ・カスタマーレーシング用のパーツトレーラーを全国のサーキットに配備して、レースに参戦するカスタマーチームをサポートしている。2024年も専用のトレーラーにボディ、トランスミッション、エンジンなど、レース車検に適合した約3600アイテム、約1万6000点の部品を積載し、どのようなレース展開にも対応できるように体制を整えて、スーパー耐久、およびGTワールドチャレンジ・アジアに参戦するチームと共にサーキットを転戦する。

この他にアウディスポーツ・プログラムの一環としてアウディ e-tron tour experienceなど、数々のプログラムを継続実施する。こうした様々なアウディスポーツの活動や、RSモデルを通じて、アウディとアウディスポーツの認知の向上、イメージの強化を進めていくことになる。

アウディ 関連記事
アウディ ジャパン 公式サイト

The post アウディ 2024年カスタマーレーシングの参戦レース、参戦チーム体制を発表 first appeared on オートプルーブ - Auto Prove.

こんな記事も読まれています

「最強のマスタング」がポルシェ911の記録に挑む!? ニュル6分台に向け極秘テスト
「最強のマスタング」がポルシェ911の記録に挑む!? ニュル6分台に向け極秘テスト
レスポンス
新型WR-V ロングラン実力判定
新型WR-V ロングラン実力判定
グーネット
スズキ“新”「ハスラー」登場! 斬新「黒すぎ顔」×専用2トーン採用! 上質カーキ内装でめちゃ精悍な「新タフワイルド」 通常モデルとの違いは?
スズキ“新”「ハスラー」登場! 斬新「黒すぎ顔」×専用2トーン採用! 上質カーキ内装でめちゃ精悍な「新タフワイルド」 通常モデルとの違いは?
くるまのニュース
ドゥカティが2台のスクランブラーカスタム「CR24I」「RR24I」を発表 Centro Stile Ducati が新解釈を提案
ドゥカティが2台のスクランブラーカスタム「CR24I」「RR24I」を発表 Centro Stile Ducati が新解釈を提案
バイクのニュース
前後シルバーアクセントでSUV感マシマシに!! 地上高アップで本格派に!? 新型ノートオーテッククロスオーバーが本気のマイチェン
前後シルバーアクセントでSUV感マシマシに!! 地上高アップで本格派に!? 新型ノートオーテッククロスオーバーが本気のマイチェン
ベストカーWeb
【MotoGP】ドゥカティ、ホルヘ・マルティンのファクトリーチーム昇格を決定? 残るはマルク・マルケスの判断に
【MotoGP】ドゥカティ、ホルヘ・マルティンのファクトリーチーム昇格を決定? 残るはマルク・マルケスの判断に
motorsport.com 日本版
[15秒でわかる]ドゥカティ『モンスター・セナ』…世界限定販売、アイルトンを称える
[15秒でわかる]ドゥカティ『モンスター・セナ』…世界限定販売、アイルトンを称える
レスポンス
新型「ポルシェ 911(992.2)」に電動化モデル登場!純電動では走らないハイブリッドシステムを搭載した新型911の全情報!
新型「ポルシェ 911(992.2)」に電動化モデル登場!純電動では走らないハイブリッドシステムを搭載した新型911の全情報!
AutoBild Japan
名神と第二京阪つながる!「京都南ジャンクション」計画に反響多数「今すぐ完成して」交差してるのにランプが無い…京都市中心部がさらに便利に!?
名神と第二京阪つながる!「京都南ジャンクション」計画に反響多数「今すぐ完成して」交差してるのにランプが無い…京都市中心部がさらに便利に!?
くるまのニュース
『ヒャッハー!』系?! ドゥカティが2つのコンセプトモデルを英国バイクシェッドで初公開
『ヒャッハー!』系?! ドゥカティが2つのコンセプトモデルを英国バイクシェッドで初公開
WEBヤングマシン
フロントガラスがないオープンカー!? メルセデスAMG新型「ピュアスピード」初披露 メルセデスの最高級・新ブランド“ミトス”第1弾として登場予定
フロントガラスがないオープンカー!? メルセデスAMG新型「ピュアスピード」初披露 メルセデスの最高級・新ブランド“ミトス”第1弾として登場予定
VAGUE
BMW X1にEVモデルと1.5Lターボの2モデルを追加発売
BMW X1にEVモデルと1.5Lターボの2モデルを追加発売
Auto Prove
中国人は長いのがお好き! セダンだけじゃなくSUVまで「L」が付くクルマが登場する事態
中国人は長いのがお好き! セダンだけじゃなくSUVまで「L」が付くクルマが登場する事態
WEB CARTOP
スズキのゴツすぎ「超本格SUV」がカッコいい!「ジムニー」譲りの“悪路走破性”でアウトドアでも大活躍! 斬新モデル「X-HEAD」に期待大
スズキのゴツすぎ「超本格SUV」がカッコいい!「ジムニー」譲りの“悪路走破性”でアウトドアでも大活躍! 斬新モデル「X-HEAD」に期待大
くるまのニュース
ロイヤルエンフィールド「ヒマラヤ」最新モデル発売 全面刷新したミドルクラスアドベンチャーが登場
ロイヤルエンフィールド「ヒマラヤ」最新モデル発売 全面刷新したミドルクラスアドベンチャーが登場
バイクのニュース
「日本人は高級品への理解深い」 英高級車メーカー・アストンマーチンは日本市場を奪える? F1参戦効果も後押しか
「日本人は高級品への理解深い」 英高級車メーカー・アストンマーチンは日本市場を奪える? F1参戦効果も後押しか
Merkmal
節約&安全を両立! タイヤ・ローテーションと空気圧管理の重要性とは?~Weeklyメンテナンス~
節約&安全を両立! タイヤ・ローテーションと空気圧管理の重要性とは?~Weeklyメンテナンス~
レスポンス
タイトル争いでレッドブルに急接近! しかしフェラーリのバスール代表は兜の緒を締める「最悪なのは、もうやり切ったと思うこと」
タイトル争いでレッドブルに急接近! しかしフェラーリのバスール代表は兜の緒を締める「最悪なのは、もうやり切ったと思うこと」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

935.01358.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

378.0868.0万円

中古車を検索
e-tronの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

935.01358.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

378.0868.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村