サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキ ミニバン「ランディ」を一部仕様変更

ここから本文です

スズキは2020年2月24日、3列シート・8人乗りミニバンの小型乗用車「ランディ」を一部仕様変更し、3月4日から発売すると発表した。なお「ランディ」は日産セレナのOEMモデルだ。

今回の一部仕様変更では、運転支援システムをカメラ+ミリ波レーダーを採用し、後側方衝突防止支援システム(BSI)+後側方車両検知警報(BSW)、車線逸脱防止支援システム、後退時車両検知警報を新たに採用している。

パナソニック 長距離、高精度の距離測定ができる「TOF長距離画像センサー」を開発

このため「ランディ」は、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーSワイド」および、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」に該当する。

おすすめのニュース

サイトトップへ