現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2年落ちでも新車並みってマジか!! カローラクロスの下取り価格がまったく落ちない意外な理由

ここから本文です

2年落ちでも新車並みってマジか!! カローラクロスの下取り価格がまったく落ちない意外な理由

掲載 14
2年落ちでも新車並みってマジか!! カローラクロスの下取り価格がまったく落ちない意外な理由

 数あるトヨタのSUVのなかにおいても、特に人気の高い「カローラクロス」。2023年10月にはデビュー以来初の大改良が行われ、さらに人気に拍車がかかる見込みだ。

 そんなカローラクロスだが、業者向けオートオークションでは、2年落ちの2021年式ハイブリッドモデルが、新車時の価格に近い300万円超で取引されるなど、中古車の相場がかなり高い傾向にある。中古車相場が高いということは、下取り価格も高くなるということ。もちろん人気車はどれもその傾向があるが、2年落ちでも新車並みの価格というのはかなり珍しい。なぜこのようなことになっているのだろうか。

2年落ちでも新車並みってマジか!! カローラクロスの下取り価格がまったく落ちない意外な理由

文:吉川賢一
写真:TOYOTA

もともとコスパのいいカローラクロス

 トヨタ「カローラクロス」のデビュー当時の価格は、エントリーモデルであるガソリンG「X」(2WD)で税込199万円(※)。ハイブリッドでも259万円(G、2WD、※)から購入でき、最上級となるハイブリッドZ(2WD)でも300万円をきる299万円(※)と、カローラクロスは、ハリアーやRAV4に近いボディサイズでありながら、それらよりも30~50万円も安く、コスパが抜群に高いクルマだ(※後述するが、現在は価格が改定され、少し値上がりしている)。

 もちろん近年のトヨタ車らしく、走りのよさや運転のしやすさも素晴らしく、内装も(贅沢をいわなければ)十分に満足いくクオリティ。満足感が得られて、買い得感も高い。「お薦めのSUVは何か?」と問われれば、カローラクロスは必ず候補に挙げるクルマだ。

 しかしながら、不運にもデビューが2021年9月と、コロナ禍真っただ中に登場したことで、少し前までは1年以上という長い納車待ちが発生してしまっていた。そのためか、カローラクロスは、いまでも中古の国内需要が高い傾向にあるのは確かなのだが、カローラクロスの中古車相場が高騰している理由は、ほかにある。

コロナ禍真っただ中に登場したカローラクロス。少し前まで、人気のハイブリッド車は納期1年という悲惨な状況であったが、現在は半年ほどに短縮しているという

[usedcar-search brand_cd="1010" body_cd="5,7" car_cd="10102086" keyword="カローラクロス" limit=30]

高値の理由は、バングラデシュでの人気

 中古車の輸出事情に詳しいクルマ買取り専門店の担当者によると、カローラクロスの中古車市場の高騰の理由は海外需要、特にバングラデシュからの需要が高いためだという。バングラデシュは日本と同じ、左側通行、右ハンドルの国。日本からの中古車がそのまま使用できるため、カローラクロス以外も多くの日本の中古車が輸出られているが、いま一番人気があるのがカローラクロス、ということのようだ。現地にはトヨタディーラーもあり、もちろんカローラクロスもラインアップされているが非常に高価とのこと。日本の中古車は良質なものが多いため、中古車で十分、ということで、人気となっているそうだ。

 ちなみにバングラデシュではこれまでも、トヨタの小型セダン「プレミオ」が大人気になり、日本のプレミオの中古車相場が高騰する、という事象が起きていた。使い勝手の良さ、フォーマルな用途にも使えるセダンとして、現地法人や役所などで大量購入されることがあったという。

 さて、カローラクロスのなかでも、(現地で)特に人気の高いモデルとなっているのがハイブリッドの上級グレードZの2WDだ。冒頭で紹介した通り、11月の業者向けの中古車オークションでは、2021年式の相場がおよそ300万円という高値となっている。相場が高くなるための必須オプションは、パノラマサンルーフ(約10万円のメーカーOP)とのこと。装備のありなしで、相場は20万円以上も開くという。

 サンルーフはほかの海外の国でも人気のオプションなのだが、バングラデシュにおける人気で特徴的なのがボディカラーだ。海外のほかの国では白系や黒系が人気なのだが、レッドマイカやセメントグレー、ブロンズの相場が高いとのこと。前述のプレミオでも、レッドマイカやブラキッシュアゲハ(パール紺)といった濃い色味に人気が集まったそうで、ボディカラー次第で、相場が20~30万円も差がついたという。

バングラデシュで人気のカラーのひとつがセメントグレー(カラー番号1H5)

カーライフコストを下げるならばカローラクロス!!

 2023年10月に行われたカローラクロスの商品改良では、ハイブリッドの電動モジュールを刷新、ガソリンエンジンも1.8Lから2.0Lダイナミックフォースエンジンに変更となったほか、トヨタ セーフティセンスの機能拡大、コネクティッドナビ対応ディスプレイオーディオを設定、Zグレードには12.3インチのTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイを標準装備。また、ボディカラーの新設なども行われている。

 車両価格はエントリーモデルのガソリンG「X」で218.4万円、ハイブリッドのZ(2WD)で325万円と、20万~25万円ほど上昇してしまったが、カローラクロスは、もともとコスパのいいクルマである上に、下取り査定が高額になる期待も持てるクルマ。カローラクロスならば、カーライフコスト(新車価格から下取り金額を差し引いた金額)をかなり下げることができる。ぜひハイブリッドのZグレードを選び、ボディカラーもレッドマイカやセメントグレー、ブロンズを選んだうえで、パノラマルーフも忘れずに付け、お得にカーライフを楽しんでほしい。

ブロンズの人気も高い(カラー番号4V8)。一般的に人気カラーとされるパールホワイトやブラックよりも、中古相場は高くなる傾向がある

こんな記事も読まれています

680馬力「2.0L直4+モーター」搭載! 新型「爆速スポーティSUV」発表! 1000万円超えのGLC発売
680馬力「2.0L直4+モーター」搭載! 新型「爆速スポーティSUV」発表! 1000万円超えのGLC発売
くるまのニュース
ポルシェ新型「パナメーラ」にEハイブリッドモデルが登場! 「4S」はトータル544馬力で最高時速290kmのスーパーセダン
ポルシェ新型「パナメーラ」にEハイブリッドモデルが登場! 「4S」はトータル544馬力で最高時速290kmのスーパーセダン
VAGUE
ハイパーカーの「ポルシェ963」をメンテナンスするポルシェ・ペンスキー・モータースポーツがマンハイムにある最新施設を公開
ハイパーカーの「ポルシェ963」をメンテナンスするポルシェ・ペンスキー・モータースポーツがマンハイムにある最新施設を公開
LE VOLANT CARSMEET WEB
スバル レイバックの最新カスタム初披露…プローバが手がけた「お手本」とは
スバル レイバックの最新カスタム初披露…プローバが手がけた「お手本」とは
driver@web
【スクープ】あのレクサス風クロスオーバーがついに市販化へ!「DS」のフラグシップクーペSUVを初スクープ!
【スクープ】あのレクサス風クロスオーバーがついに市販化へ!「DS」のフラグシップクーペSUVを初スクープ!
LE VOLANT CARSMEET WEB
体育会系の汗臭さ、退散~!タミヤ製「初代NSX」をタイプTかつアキュラ仕様にモディファイ・後編【モデルカーズ】
体育会系の汗臭さ、退散~!タミヤ製「初代NSX」をタイプTかつアキュラ仕様にモディファイ・後編【モデルカーズ】
LE VOLANT CARSMEET WEB
BYDのフル電動SUV『TANG』、改良新型を発表へ…ジュネーブモーターショー2024
BYDのフル電動SUV『TANG』、改良新型を発表へ…ジュネーブモーターショー2024
レスポンス
KINTO、前照灯などRAV4既販車でアップグレード
KINTO、前照灯などRAV4既販車でアップグレード
日刊自動車新聞
トヨタ斬新「商用バン」実車展示! 角目2灯&メッキバンパーが凄い!? 新「PLAY-BOX」とは
トヨタ斬新「商用バン」実車展示! 角目2灯&メッキバンパーが凄い!? 新「PLAY-BOX」とは
くるまのニュース
リアホイールをらくらく脱着できる!「リアホイール脱着サポート」がデイトナから登場
リアホイールをらくらく脱着できる!「リアホイール脱着サポート」がデイトナから登場
バイクブロス
【トライアンフ】「抽選で3名様に、新型DAYTONA 660の2WEEKSモニターのチャンス!」キャンペーンを3/29まで開催中
【トライアンフ】「抽選で3名様に、新型DAYTONA 660の2WEEKSモニターのチャンス!」キャンペーンを3/29まで開催中
バイクブロス
このまま市販化を求む……カムリのレースカーがカッコ良すぎ!! NASCARカップ2024シーズン用「トヨタ カムリXSE」公開
このまま市販化を求む……カムリのレースカーがカッコ良すぎ!! NASCARカップ2024シーズン用「トヨタ カムリXSE」公開
ベストカーWeb
X氏の値引き大作戦 新型アルファード 抽選&値引き難航の連続ピンチ!激闘の6.4万円引き
X氏の値引き大作戦 新型アルファード 抽選&値引き難航の連続ピンチ!激闘の6.4万円引き
グーネット
ハミルトン、新天地フェラーリとの契約交渉で“多様性の推進”を重視「会長との話し合いで優先事項だと伝えた」
ハミルトン、新天地フェラーリとの契約交渉で“多様性の推進”を重視「会長との話し合いで優先事項だと伝えた」
motorsport.com 日本版
海峡閉鎖で遅れていたコンテナがカタールに順次到着開始。チームは月曜の公式テスト開始へ準備進める
海峡閉鎖で遅れていたコンテナがカタールに順次到着開始。チームは月曜の公式テスト開始へ準備進める
AUTOSPORT web
どんだけ秘境!? 車で行けるけど「道が1本しかない県境」とは? 2本あっても難易度MAX!?
どんだけ秘境!? 車で行けるけど「道が1本しかない県境」とは? 2本あっても難易度MAX!?
乗りものニュース
トヨタ新型「“車中泊”軽バン」実車展示! 2トーン&ストライプ内装が「めちゃオシャ」! 軽キャンパー「アルトピアーノミニ」登場
トヨタ新型「“車中泊”軽バン」実車展示! 2トーン&ストライプ内装が「めちゃオシャ」! 軽キャンパー「アルトピアーノミニ」登場
くるまのニュース
ボンネットにシャンパンタワーを載せて走れるか? 中国NIOのフラッグシップEV『ET9』
ボンネットにシャンパンタワーを載せて走れるか? 中国NIOのフラッグシップEV『ET9』
レスポンス

みんなのコメント

14件
  • 葛葉恭次
    プロボックスにカロバンの立ち位置を奪われるも…
    やっと安定のカローラらしさが戻ってきたんですね☆

    安定の大衆車のカローラが。
  • ********
    コスパ最高。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

218.4290.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

199.9416.0万円

中古車を検索
カローラクロスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

218.4290.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

199.9416.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村