サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 812 スーパーファストがベースのフェラーリ最新スペチアーレ! 装いを一新し戦闘力を高めて間もなくデビュー

ここから本文です

812 スーパーファストがベースのフェラーリ最新スペチアーレ! 装いを一新し戦闘力を高めて間もなくデビュー

正式車名は2021年5月5日に発表

フェラーリは「812 スーパーファスト」の限定モデルを2021年5月5日に世界初公開する。正式車名や詳細スペックは発表当日に明らかにされるが、搭載するV12ユニットの出力や最高回転数を引き上げるとともに、さらなる軽量化を推し進めた強化型モデルとなる模様。

ロールス・ロイスと建築家・隈 研吾がコラボ! 高級レジデンス用の世界に1台のドーン

812 スーパーファストベースの最新スペチアーレは、フェラーリの公式資料によれば「批評家の絶賛を浴びた812 スーパーファストの特徴を前例のないレベルにまで磨き上げ」たモデルとなる。

最高回転数は9500rpm!

搭載するのはマラネッロの誇る伝統的な65度バンクをもつ6.5リッターV12エンジン。今回、その自慢のユニットの主要コンポーネントの多くを再設計したうえ、バルブ・タイミング・システムやエキゾーストシステムも刷新。最高出力をベース車比+30cvの830cvまで引き上げつつ、最高回転数も8900rpmから9500rpmに高めている。現行ラインナップ中で最も高らかに歌いあげるフェラーリサウンドを堪能できるはずだ。

そのパフォーマンスをフル活用するべく、シャシーにも新機構を導入。4輪操舵システムを採用して車両の敏捷性をより一層研ぎ澄ますとともに、車両運動に関わる各デバイスを統合制御する「サイド・スリップ・コントロール」についても、最新のバージョン7.0を導入する。

リヤスクリーンは一体成型のアルミ構造

エクステリアとコクピットに幅広くカーボンファイバー素材を採用するなど軽量化も追求。ベース車の1630kgをさらに下回る軽やかな体躯を手に入れている。また、ダウンフォース量を最大化するべく、エアロダイナミクス面も改良。

フロントエアインテークやリヤディフューザー、エキゾースト周りを一新したうえ、特許を取得したボルテックス・ジェネレーター付きリヤスクリーンを採用する。ちなみにこのリヤスクリーンはガラスではなく、一体成型のアルミニウム構造となる。これにより、性能面だけでなく車両全体の彫刻的フォルムを際立たせているのだという。

さらに、ボンネットを横切るカーボンファイバー製ブレード、力強いリヤスポイラー、Hゲートのテーマを採り入れたセンタートンネルと、車内外のどこを見ても辛口度合いをぐっと増した812 スーパーファストの進化形。最新のカバリーノ・ランパンテが全てを明らかにするのは、2021年5月5日の現地時間14時30分(日本時間21時30分)である。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します