現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アストンマーティン V12ヴァンテージは、速さを極めた「ベビーアストン」だった【スーパーカークロニクル/063】

ここから本文です

アストンマーティン V12ヴァンテージは、速さを極めた「ベビーアストン」だった【スーパーカークロニクル/063】

掲載 更新
アストンマーティン V12ヴァンテージは、速さを極めた「ベビーアストン」だった【スーパーカークロニクル/063】

1970年代の後半に大ブームが起き、今もなお人々を魅了してやまないスーパーカーたち。そんな懐かしいモデルから現代のハイパースポーツまでを紹介していく、スーパーカークロニクル。今回は、アストンマーティン V12ヴァンテージだ。

アストンマーティン V12ヴァンテージ(ASTON MARTIN V12 VANTAGE : 2005 - 2017)
アストンマーティンは、1970年代の「V8」からハイパフォーマンスモデルに「優勢、優越した」を意味する「ヴァンテージ(Vantage)」というグレードを設定してきた。あくまでグレード名だったのだが、2005年のフランクフルト モーターショーで発表された同社初の純粋な2シーター「ベビーアストン」は、初めて車名として「ヴァンテージ」が用いられ、独立した車種となった。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

プラットフォームはV12を搭載するDB9と共用したが、エンジンはジャガー XK8などに搭載されていたAJV8をベースにアストンマーティン流にチューンして、385psと410Nmにパワーアップした4.3LのV8 DOHCを搭載。公称の最高速は288km/h、0→100km/h加速は4.8秒だった。

2007年には、ヴァンテージにV12エンジンを搭載したコンセプトカー「V12ヴァンテージRS」を発表。これをベースに2009年のジュネーブ モーターショーで“究極のヴァンテージ”と呼ばれたV12ヴァンテージを発表した。6L(正確には5935cc)のV型12気筒DOHCは最高出力426psと最大トルク570Nmというパワースペックを発生し、最高速は305km/h、0→100km/h加速は4.2秒に向上させている。

「究極のヴァンテージ」のはずだったV12ヴァンテージだが、2013年にはさらに進化した「V12ヴァンテージS」が発表された。V12エンジンのパワースペックは573psと620Nmにまでアップされ、トランスミッションには軽量化された7速シングルクラッチAMTを組み合わせ、最高速度は330km/hと謳われた。

足まわりには3段階に減衰力を調整し、パワーステアリングの重さも連動して変化するアダプティブダンピング システムも採用された。エクステリアは、グリル形状を変更してカーボンファイバー製とされた。インテリアにも、シートやドアハンドルなどにカーボンファイバー製のパーツがオプション設定された。当時の車両価格は2239万8000円だった。

長きに渡って生産されたヴァンテージだが、2017年6月に限定モデルのAMRを発表したのを最後となる。2017年11月、新世代アストンマーティンの「セカンドセンチュリープラン」第2弾として発表された新型ヴァンテージに後継を託した。

アストンマーティン V12 ヴァンテージS 主要諸元


●全長×全幅×全高:4385×1865×1250mm
●ホイールベース:2600mm
●車両重量:1920kg
●エンジン種類:60度V12 DOHC
●総排気量:5935cc
●最高出力:573ps/6750rpm
●最大トルク:620Nm/5750rpm
●燃料・タンク容量:無鉛プレミアム・80L
●トランスミッション:7速AMT
●駆動方式:トランスアクスルFR
●タイヤサイズ:前255/35ZR19、後295/30ZR19

[ アルバム : アストンマーティン V12 ヴァンテージS はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

「美ら海水族館」直結のバイパス道路が実現へ!? 名護東道路「本部延伸」いよいよ概略ルート決定へ 那覇から”信号ゼロ”アクセス図る
「美ら海水族館」直結のバイパス道路が実現へ!? 名護東道路「本部延伸」いよいよ概略ルート決定へ 那覇から”信号ゼロ”アクセス図る
くるまのニュース
マツダの新型セダン、ティザー…間もなく中国で実車発表へ
マツダの新型セダン、ティザー…間もなく中国で実車発表へ
レスポンス
あっと驚く5000万円車もあった! かと思えば200万円台が最高のメーカーも! 日本車の各ブランド「最高額車」を調べてみた
あっと驚く5000万円車もあった! かと思えば200万円台が最高のメーカーも! 日本車の各ブランド「最高額車」を調べてみた
WEB CARTOP
アルファロメオが新型コンパクトクロスオーバーSUVを初公開。車名は「ミラノ」を予定していたが……
アルファロメオが新型コンパクトクロスオーバーSUVを初公開。車名は「ミラノ」を予定していたが……
カー・アンド・ドライバー
ゴルフ、50歳の誕生日おめでとう!8世代にわたるVWゴルフの高みと低み、そして新型VWゴルフ8 GTEへの展望
ゴルフ、50歳の誕生日おめでとう!8世代にわたるVWゴルフの高みと低み、そして新型VWゴルフ8 GTEへの展望
AutoBild Japan
5年ぶり開催中国……いきなりスプリント形式は「賢明なことだね!」フェルスタッペン思わず皮肉
5年ぶり開催中国……いきなりスプリント形式は「賢明なことだね!」フェルスタッペン思わず皮肉
motorsport.com 日本版
なぜ? アルファロメオ『ミラノ』の車名を禁じられる…なら『ジュニア』だ!
なぜ? アルファロメオ『ミラノ』の車名を禁じられる…なら『ジュニア』だ!
レスポンス
日産サクラの売れ行きを見れば日本でBEVが売れないなんてことはない! ただし大ヒットの裏で必要な「次の一手」とは
日産サクラの売れ行きを見れば日本でBEVが売れないなんてことはない! ただし大ヒットの裏で必要な「次の一手」とは
WEB CARTOP
東京・北区のコミュニティーバスに乗って、B級グルメ「区役所カレー」を食べに行ったら絶品だった件
東京・北区のコミュニティーバスに乗って、B級グルメ「区役所カレー」を食べに行ったら絶品だった件
Merkmal
ホンダが新型「CBR650R」を6/13に発売! 新技術Eクラッチ仕様車にはグランプリレッドも
ホンダが新型「CBR650R」を6/13に発売! 新技術Eクラッチ仕様車にはグランプリレッドも
WEBヤングマシン
スズキ新型「ジムニー」発売!何が変わった? 約2年ぶり刷新のカクカクSUV… 165万円から、反響は?
スズキ新型「ジムニー」発売!何が変わった? 約2年ぶり刷新のカクカクSUV… 165万円から、反響は?
くるまのニュース
ホンダ「レブル250」をアドベンチャーに! コンプリート車両「VESGRIDE-hygge」登場
ホンダ「レブル250」をアドベンチャーに! コンプリート車両「VESGRIDE-hygge」登場
バイクのニュース
サスペンションの新常識! 1G締めがもたらす驚きの効果とは?~カスタムHOW TO~
サスペンションの新常識! 1G締めがもたらす驚きの効果とは?~カスタムHOW TO~
レスポンス
絶対に回避したい、GW渋滞予測ランキング TOP5!【ゴールデンウィーク渋滞予測2024】
絶対に回避したい、GW渋滞予測ランキング TOP5!【ゴールデンウィーク渋滞予測2024】
くるくら
交通安全の影の立役者「カーブミラー」は、なぜオレンジ色で丸鏡?
交通安全の影の立役者「カーブミラー」は、なぜオレンジ色で丸鏡?
月刊自家用車WEB
メルセデス・ベンツ Eクラス ステーションワゴン【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
メルセデス・ベンツ Eクラス ステーションワゴン【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
ホンダ新型「CB650R」登場! 初採用のEクラッチ仕様車は専用色も用意されて価格差5万5000円!
ホンダ新型「CB650R」登場! 初採用のEクラッチ仕様車は専用色も用意されて価格差5万5000円!
WEBヤングマシン
一充電の走行距離591km!メルセデス・ベンツが新型電動コンパクトSUV「EQA」を発表
一充電の走行距離591km!メルセデス・ベンツが新型電動コンパクトSUV「EQA」を発表
@DIME

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

-万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1269.01780.2万円

中古車を検索
V12ヴァンテージの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

-万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1269.01780.2万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村