現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【注目モデル試乗】全地球・完全制覇。期待の本格オフローダー、レクサスGXのタフ&ワイルド・フィール

ここから本文です

【注目モデル試乗】全地球・完全制覇。期待の本格オフローダー、レクサスGXのタフ&ワイルド・フィール

掲載 3
【注目モデル試乗】全地球・完全制覇。期待の本格オフローダー、レクサスGXのタフ&ワイルド・フィール

日本初導入のGXは、徹底的に使い倒したくなる本格派

 初代、2代目と北米専売モデルだったGXが、3代目で日本初導入される。レクサスは現在、自然と共生しながらアウトドアライフを彩るクルマの楽しさと、さまざまな体験を提供する「OVERTRAIL PROJECT」を推進している。GXはその中心となるモデルだ。

【期待の新型車】オフロードの覇者を目指した世界一タフな4WD。レクサスGXの異次元のクロスカントリー性能

 新型は「レクサスの「本格オフローダー」のど真ん中を作る」をコンセプトに開発された。単なるモデルチェンジではなく高級SUVのゲームチェンジャーを目指した意欲作である。
 エッジの効いたスクエアフォルムながらひと目でレクサスとわかる個性を放ち、機能的でくつろぎを提供するインテリア、圧倒的なオフロード性能、レクサスの名に恥じないオンロード性能など、徹底的に使い倒したくなるレクサスSUVといった印象だ。フラッグシップのLXとは異なる「個性」と「魅力」を備えた1台に仕上がっている。

 今回の試乗はオーバートレイル仕様での悪路走行。LX譲りの3.5リッター・V6ツインターボはターボの小型化とGX専用制御により応答性を向上。オフロードは歩くようなスピードでの走行が鉄則だが、そんなシーンでもディーゼルのような粘り強さを見せた。

 フットワークはTNGA・GA-Fプラットフォームの強靭さとレクサス独自のボディ構造、さらに従来のブレーキ油圧に加え、駆動力、サスペンションを統合制御する「マルチテレインセレクト」と前後の電動式スタビライザーを独立制御する「E-KDSS」という制御アイテムを装備。加えて車両周辺が確認可能なマルチテレインモニターがスクラムを組み、誰でも、楽に、安心して走破が可能である。オフロード走行中でも頭のブレが少なくボディコントロールは容易。しかも乗り心地のよさから、過酷な道であることを忘れてしまうほどだった。走行後、実際に自分の足で歩いてみて、道の悪さに驚いたくらいだ(笑)。

 試乗後にチーフエンジニアの塚崎公治氏に印象を伝えると、「実はオンロード性能にも自信があるんですよ」と。つまり、フレームボディながらレクサスが目指す「スッキリと奥深い」走りを実現しているに違いない。GXには2.4リッターターボ+1モーターの「生きて帰ってこれるハイブリッド」も設定されている。こちらも楽しみである。

 GXは、これまでどこかLXの陰に隠れていた感が強かった。新型はボディサイズ、デザイン、走り、そして価格を含め、レクサスSUVシリーズの大本命になりそうな予感がしている。大物である。



ヤマハと共同開発中、地球に優しいバギーにおまけ試乗!

 2035年までに「EV/FCEV100%」を目指すレクサスだが、それまでは選択肢を狭めない戦略を掲げる。そのひとつが水素エンジンだ。それを活用したROVに試乗した。ヤマハYXZ1000Rをベースに、3気筒ユニットを水素エンジン化したオリジナルモデルだ。

 以前試乗したガソリン車と比較すると、「低速トルクが少し薄いのと高回転の伸びが若干ないかな」と感じたが、ガンガン回して走るフィーリングと心地よいサウンドはそのまま。森の中を駆け抜ける楽しさは格別だ。しかも排出しているのが水蒸気だけだと思うと、より嬉しい。驚いたのはフットワーク。コブのような凸凹道を走り抜ける際の柔軟な足の動き、シットリとした洗練された味わいは絶品。量産仕様のレクサス各車も学んでほしいと思った。

こんな記事も読まれています

えええ、アクセルが前後に動くって何!? アメ車の専売特許的機能が超絶イイ!! 日本車には不必要なのか!?!?
えええ、アクセルが前後に動くって何!? アメ車の専売特許的機能が超絶イイ!! 日本車には不必要なのか!?!?
ベストカーWeb
ホンダ・ZR-V大研究 ~見どころ&ライバル対決~
ホンダ・ZR-V大研究 ~見どころ&ライバル対決~
グーネット
2024年も鈴鹿8耐の決勝レースをBS12で10時間完全生中継が決定
2024年も鈴鹿8耐の決勝レースをBS12で10時間完全生中継が決定
AUTOSPORT web
SUBARUサンバーを快走仕様!「誰もやらないスピーカー修復」1
SUBARUサンバーを快走仕様!「誰もやらないスピーカー修復」1
グーネット
世界のスーパーカーが讃岐のまちに大集合!瀬戸内ドリームカーフェスタ2024
世界のスーパーカーが讃岐のまちに大集合!瀬戸内ドリームカーフェスタ2024
グーネット
ボルボ EX30が“日本で最も売れた輸入EV”に 2024年1-4月 累計販売台数でトップ
ボルボ EX30が“日本で最も売れた輸入EV”に 2024年1-4月 累計販売台数でトップ
グーネット
「ランクル70」アドブルー蓋の謎を解明!! エンジンルーム内がいい? それでも外にあるのには意味があった【ランクル70運行日誌 第1回】
「ランクル70」アドブルー蓋の謎を解明!! エンジンルーム内がいい? それでも外にあるのには意味があった【ランクル70運行日誌 第1回】
ベストカーWeb
ヤマハ、クラッチローの第7戦イタリアGPでのワイルドカード参戦をキャンセル。右手の手術による合併症で出走を断念/MotoGP
ヤマハ、クラッチローの第7戦イタリアGPでのワイルドカード参戦をキャンセル。右手の手術による合併症で出走を断念/MotoGP
AUTOSPORT web
黄ばんだレンズは磨かないとダメ? いったい誰が得するのよ? 車検でロービーム検査が始まるぞ
黄ばんだレンズは磨かないとダメ? いったい誰が得するのよ? 車検でロービーム検査が始まるぞ
ベストカーWeb
彼女のトヨタ「GRヤリス」は「RS」なのに「GRMN」ルックのなぜ? どうしてもGRMN仕様に変更できなかった2カ所とは
彼女のトヨタ「GRヤリス」は「RS」なのに「GRMN」ルックのなぜ? どうしてもGRMN仕様に変更できなかった2カ所とは
Auto Messe Web
【24’ 5/20最新】レギュラーガソリン 4週ぶり値上がり 平均価格は174.8円
【24’ 5/20最新】レギュラーガソリン 4週ぶり値上がり 平均価格は174.8円
グーネット
フェラーリSF90 XX スパイダーへ試乗 胸が打たれるほど「公道」で素敵 HVの総合1030馬力!
フェラーリSF90 XX スパイダーへ試乗 胸が打たれるほど「公道」で素敵 HVの総合1030馬力!
AUTOCAR JAPAN
ランボルギーニ本社がアート空間に!「Dreamaway 世界の目を通したランボルギーニ」は2025年初頭まで開催予定です
ランボルギーニ本社がアート空間に!「Dreamaway 世界の目を通したランボルギーニ」は2025年初頭まで開催予定です
Auto Messe Web
Next-Gen初代王者ロガーノが2度目の祭典制覇。ステンハウスJr.とブッシュは場外乱闘/NASCARオールスター
Next-Gen初代王者ロガーノが2度目の祭典制覇。ステンハウスJr.とブッシュは場外乱闘/NASCARオールスター
AUTOSPORT web
惜敗のランド・ノリス。序盤のピットストップは「守りの動きだった」とマクラーレンF1代表が説明
惜敗のランド・ノリス。序盤のピットストップは「守りの動きだった」とマクラーレンF1代表が説明
AUTOSPORT web
不安を残した初日から改善し、PP獲得&優勝。レッドブル代表は状況好転の理由に“ブエミの貢献”を挙げる/F1第7戦
不安を残した初日から改善し、PP獲得&優勝。レッドブル代表は状況好転の理由に“ブエミの貢献”を挙げる/F1第7戦
AUTOSPORT web
小林可夢偉、“SF未経験エンジニア”新加入に好感触。松田次生アンバサダーは『10画面でSFgo』。増強止まぬKCMG
小林可夢偉、“SF未経験エンジニア”新加入に好感触。松田次生アンバサダーは『10画面でSFgo』。増強止まぬKCMG
AUTOSPORT web
まさかの「ランボルギーニ“ミニバン”」! “V12”搭載&斬新「2列目1人乗り」仕様!  ガルウィングも採用の「ジェネシス」とは
まさかの「ランボルギーニ“ミニバン”」! “V12”搭載&斬新「2列目1人乗り」仕様! ガルウィングも採用の「ジェネシス」とは
くるまのニュース

みんなのコメント

3件
  • 菅間 俊行
    レクサスだからトラックみたいなディーゼルは使わないんだね?オフロード走るハイブリッドには期待です。エアサスは付くのかな?
  • ********
    V6エンジンがいいですねぇ。でもフロントデザインがちょっと残念です。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1250.01800.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

565.22178.0万円

中古車を検索
LXの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1250.01800.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

565.22178.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村