現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アウディがレーシングラリーレイドプロト「RS Q e-トロン E2」を発表。2023年のダカールラリー完全勝利を狙う

ここから本文です

アウディがレーシングラリーレイドプロト「RS Q e-トロン E2」を発表。2023年のダカールラリー完全勝利を狙う

掲載
アウディがレーシングラリーレイドプロト「RS Q e-トロン E2」を発表。2023年のダカールラリー完全勝利を狙う

2022年9月1日、アウディAGはアウディスポーツの本拠地ノイブルク アン デア ドナウで新しい電動化ハイテクプロトタイプラリーレイドカー「RS Q e-トロン E2(RS Q e-tron E2)」を発表した。第2世代は先代から大幅な改良を行い登場、来年のダカール・ラリー完全征覇を目指す。

開発プログラムはすでに第2段階に
2022年ダカールラリーでの総合優勝を目指して開発された電動化ハイテクSUV「アウディ RS Q e-トロン」は、そのダカールラリーではさすがに総合優勝こそならなかったが、4回のステージ優勝と合計14回の表彰台を獲得。2022年3月開催のアブダビ デザートチャレンジでは見事に初の総合優勝を達成した。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

今回発表された第2世代のRS Q e-トロン E2はそこから大幅な改良が加えられて登場、10月に開催されるモロッコラリーでデビューを飾った後、2023年1月行われる来年のダカールラリーに挑むことになる。

アウディRS Q e-トロン E2の電動ドライブトレーンは、DTMドイツツーリングカー選手権で使用した2L直列4気筒TFSIエンジンと2基の駆動用電気モーターで構成。エネルギーコンバーター、高電圧バッテリー、前後アクスルに設けられたモーターを制御するシステムは、初参戦した2022年のダカールラリーでその真価を発揮した一方、ある状況においては一部問題も発生した。

具体的には、ジャンプ中や起伏が非常に激しい路面などでホイールが地面が離れた状況で、短時間、モーターが出力制限の上限値を超えるという問題が発生。2キロジュールの超過エネルギーが確認された時点でペナルティが課されるため、新型では数ミリ秒のレベルで出力の限界値内で正確に制御するようになったという。

また、ボディは完全に新しくなり、エアロダイナミクスが大幅に強化。コクピットの操作性とタイヤ交換の作業性も向上した。

次に目指すは、総合優勝。ドライバー陣は2022年から継続
アウディRS Q e-トロン E2は、今年10月に開催されるモロッコラリーでデビューを飾った後、2023年1月行われる来年のダカールラリーに挑むことになる。

ドライバー/コドライバーは今年のダカールラリーを戦った、マティアス・エクストローム/エミール・ベリークヴィスト、ステファン・ペテランセル/エドゥアール・ブーランジェ、カルロス・サインツ/ルーカス・クルスが予定されている。

■アウディスポーツマネージングディレクター兼責任者 ロルフ ミヒェル氏
「私たちは、アウディ RS Q e-トロンでダカールラリーに初参戦し、アウディにとって初めてステージ勝利を収めるという素晴らしい成果を達成しました。私たちのチームは一丸となって準備を行い、同じ方向に進んでいます。いつもの通り、開発の初期段階において、ドライバー、コドライバー、エンジニアは、開発目標について迅速に合意。その結果を進化したパッケージ RS Q e-トロン E2にまとめました」。

■アウディスポーツビークル オペレーション責任者 ウーヴェ ブリューリング氏
「私たちは、これまでに得られたすべての重要な教訓を、非常に短い時間でまとめました。E2の進化は、アイデアの結晶です。私たち開発チームの断固たる決意と、コスト効率の高い作業により、2回目のダカールラリーに参戦するための完璧な準備が整いました」

砂漠を走る電動化ハイテクプロトタイプカーでは、電気エネルギーの効率化や冷却など、これまでとは違った性能が重要となる。RS Q e-トロンは、まさしくアウディならではの「レースは未来の技術の実験室」なのだ。

[ アルバム : アウディ RS Q e-トロン E2 はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

さすがのプロボックスもマネできず!? 白いのなに!? ADバンの内装にドーンって付いていた謎の白い物体の正体が衝撃すぎ!!!! 
さすがのプロボックスもマネできず!? 白いのなに!? ADバンの内装にドーンって付いていた謎の白い物体の正体が衝撃すぎ!!!! 
ベストカーWeb
負傷したハプスブルクに代わりグーノンが第2戦イモラ出場へ。アルピーヌA424でWECデビュー
負傷したハプスブルクに代わりグーノンが第2戦イモラ出場へ。アルピーヌA424でWECデビュー
AUTOSPORT web
ホンダっていつもちょっと早いのよ!! 今こそエレメント投入の時期だったんじゃ
ホンダっていつもちょっと早いのよ!! 今こそエレメント投入の時期だったんじゃ
ベストカーWeb
ランドクルーザー250、いよいよ発売へ!!気になる最新情報総まとめ!
ランドクルーザー250、いよいよ発売へ!!気になる最新情報総まとめ!
グーネット
静岡最大級のキャンピングカー&アウトドアイベント開催決定!輸入車フェアも同時開催
静岡最大級のキャンピングカー&アウトドアイベント開催決定!輸入車フェアも同時開催
グーネット
JAF 日本選手権に「ドリフト競技」追加 竹岡圭氏が「競技参加」語るトークショーも開催
JAF 日本選手権に「ドリフト競技」追加 竹岡圭氏が「競技参加」語るトークショーも開催
グーネット
パジェロ譲りの四駆性能!! 新型トライトンはランクル超えの乗り心地!? 型破りの走りを実現できたワケ
パジェロ譲りの四駆性能!! 新型トライトンはランクル超えの乗り心地!? 型破りの走りを実現できたワケ
ベストカーWeb
見やすい位置で自由自在に角度調整!強力マグネット付き車載ホルダー3種発売【動画あり】
見やすい位置で自由自在に角度調整!強力マグネット付き車載ホルダー3種発売【動画あり】
グーネット
日産 新エネルギー車のコンセプトカーなど 北京モーターショー2024で披露
日産 新エネルギー車のコンセプトカーなど 北京モーターショー2024で披露
グーネット
845万円のヤリス誕生!! カーボンルーフまで採用のガチ仕様!! コスパ求めるならRCもいいぞ
845万円のヤリス誕生!! カーボンルーフまで採用のガチ仕様!! コスパ求めるならRCもいいぞ
ベストカーWeb
全日本ロード第2戦もてぎでのトライアウトで全9チームが鈴鹿8耐の出場権を獲得/EWC
全日本ロード第2戦もてぎでのトライアウトで全9チームが鈴鹿8耐の出場権を獲得/EWC
AUTOSPORT web
宮田莉朋加入のクール・レーシング、開幕戦で逆転勝利。日本人3名が表彰台獲得/ELMSバルセロナ
宮田莉朋加入のクール・レーシング、開幕戦で逆転勝利。日本人3名が表彰台獲得/ELMSバルセロナ
AUTOSPORT web
小さなランクル[新型ランドクルーザーFJ]は25年に登場!! カローラクロスサイズで予想価格は350万円!
小さなランクル[新型ランドクルーザーFJ]は25年に登場!! カローラクロスサイズで予想価格は350万円!
ベストカーWeb
日産R32「スカイランGT-R」を思い続けて30余年。カスタムの目標は「400R」に負けないパワーです!
日産R32「スカイランGT-R」を思い続けて30余年。カスタムの目標は「400R」に負けないパワーです!
Auto Messe Web
ホンダ、3台がリタイア。ザルコはスタート直後からマシンに不具合。原因は調査中/第3戦アメリカズGP 決勝
ホンダ、3台がリタイア。ザルコはスタート直後からマシンに不具合。原因は調査中/第3戦アメリカズGP 決勝
AUTOSPORT web
結局「コスパ1番」のEVは? ボルボと内側を共有:スマート#1 オーナーを満たす:ヴォグゾール(オペル)・アストラ お手頃EV 12台比較(1)
結局「コスパ1番」のEVは? ボルボと内側を共有:スマート#1 オーナーを満たす:ヴォグゾール(オペル)・アストラ お手頃EV 12台比較(1)
AUTOCAR JAPAN
「黒ベントレー」登場! 史上最高にダークな「ベンテイガSブラックエディション」は7色のアクセントカラーを選べます
「黒ベントレー」登場! 史上最高にダークな「ベンテイガSブラックエディション」は7色のアクセントカラーを選べます
Auto Messe Web
大型トラックが戦慄の行動… NEXCO「漫然運転しないで!」注意喚起で動画を公開
大型トラックが戦慄の行動… NEXCO「漫然運転しないで!」注意喚起で動画を公開
乗りものニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

935.01358.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

428.0839.0万円

中古車を検索
e-tronの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

935.01358.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

428.0839.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村