現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日本で惨敗したのは北米向けの「ナンパさ」が原因!? 4年で1.5万台しか売れなかった超個性派「日産NXクーペ」とは

ここから本文です

日本で惨敗したのは北米向けの「ナンパさ」が原因!? 4年で1.5万台しか売れなかった超個性派「日産NXクーペ」とは

掲載 26
日本で惨敗したのは北米向けの「ナンパさ」が原因!? 4年で1.5万台しか売れなかった超個性派「日産NXクーペ」とは

 この記事をまとめると

■1990年に日産から発売された「NXクーペ」を振り返る

「FFって何だよ?」時代に颯爽と登場したプリンス魂の宿る「日産チェリー」はやっぱり偉大だった

■7代目サニーのボディを流用した北米市場向けのエクステリアが特徴だった

■国内ではあまり売れなかったが北米ではヒットしたほかレースでも活躍した

 北米でスマッシュヒットした”迷”クーペ

 2023年にNXといえば、レクサスのクロスオーバーSUVを思い浮かべる人がほとんどだと思うが、じつは1990年代にNXの名前を冠したモデルが存在していた。それが1990年1月に日産からリリースされた「NXクーペ」である。

 7代目のサニーの登場と時を同じくしてデビューしたNXクーペは、お察しのとおり7代目サニーのコンポーネンツを使用して生み出されたクーペモデルとなっており、古くから存在していたサニークーペの流れを汲むもので、実質的な先代モデルのサニーRZ-1とエクサの後継車種に位置づけられていた。

 といってもサニーの名前が外れた車名からもわかるように、エクステリアデザインからサニーとの共通項を探すのは不可能なくらい個性的なルックスとなっていた。

 このデザインはカリフォルニア州にある日産デザインインターナショナル(現日産デザインアメリカ)が手掛けたもので、メインの市場も北米地域がターゲットとなっていたのだった。

 パワートレインはサニーと同じく1.5リッター、1.6リッター、1.8リッターの3種類となっていたが、海外仕様には2リッターモデルも設定。ルーフパネルはエクサの後継車種も担っていたため、Tバールーフ仕様も用意されていた。

 このように個性的なエクステリアを持っていたNXクーペではあったが、日本でコンパクトなクーペとなると、走行性能の高いホットなモデルが人気の中心となっており、北米向けに仕立てられた、ある種”ナンパなクーペ”は人気を獲得することは叶わず、4年の販売期間で1.5万台ほどの国内販売に留まってしまった。

 一方、日産がメイン市場とした北米地域ではNXクーペ(現地名NX1600/NX2000)はスマッシュヒットを記録し、スポーツカークラブ・オブ・アメリカ(SCCA)が主催するレースでも活躍を見せるなど、日本とはまったく異なる人気を獲得している。

 そういった意味では、日産の目論見は見事に的中したとも言えるのだが、それではなぜまったくマーケットの異なる日本市場にこのNXクーペを投入したのかは謎のまま。

 もしかしたら日産は、日本でもコンパクトクーペの市場を掘り起こしたかったのかもしれないが、NXクーペの実質的な後継車種であるルキノクーペも販売面で惨敗し、サニーをベースとしたクーペの系譜は途切れることとなった。

こんな記事も読まれています

1.0L 2気筒ターボ+電池で700km以上走るのに… メルセデス・ベンツ「レンジエクステンダーEV」開発中止か
1.0L 2気筒ターボ+電池で700km以上走るのに… メルセデス・ベンツ「レンジエクステンダーEV」開発中止か
AUTOCAR JAPAN
『スカイラインGT-R(BCNR33型/1996年編)』地道な改良も苦戦。連覇記録、ついに途切れる【忘れがたき銘車たち】
『スカイラインGT-R(BCNR33型/1996年編)』地道な改良も苦戦。連覇記録、ついに途切れる【忘れがたき銘車たち】
AUTOSPORT web
BMWと放課後NPOが協働、未来のクルマを学ぶプロジェクト募集開始
BMWと放課後NPOが協働、未来のクルマを学ぶプロジェクト募集開始
レスポンス
【20世紀名車コレクション】ボクのクルマが好きになった原点、叔父の初代トヨタ・セリカがヒーローだった!by 西川淳
【20世紀名車コレクション】ボクのクルマが好きになった原点、叔父の初代トヨタ・セリカがヒーローだった!by 西川淳
カー・アンド・ドライバー
トヨタ「シエンタ」対抗馬!? 日産「新型コンパクトミニバン」登場なるか!? 新型「セレナ“ミニ”」に期待が高まる理由とは
トヨタ「シエンタ」対抗馬!? 日産「新型コンパクトミニバン」登場なるか!? 新型「セレナ“ミニ”」に期待が高まる理由とは
くるまのニュース
今年も開催決定! スズキが「スズキ 北川ライディングスクール」の開催スケジュールを発表
今年も開催決定! スズキが「スズキ 北川ライディングスクール」の開催スケジュールを発表
バイクのニュース
グリルが一味違うぞ! マセラティ新型「2ドア・オープンカー」実車公開 760馬力、快適重視のグランカブリオ・フォルゴーレ
グリルが一味違うぞ! マセラティ新型「2ドア・オープンカー」実車公開 760馬力、快適重視のグランカブリオ・フォルゴーレ
AUTOCAR JAPAN
息子の車選びが自分の日産R35「GT-R」を購入した理由とは? ミニバンと同じくカスタマイズ進行中です
息子の車選びが自分の日産R35「GT-R」を購入した理由とは? ミニバンと同じくカスタマイズ進行中です
Auto Messe Web
太平洋工業、北大垣工場の敷地内にバルブ製品の新工場を建設
太平洋工業、北大垣工場の敷地内にバルブ製品の新工場を建設
日刊自動車新聞
ホンダ、中国向けにEVの新ブランド「・奮」を投入、起死回生狙う[新聞ウォッチ]
ホンダ、中国向けにEVの新ブランド「・奮」を投入、起死回生狙う[新聞ウォッチ]
レスポンス
3年後に「東京-愛知の新道路」全線開通!? あと25kmでぜんぶ繋がる… 新東名の「最後の未完成区間」いつ実現?
3年後に「東京-愛知の新道路」全線開通!? あと25kmでぜんぶ繋がる… 新東名の「最後の未完成区間」いつ実現?
くるまのニュース
ポルシェ、ダ・コスタ失格に不服申し立て。フォーミュラEミサノE-Prixで優勝も車検で一転
ポルシェ、ダ・コスタ失格に不服申し立て。フォーミュラEミサノE-Prixで優勝も車検で一転
motorsport.com 日本版
2024年4月最新! 人気250ccの納車状況は?
2024年4月最新! 人気250ccの納車状況は?
バイクのニュース
最高に楽しい! スズキの最新「軽トラ」が“遊びクルマ”に最適! 5速MT搭載の「スーパーキャリイ Xリミテッド」何がスゴい?
最高に楽しい! スズキの最新「軽トラ」が“遊びクルマ”に最適! 5速MT搭載の「スーパーキャリイ Xリミテッド」何がスゴい?
くるまのニュース
ホンダ「EM1e:」「モトコンパクト」 ホンダとして5年連続で「レッド・ドット賞」を受賞
ホンダ「EM1e:」「モトコンパクト」 ホンダとして5年連続で「レッド・ドット賞」を受賞
バイクのニュース
ピアッジオが創立140周年、記念してペスパの特別仕様を発売---140台限定
ピアッジオが創立140周年、記念してペスパの特別仕様を発売---140台限定
レスポンス
台北で「TAIPEI AMPA」が開幕 台湾の自動車部品・用品が一堂に 20日まで開催
台北で「TAIPEI AMPA」が開幕 台湾の自動車部品・用品が一堂に 20日まで開催
日刊自動車新聞
F1中国GPはマクラーレンにとって『ダメージ最小化』狙いのレースに? 苦戦中低速コーナー待つサーキットに覚悟
F1中国GPはマクラーレンにとって『ダメージ最小化』狙いのレースに? 苦戦中低速コーナー待つサーキットに覚悟
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

26件
  • BPM4403
    当時友達が購入していた車がこれ。
    未だに酷評が絶えない車だが、そのほとんどの人が乗ったこともないのに勝手に騒いでいるだけ。

    この車、意外にも機敏で気持ちのいい走りだった(競技シーンではない、一般道での話)
    ボディもコンパクトで、フロントの左右からの絞り込みもあり取り回しも楽。
    上位グレードの走行性はなかなか良い感じでした。
    グレードが低いものは”サニーのクーペ”といった感じで、まぁ雰囲気を楽しむという感じ(トヨタのサイノスよりも好感触だった)

    そのパッケージングから、どうしても後席のスペースが小物置き場にしかないのが勿体なかった感じです。
    4人乗りなのですが後席に2人はどうしても無理があり、1人しか乗れません。
    しかも膝を抱えて上を向いてシートの上に・・という程度ww
    しっかりとパーソナルクーペでした。
  • ga.
    今となっては、乗りたい車だなー
    面白いし、実際走りも良い。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村