サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ 世界トップの超低粘度エンジンオイルを発売

ここから本文です

トヨタ 世界トップの超低粘度エンジンオイルを発売

トヨタは2020年2月10日、世界初となる超低粘度エンジンオイル「トヨタ純正モーターオイル GLV-1 0W-8」を開発し、トヨタ販売店や自動車用品店などで発売を開始した。また2月から発売される新型「ヤリス ハイブリッド」から工場充填用オイルとして採用され、今後は対象車種を順次拡大していくという。


20200210_01_01.jpg

日産 車中泊に最適なセレナ NV200バネット発売

商品概要

燃費向上に大きく影響するエンジンオイルは、世界的に低粘度化が進められているが、今回、トヨタが開発したエンジンオイルは、最も低粘度となるSAE粘度分類「0W-8」に適合し、世界で初めて低粘度のオイル品質規格「JASO GLV-1」の認定を取得している。ちなみに「JASO」は日本自動車規格、「GLV-1」は低粘度エンジンオイルの品質規格を意味している。

この超低粘度オイルは、高性能な合成油の使用と粘度特性に優れた添加剤の開発・採用により、従来の製品「トヨタ純正モーターオイルSN 0W-16」に対し、約25%の低粘度化を実現。また、低摩擦被膜を形成する添加剤の効果を十分に引き出すことで、さらなる低摩擦化を実現している。

低粘度のため常温流動性能も向上しており、エンジンの始動を繰り返すハイブリッド車の燃費性能向上に貢献することができ、従来の製品と比べ燃費性能を約0.7%向上する。

またこれまでに培った添加剤の技術により、エンジン内部の不純物の発生を抑え、エンジン本来の性能をより長く維持することができる。

価格

超低粘度エンジンオイル「GLV-1 0W-8」(4.0L):3900円(税抜)

Twitter:https://twitter.com/autoprovenet
facebook:https://www.facebook.com/autoprovepage/
Youtube:https://www.youtube.com/user/autoprove/

トヨタ 関連記事
トヨタ公式サイト

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します