現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産が新型「高級SUV」発表! “豪華内装”の 新型「ムラーノ」米での登場に「日本再導入」を期待する声も

ここから本文です

日産が新型「高級SUV」発表! “豪華内装”の 新型「ムラーノ」米での登場に「日本再導入」を期待する声も

掲載 20
日産が新型「高級SUV」発表! “豪華内装”の 新型「ムラーノ」米での登場に「日本再導入」を期待する声も

■ライバルの高級SUVが人気! 日産「ムラーノ」復活に期待する声も

 日産のアメリカ法人は2023年8月30日(現地時間)、高級SUV「ムラーノ」2024年モデルを発売しました。
 
 一部グレードに電動サンルーフを標準化するなど、装備面での充実が図られた新型ムラーノに対し、多くの意見が寄せられています。

【画像】豪華「オシャ」内装にうっとり! 日産「ムラーノ」を画像で見る(41枚)

 ムラーノは、2002年に米国で誕生しました。

 先進的でスタイリッシュなデザインが注目を集め、日本など、当初予定がなかった世界各国でも販売を実施するグローバルモデルとなりました。

 現在販売されているのは2014年に登場した3代目。

 日本での発売は終了し、生産はアメリカの日産工場で行われています。

 ボディサイズは全長192.8インチ(約4897mm)×全幅75.4インチ(約1915mm)×全高67.8インチ(約1722mm)、ホイールベース111.2インチ(約2824mm)。

 搭載されるパワートレインは、3.5リッター V型6気筒 DOHC ガソリンエンジンのみの設定で、最高出力260hp、最大トルク240lb-ftを発揮します。

 トランスミッションはエクストロニックCVT。駆動方式はAWD(四輪駆動:4WD)とFWD(前輪駆動:FF)が選択できます。

 今回発表された2024年モデルでは、グレード展開を「SV」「SL」「Platinum」の3タイプに整理し、SLグレードには新たに電動パノラマサンルーフが標準装備化されました。

 また装備面では20インチアルミホイール、ダイヤモンド キルティング インサートを備えたセミアニリン本革シート、マットな仕上げの木目調インテリアトリム、アンビエントLEDインテリア照明、11スピーカーを備えたBOSEプレミアムオーディオシステムを揃えるほか、歩行者検知機能付きインテリジェント エマージェンシーブレーキや、RCTA(後退時車両検知警報)、LDW(車線逸脱警報)といった先進運転支援機能「360°セーフティアシスト」を備えます。

 アメリカにおけるムラーノ 2024年モデルの販売価格は、3万7920ドル(約553万円)から4万7630ドル(約695万円)までです。

※ ※ ※

 そんなニュースに対し、SNSなどでは多くの声が寄せられていました。

 多かったのは「ムラーノ! お前まだ生きとったんかい」と、今なお海外で継続することを驚く声でした。

 ただ、現行モデルのスタイルに対しては賛否あるようで「(日産の世界共通デザインである)Vモーショングリルは高級SUVには似合わない」「初代ムラーノの衝撃的なデザインが懐かしい」「初代や2代目のほうが好み」など、辛辣な意見も目立ちます。

 それだけ、初代ムラーノが多くの人にインパクトを与えていた証拠ともいえるでしょう。

 日本でかつてムラーノのライバルだったトヨタ「ハリアー」は、現在も納車待ちを伴う人気となっているほか、レクサスブランドでも様々な高級SUVがラインナップされ、支持を集めています。

 こうした状況に対し、現行型が日本未導入である点について「日本の販売を止めてしまったのは惜しい」「e-POWERなどがあれば日本でも売って欲しい」「高級SUVが売れているのだから復活もありでは」といったコメントも散見され、ムラーノの国内復活を期待する声も少なくないようです。

こんな記事も読まれています

ルノー “サンク”18年ぶり復活!新型EV「5 E-TECHエレクトリック」世界初公開
ルノー “サンク”18年ぶり復活!新型EV「5 E-TECHエレクトリック」世界初公開
グーネット
DAZN、2024年もF1、F2、F3を全戦ライブ配信。フォーミュラを中心にモータースポーツの魅力を伝える
DAZN、2024年もF1、F2、F3を全戦ライブ配信。フォーミュラを中心にモータースポーツの魅力を伝える
AUTOSPORT web
[音響機材・チョイスの勘どころ]アンプ内蔵DSP選択でチェックすべきは「コントロールできるch数」!
[音響機材・チョイスの勘どころ]アンプ内蔵DSP選択でチェックすべきは「コントロールできるch数」!
レスポンス
【MotoGPコラム】ホンダ・レーシングの人事異動に感じる『モヤモヤ』……復活目指すMotoGPと”日本企業的”な差配のもったいなさ
【MotoGPコラム】ホンダ・レーシングの人事異動に感じる『モヤモヤ』……復活目指すMotoGPと”日本企業的”な差配のもったいなさ
motorsport.com 日本版
レッドブルF1のホーナー代表、開幕戦バーレーンGPに向け現地に移動中。不適切行為疑惑への判断どうなる?
レッドブルF1のホーナー代表、開幕戦バーレーンGPに向け現地に移動中。不適切行為疑惑への判断どうなる?
motorsport.com 日本版
JAFまとめ 雨の日は猫に注意 12月、救援要請が24件
JAFまとめ 雨の日は猫に注意 12月、救援要請が24件
日刊自動車新聞
ランチア『イプシロン』新型、新映像公開…家具ブランドと協力の限定車を起用
ランチア『イプシロン』新型、新映像公開…家具ブランドと協力の限定車を起用
レスポンス
日産「新型スカイライン」は今夏登場!「歴代最強エンジン」搭載したスーパーセダンに“究極進化”! レトロな「旧車風デザイン」採用した姿に熱視線!
日産「新型スカイライン」は今夏登場!「歴代最強エンジン」搭載したスーパーセダンに“究極進化”! レトロな「旧車風デザイン」採用した姿に熱視線!
くるまのニュース
【UNITEDcafe】2店でイラスト展「HAVE A BIKE DAY.Vol.6」とポスター展を開催!「バイクのある日常」がテーマ  
【UNITEDcafe】2店でイラスト展「HAVE A BIKE DAY.Vol.6」とポスター展を開催!「バイクのある日常」がテーマ  
モーサイ
第33話 キミに決めた!? 【連載マンガ】20代女子イラストレーターがバイク乗りになるまでのお話  
第33話 キミに決めた!? 【連載マンガ】20代女子イラストレーターがバイク乗りになるまでのお話  
モーサイ
「CB1000 HORNET」「GB350 C」「CBR650R」を見たい!「モーターサイクルショー2024」ホンダ出展車が熱い!  
「CB1000 HORNET」「GB350 C」「CBR650R」を見たい!「モーターサイクルショー2024」ホンダ出展車が熱い!  
モーサイ
公式テスト初日最速となったJOTA、ワークスチームにとって“厄介な存在”となることを目指す
公式テスト初日最速となったJOTA、ワークスチームにとって“厄介な存在”となることを目指す
AUTOSPORT web
フォードCEO、ホーナー問題で沈黙続けるレッドブルに不満を表明。不適切行為についての調査結果はF1開幕前に発表か
フォードCEO、ホーナー問題で沈黙続けるレッドブルに不満を表明。不適切行為についての調査結果はF1開幕前に発表か
AUTOSPORT web
野尻、木村、山下らが『UNIZONE』の公開イベントで特別レース。トークショーでは国内トップリーグ開催も明らかに
野尻、木村、山下らが『UNIZONE』の公開イベントで特別レース。トークショーでは国内トップリーグ開催も明らかに
AUTOSPORT web
レッドブル兄弟チームの提携を批判するブラウン。公平性を損なうルールは「変える必要がある」と主張
レッドブル兄弟チームの提携を批判するブラウン。公平性を損なうルールは「変える必要がある」と主張
AUTOSPORT web
通訳はタキ井上/セッション1のデメリット/ジェンソン・バトンがビーチバレーetc.【テスト1日目Topics】
通訳はタキ井上/セッション1のデメリット/ジェンソン・バトンがビーチバレーetc.【テスト1日目Topics】
AUTOSPORT web
初日はポルシェ963が最速、フェラーリ499Pが続く。LMGT3はマクラーレン首位【WECプロローグ】
初日はポルシェ963が最速、フェラーリ499Pが続く。LMGT3はマクラーレン首位【WECプロローグ】
AUTOSPORT web
角田裕毅の貢献を称賛するテクニカルディレクター「速さに一貫性が加わり、フィードバックも優秀」
角田裕毅の貢献を称賛するテクニカルディレクター「速さに一貫性が加わり、フィードバックも優秀」
AUTOSPORT web

みんなのコメント

20件
  • ただのマイチェンやん
    モデル末期に日本に持ってくるわけない
  • 昔のは良かったよね。
    スカイラインクロスオーバーと言い
    日産は早すぎるか遅すぎるかの二択でタイミングが悪い
    キムタクもやっちゃったしね
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

305.6459.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

26.0140.0万円

中古車を検索
ムラーノの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

305.6459.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

26.0140.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村