現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ルノー新型SUV「メガーヌE-TECHエレクトリック」世界初公開! スタイリッシュな新EVは航続距離最大470km

ここから本文です

ルノー新型SUV「メガーヌE-TECHエレクトリック」世界初公開! スタイリッシュな新EVは航続距離最大470km

掲載 更新 2
ルノー新型SUV「メガーヌE-TECHエレクトリック」世界初公開! スタイリッシュな新EVは航続距離最大470km

■日産「アリア」と同じCMF-EVプラットフォームを採用

 仏ルノーは2021年9月6日、ドイツ・ミュンヘンで開催中の国際モーターショー「IAAモビリティ2021」において、SUVタイプの電気自動車(EV)、新型「Megane E-TECH Electlic(メガーヌE-TECHエレクトリック)」を世界初公開しました。

【画像】日産アリアの兄弟車! ルノーの新型EVがカッコいい!(29枚)

 メガーヌE-TECHエレクトリックは、ルノー日産三菱アライアンスが共同で開発した新世代のEV専用モジュラープラットフォーム「CMF-EV」をルノーブランドで初採用したモデルです。ちなみに日産「アリア」もCMF-EVプラットフォームを採用しています。

 全長4210mm×全幅1770-1780mm×全高1500mm、ホイールベースは2700mmというボディサイズで、ハッチバックの従来型「メガーヌ」とは異なり、クロスオーバータイプのボディデザインを採用しています。

 バッテリーは厚さわずか110mmという新開発の超薄型バッテリー(長さ1960mm、幅1450mm)を採用。このため重心高が低く抑えられ、走りの安定感にもつながっているといいます。

 バッテリーは2種類を用意。40kWhバッテリーは24セル・8モジュールで構成され、WLTPモードでおよそ300kmの航続距離となります。また60kWhバッテリーは24セル・12モジュール構成で、WLTPモードでの航続距離は最大470km。バッテリーの寸法自体は変わりません。

 出力130kWの急速充電を使うとわずか30分で最大300kmの走行が可能になります。

 搭載されるモーターは新開発のもので、130馬力(96kW)・250Nmの「EV40」と218馬力(160kW)・300Nmの「EV60」のふたつのバージョンを用意。

 ハイパフォーマンスのEV60の場合、0-100km/h加速は7.4秒、最高速度160km/h(リミッター)というパフォーマンスを発揮します。

 ルノーグループCEO、ルカ・デメオ氏は「新型メガーヌE-TECHエレクトリックは、ルノーがすでに10年前に始めたエレクトリック革命を体現しています。このモデルは電気技術を民主化することで、効率と運転の楽しさを損なうことなく、EVを手ごろな価格にすることに成功しました。このモデルが伝えるのは感情であり、EVのGTIとして作られました」とコメントしています。

 メガーヌE-TECHエレクトリックはフランス北部にあるドゥエー工場で製造され、2022年に欧州で市場導入される予定です。日本の導入は未定です。

 ※ ※ ※

 グループルノーは、2021年1月14日に発表した今後5年間の事業戦略計画「RENAULUTION」において、ルノーブランドで、2025年までに新たに14モデルの基幹車種を発売すると発表しています。

 具体的なニューモデルとしては、2025年までにフルEV(BEV)モデルを7車種、CセグメントおよびDセグメントのモデルを7車種、計14車種を投入する予定で、今回世界初公開されたメガーヌE-TECHエレクトリックはその7車種のBEVのうちの1台です。同年までに上位セグメントが売上高の45%を占めることを目指すといいます。

 登場するニューモデルはすべて、EVもしくはプラグインハイブリッド(PHEV)、および「E-TECH」と呼ばれるハイブリッドの電動化モデルとなる予定です。

 EVに関しては、ルノーはヨーロッパのEV市場のリーダーであり、10年以上前からすでに30万台以上を販売しています。その競争力を活かし、登場する新型EVはエンジンモデルと同様の手の届く価格帯を目指していくとしています。

こんな記事も読まれています

「お、パイザー♡」いやー今じゃ絶対NGよ!! そして絶対言いたいだけ!! パイザーのCMが攻めすぎてたの覚えてる?
「お、パイザー♡」いやー今じゃ絶対NGよ!! そして絶対言いたいだけ!! パイザーのCMが攻めすぎてたの覚えてる?
ベストカーWeb
日向坂46 富田鈴花さん初登場!! 日向の似合うクルマとアイドル!
日向坂46 富田鈴花さん初登場!! 日向の似合うクルマとアイドル!
ベストカーWeb
発売秒読み! CX-80は人気の3列シート車になれるか? マツダの3列シート車の歴史を3分で振り返る!
発売秒読み! CX-80は人気の3列シート車になれるか? マツダの3列シート車の歴史を3分で振り返る!
ベストカーWeb
ふたりの偉業達成に、影薄まるドゥカティ勢。ドルナ買収による今後とレースの健全性/MotoGPの御意見番に聞くアメリカズGP
ふたりの偉業達成に、影薄まるドゥカティ勢。ドルナ買収による今後とレースの健全性/MotoGPの御意見番に聞くアメリカズGP
AUTOSPORT web
ついに出た!新型「ランドクルーザー250」発売!2種類の限定車もラインナップ!
ついに出た!新型「ランドクルーザー250」発売!2種類の限定車もラインナップ!
グーネット
こんなクルマよく売ったな!!【愛すべき日本の珍車と珍技術】異業種合同プロジェクトで生まれたWiLL VS ステルス戦闘機を想わせる超個性派ハッチバック!
こんなクルマよく売ったな!!【愛すべき日本の珍車と珍技術】異業種合同プロジェクトで生まれたWiLL VS ステルス戦闘機を想わせる超個性派ハッチバック!
ベストカーWeb
なんちゃってセレブにヘリコプターで鈴鹿サーキットへ!「2024 F1日本グランプリ」の華やかなパドックをレポートするわよ
なんちゃってセレブにヘリコプターで鈴鹿サーキットへ!「2024 F1日本グランプリ」の華やかなパドックをレポートするわよ
Auto Messe Web
「トヨタとフェラーリは調子を取り戻す」開幕戦表彰台独占のポルシェ、第2戦に向け楽観視はせず
「トヨタとフェラーリは調子を取り戻す」開幕戦表彰台独占のポルシェ、第2戦に向け楽観視はせず
AUTOSPORT web
進化型GRヤリスの外装を採用。トヨタGR、全日本ラリー3連戦の初戦唐津で意義ある6位完走
進化型GRヤリスの外装を採用。トヨタGR、全日本ラリー3連戦の初戦唐津で意義ある6位完走
AUTOSPORT web
アコスタ、史上最年少での連続表彰台獲得「トップ選手たちと戦えて本当に嬉しい」/第3戦アメリカズGP 決勝
アコスタ、史上最年少での連続表彰台獲得「トップ選手たちと戦えて本当に嬉しい」/第3戦アメリカズGP 決勝
AUTOSPORT web
気取らないゴルフ的:フォルクスワーゲンID.3 反発意見も多い:テスラ・モデル3 カッコだけじゃない:ルノー・メガーヌ E-テック お手頃EV 12台比較(3)
気取らないゴルフ的:フォルクスワーゲンID.3 反発意見も多い:テスラ・モデル3 カッコだけじゃない:ルノー・メガーヌ E-テック お手頃EV 12台比較(3)
AUTOCAR JAPAN
車高調に交換しても純正ダンパーは捨てちゃダメ! 加工してオーダーメイドのサスペンションに生まれ変わる「K-one DAMPERリプレイス」とは
車高調に交換しても純正ダンパーは捨てちゃダメ! 加工してオーダーメイドのサスペンションに生まれ変わる「K-one DAMPERリプレイス」とは
Auto Messe Web
スーパーGT第1戦岡山のZFアワードはGT300優勝のmuta Racing INGINGが受賞
スーパーGT第1戦岡山のZFアワードはGT300優勝のmuta Racing INGINGが受賞
AUTOSPORT web
シトロエン C3エアクロス 新型、間もなくデビューへ…ティザー
シトロエン C3エアクロス 新型、間もなくデビューへ…ティザー
レスポンス
日本GPでは2台が接触する不運も。今季絶不調のアルピーヌF1、ファミン代表がチームを鼓舞
日本GPでは2台が接触する不運も。今季絶不調のアルピーヌF1、ファミン代表がチームを鼓舞
AUTOSPORT web
再舗装も行われた上海でのスプリントにドライバーらが反対「マシンがトリッキーになることを考えるといい選択ではない」
再舗装も行われた上海でのスプリントにドライバーらが反対「マシンがトリッキーになることを考えるといい選択ではない」
AUTOSPORT web
見ても食べても楽しすぎる! 新たな「レクサスカフェ」誕生! クルマと道を体感する「LEXUS MEETS...」とは
見ても食べても楽しすぎる! 新たな「レクサスカフェ」誕生! クルマと道を体感する「LEXUS MEETS...」とは
くるまのニュース
ニュルブルクリンクADAC 24h第1レースでトーヨータイヤ「プロクセス」装着車両がワンツーフィニッシュ
ニュルブルクリンクADAC 24h第1レースでトーヨータイヤ「プロクセス」装着車両がワンツーフィニッシュ
レスポンス

みんなのコメント

2件
  • 輸入車のEV車ツイッター見てると、いきなり動かなくなってレッカーで修理も未定、連絡も無い・・・という情報がめちゃくちゃ多い。
    輸入車の方がデザインかなり良いし乗り味も良いけど、EVに関してはまだ不安の方が大きい。
    EVは国産の方が信頼できるなぁ。
    結果EVは3年後以降に検討します。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

559.0659.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

34.0649.0万円

中古車を検索
メガーヌ ルノー・スポールの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

559.0659.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

34.0649.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村