現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「こだわりのエンジン車」世界で最も美しいクーペ、レクサスLCと2UR型マルチシリンダーV8の絶妙マッチング

ここから本文です

「こだわりのエンジン車」世界で最も美しいクーペ、レクサスLCと2UR型マルチシリンダーV8の絶妙マッチング

掲載 更新 37
「こだわりのエンジン車」世界で最も美しいクーペ、レクサスLCと2UR型マルチシリンダーV8の絶妙マッチング

官能のパワーとV8サウンド。最後の5リッター自然吸気は絶品

 ボア94mmの名機、トヨタUR系V8エンジンは、レクサスLC500が搭載する5リッターの2UR-GSE型を最後にその役目を終える気配が濃厚だ。
 2UR型を自然吸気エンジンとして最初に味わったのは2007年にデビューしたISFだった。ISFはドイツのライバル(AMGやBMW・M)に勝るとも劣らないスペックと、官能的なフィールでユーザーを魅了した。中でも高回転域で高らかに響き渡るエグゾーストノートは、耳に心地よく響く官能的なナイスサウンドだった。

レクサス「カーボンニュートラル戦略」の象徴。LF-Zエレクトリファイドは、走りと造形の両面でプレミアム度を鮮明化

 マニアックな5リッター・V8自然吸気エンジンが、世界で最も美しいクーペ、LCに積まれたのは2017年。477ps/7100rpm、540Nm/4800rpmのスペックと、世界最速の変速スピードを誇る10速ATの組み合わせは、印象的な造形にふさわしいパフォーマンスをもたらした。レクサスの「リボーン」を牽引したこのラグジュアリークーペには、3.5リッターV6とモーターを組み合わせたハイブリッド仕様の500hもラインアップされ、デビュー当初は個人的にハイブリッドのほうがLCのキャラクターにふさわしい、と思っていた。だが、V8の500にじっくりと乗って考えが変わった。

とびきり優雅で贅沢な走り。今のうちにこの魅力を味わおう!

 2UR-GSE型V8は、同じレクサスのLFA用V10と並ぶ、日本が生んだ最高のマルチシリンダーNAユニットである。とにかく踏み込む瞬間がたまらなく気持ちがいい。いまとなっては驚くほどのパワースペックではないし、実際、思い切りアクセル踏み込んだところで速さはスーパースポーツの域には届かない。だが、それがかえっていい。エンジンフィールをじっくり楽しめるからだ。小気味いい10速ATもこのエンジンに合っている。

 通常は豊かなトルクを感じながらゆったりとクルージングを楽しみ、状況に応じてV8の本領を堪能する。LC500には、とびきり贅沢で優雅なドライビングプレジャーがある。しかもエンジンサウンドが絶品。絶妙に調律された珠玉のV8サウンドは、それだけでも500を選ぶ価値がある。
 LC500は、内燃機関の音と心地よさを、いまのうちに思い切り楽しんでおきたい……、そんなユーザーにぴったりのスペシャルモデルだ。クーペもいいが、4層構造のソフトトップを採用したコンバーチブルも魅力的である。

 とはいえ正直にいうと、もう少し小さめのボディ、ISとの組み合わせがパワーフィール的にはベターだと思う。実際、北米市場ではIS500という2UR型を積んだ限定車が登場した。日本市場への導入を切に望む。たとえそれが最後の2UR型となったとしてもだ。

関連タグ

こんな記事も読まれています

惜敗のランド・ノリス。序盤のピットストップは「守りの動きだった」とマクラーレンF1代表が説明
惜敗のランド・ノリス。序盤のピットストップは「守りの動きだった」とマクラーレンF1代表が説明
AUTOSPORT web
不安を残した初日から改善し、PP獲得&優勝。レッドブル代表は状況好転の理由に“ブエミの貢献”を挙げる/F1第7戦
不安を残した初日から改善し、PP獲得&優勝。レッドブル代表は状況好転の理由に“ブエミの貢献”を挙げる/F1第7戦
AUTOSPORT web
小林可夢偉、“SF未経験エンジニア”新加入に好感触。松田次生アンバサダーは『10画面でSFgo』。増強止まぬKCMG
小林可夢偉、“SF未経験エンジニア”新加入に好感触。松田次生アンバサダーは『10画面でSFgo』。増強止まぬKCMG
AUTOSPORT web
まさかの「ランボルギーニ“ミニバン”」! “V12”搭載&斬新「2列目1人乗り」仕様!  ガルウィングも採用の「ジェネシス」とは
まさかの「ランボルギーニ“ミニバン”」! “V12”搭載&斬新「2列目1人乗り」仕様! ガルウィングも採用の「ジェネシス」とは
くるまのニュース
KGモーターズ、超小型モビリティの車名を『mibot』と発表
KGモーターズ、超小型モビリティの車名を『mibot』と発表
レスポンス
【祝20周年で20のトリビア】マクラーレン本社の知っていて自慢できるウンチクを紹介「設計コンセプトはNASAとディズニー!?」
【祝20周年で20のトリビア】マクラーレン本社の知っていて自慢できるウンチクを紹介「設計コンセプトはNASAとディズニー!?」
Auto Messe Web
「ルビコン」と「サハラ」は別用途 【ジープ新型ラングラーを早速試乗】 その違いとは?
「ルビコン」と「サハラ」は別用途 【ジープ新型ラングラーを早速試乗】 その違いとは?
AUTOCAR JAPAN
俳優パトリック・デンプシーがレース復帰へ。マグヌッセンやダルジールらが出場する耐久シリーズに参戦決定
俳優パトリック・デンプシーがレース復帰へ。マグヌッセンやダルジールらが出場する耐久シリーズに参戦決定
AUTOSPORT web
日産の新型「小さな高級車」公開! “大胆顔”「コンパクトSUV」のデザインに込められた意味とは? オシャ内装&タフ外装の「新キックス」米に登場へ
日産の新型「小さな高級車」公開! “大胆顔”「コンパクトSUV」のデザインに込められた意味とは? オシャ内装&タフ外装の「新キックス」米に登場へ
くるまのニュース
こりゃトラックドライバーにとってパラダイス! いすゞエルフが採用した「スペースキャブ」がスゴイ!!
こりゃトラックドライバーにとってパラダイス! いすゞエルフが採用した「スペースキャブ」がスゴイ!!
WEB CARTOP
1990年代、クルマの珍技術3選 Vol.2
1990年代、クルマの珍技術3選 Vol.2
GQ JAPAN
新しいホンダ シビックが出た!──GQ新着カー
新しいホンダ シビックが出た!──GQ新着カー
GQ JAPAN
スーパーSUVの本命、ついに日本で乗った!──新型フェラーリ プロサングエ試乗記
スーパーSUVの本命、ついに日本で乗った!──新型フェラーリ プロサングエ試乗記
GQ JAPAN
ポルシェ博物館、来場者が600万人に…『911ターボ』50周年記念展は7月から
ポルシェ博物館、来場者が600万人に…『911ターボ』50周年記念展は7月から
レスポンス
道路の「トンネル」 なぜ「5000m以上」少ない? “ギリギリ”4998mに抑えた例も… 「長すぎるトンネル」限られているワケは
道路の「トンネル」 なぜ「5000m以上」少ない? “ギリギリ”4998mに抑えた例も… 「長すぎるトンネル」限られているワケは
くるまのニュース
ビール会社がF1のスポンサー、いいんですか? ハイネケンがF1とのパートナーシップで狙うモノとは
ビール会社がF1のスポンサー、いいんですか? ハイネケンがF1とのパートナーシップで狙うモノとは
motorsport.com 日本版
やっぱりワクワクするF1モナコGPは今週末! F2&F3は木曜日から走行開始……お見逃しなく|F1モナコGP DAZN配信スケジュール
やっぱりワクワクするF1モナコGPは今週末! F2&F3は木曜日から走行開始……お見逃しなく|F1モナコGP DAZN配信スケジュール
motorsport.com 日本版
[音響機材・チョイスの勘どころ]「ボックスサブウーファー」のタイプごとの特徴を解説!
[音響機材・チョイスの勘どころ]「ボックスサブウーファー」のタイプごとの特徴を解説!
レスポンス

みんなのコメント

37件
  • 世界で最も美しいかどうかは分からない。ただこれまでにはなかった美しさはあると思う。欲しい。
  • パワー、サウンド、前後重量バランス、デカい割にはハンドリングの応答性・・・国産で最高クラスかと。

※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1400.01760.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

565.02120.0万円

中古車を検索
LCの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1400.01760.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

565.02120.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村