サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 【上海モーターショー2021】日産 新型「エクストレイル」を発表

ここから本文です

【上海モーターショー2021】日産 新型「エクストレイル」を発表

日産は2021年4月19日、上海モーターショー2021に出展する新型「エクストレイル」を発表しました。上海モーターショー2021には、「エクストレイル」以外に新型クロスオーバーEV「アリア」なども展示します。

アシュワニ・グプタ最高執行責任者(COO)は、「中国はモビリティの未来を生み出す最前線にあります。日産は、コネクティビティや自動運転技術、そして電動化技術におけるイノベーションを推進し続け、革新的で最先端の技術を中国のお客さまにお届けし、モビリティの未来を切り拓いていきます。また、最新のe-POWERを中国における最量販セダンであるシルフィを皮切りに、2025年までに6車種へ搭載します」と語りました。

日産 EV「リーフ」を一部仕様向上 新グレード「アーバンクロム」も追加

新型エクストレイルは、日産にとって最も重要なグローバル戦略車で、既にアメリカで発売されている「ローグ」に続き、中国モデルとしてベールを脱ぎました。

新型エクストレイルは、新たな日産デザインでまとめられ、最新テクノロジーであるインテリジェント・ドライビングやコネクティビティを搭載し、従来のSUVとは一線を画すクロスオーバーSUVです。中国市場への投入は2021年下期が予定されています。

日産ブースでは、この他に今後展開する「e-POWER」は、中国政府が策定した新エネルギー車のロードマップの推進に貢献すること、2030年代早期より主要市場に投入する新型車を全て電動車両とすること、2050年までに事業活動と製品のライフサイクル全体においてカーボンニュートラルを実現するというアピールを行なっています。

そしてEVや電動化戦略における数々のイノベーションと取り組みを紹介。日産は中国市場に2025年までに電動化モデルとして9車種を投入する予定で、新型クロスオーバーEVの「アリア」は、電動化を象徴するメインモデルとされています。この他に電気自動車の先駆者である「リーフ」も出展します。

さらに、2025-2026年シーズンまでという長期的に参戦することを表明している100%EVによる公道レース選手権であるフォーミュラEの取り組みも紹介されます。

日産 エクストレイル 関連記事
日産 関連記事
日産自動車 公式サイト

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します