現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「10年基準」を謳って10年で終売……ってそういう意味だったの!? ユーノス800という懐かしすぎる高級車

ここから本文です

「10年基準」を謳って10年で終売……ってそういう意味だったの!? ユーノス800という懐かしすぎる高級車

掲載 21
「10年基準」を謳って10年で終売……ってそういう意味だったの!? ユーノス800という懐かしすぎる高級車

 この記事をまとめると

■マツダの「ユーノス」チャンネルのフラッグシップとして「ユーノス800」は1993年に登場した

「レクサス」「インフィニティ」「アキュラ」に続くはずの国産4つめのプレミアムブランド! 幻と消えたマツダの「アマティ」を知ってるか?

■「十年基準」のテーマで21世紀でも存在感を放つことを目指して生み出された

■1993年のデビューから10年経った2003年に「十年基準」のテーマを実現して終売した

 マツダが21世紀のために用意した高級車

 1989年にスタートしたマツダ5チャンネル体制。そのなかのユーノスブランドのフラッグシップモデルとして、満を持して1993年10月に送り出されたのがユーノス800だった。

 ユーノスブランドで販売されていた100、300、500の最後を飾るモデルとなっており、「十年基準」というテーマのとおり、デビューから10年後の21世紀になっても明確な存在感を放ち続けることを目指して生み出されたものだった。

 それはメカニズムにも表れており、世界初のミラーサイクルエンジンを実用化して搭載。この2.3リッターV6のミラーサイクルエンジンは、一般的なエンジンよりも大幅にエネルギー効率を高めたものとなっており、そこにリショルムコンプレッサーを用いたスーパーチャージャーを組み合わせることで、2.3リッターの排気量ながら220馬力/30.0kg-mという3リッター級の出力と、10・15モードで10.6km/Lと2リッター並みの燃費性能を実現したとうたわれていた(通常の2.5リッターV6 NAエンジンもラインアップ)。

※写真はマツダ・ミレーニア

 また、前輪駆動モデルでありながら新開発のマルチリンクサスペンションを採用しており、快適でしなやかな乗り心地と高い走行安定性を実現。

※写真はマツダ・ミレーニア

 ヨーレイト感応式4WSやABS、トラクションコントロール、両席エアバッグといった安全装備を積極的に採り入れていたほか、アルミボンネットやソーラーベンチレーションシステムなども用意され、力の入れようを感じ取れる意欲作となっていた。

※写真はマツダ・ミレーニア

 スタイルは、ユーノス500をそのまま大きく伸びやかにしたようなスタイリッシュなフォルムとなっており、欧州車のような独特な雰囲気を醸し出していたことも特筆すべきポイントだった。

 そんなユーノス800だが、ご存じのとおりマツダ5チャンネル体制が1996年に終焉を迎えると、正式名称を「マツダ・ユーノス800」として販売を継続。

 そして、翌年には北米市場で名乗っていた「ミレーニア」へと改名を行い、1998年には新たにエントリーグレードとして2リッターV6エンジンを搭載するグレードを追加した。

 2000年7月にはビッグマイナーチェンジを実施し、当時のファミリーフェイスである5角形グリルを採用するフロントマスクを導入するなど大がかりな変更がなされ、同時にミラーサイクルエンジン搭載車が消滅。2002年10月には排出ガス基準に対応するために2リッターモデルも終売し、2.5リッターのみのラインアップとなった。

 そして1993年のデビューから10年後となる2003年に生産を終了し、十年基準というテーマは果たされることとなったのだった。

こんな記事も読まれています

中古スポーツカーを買う際のチェックポイントとは? 購入後に泣かないための必須項目3つを解説します
中古スポーツカーを買う際のチェックポイントとは? 購入後に泣かないための必須項目3つを解説します
Auto Messe Web
F1、フォーミュラE、ヒストリック。2024年モナコ3大モーターレースのメインビジュアルが揃う
F1、フォーミュラE、ヒストリック。2024年モナコ3大モーターレースのメインビジュアルが揃う
AUTOSPORT web
ヤマハ伝統の“白×赤”カラーがついに登場!ネオレトロバイク『XSR900』2024年モデル
ヤマハ伝統の“白×赤”カラーがついに登場!ネオレトロバイク『XSR900』2024年モデル
レスポンス
幻のタイムになっていたかも? アロンソ、予選3番手の大金星も計測ラップ序盤のミスで「中断するかどうか話をした」
幻のタイムになっていたかも? アロンソ、予選3番手の大金星も計測ラップ序盤のミスで「中断するかどうか話をした」
motorsport.com 日本版
ヤマハ、スポーツヘリテージ『XSR900』2024年モデルを5月20日に発売。新色のホワイトとブラックを用意
ヤマハ、スポーツヘリテージ『XSR900』2024年モデルを5月20日に発売。新色のホワイトとブラックを用意
AUTOSPORT web
使い古しのTシャツ……とかじゃダメ? 洗車時に使う「クロス」は「モノ」と「部位ごとの使いわけ」がめちゃくちゃ重要だった
使い古しのTシャツ……とかじゃダメ? 洗車時に使う「クロス」は「モノ」と「部位ごとの使いわけ」がめちゃくちゃ重要だった
WEB CARTOP
【スタッフ通信】日産キャラバン MYROOMで遊びに行ったよ
【スタッフ通信】日産キャラバン MYROOMで遊びに行ったよ
Auto Prove
圧巻フェルスタッペン。F1中国GPでスプリントに続き予選も制圧「マシンはとってもドライブしやすかったよ!」
圧巻フェルスタッペン。F1中国GPでスプリントに続き予選も制圧「マシンはとってもドライブしやすかったよ!」
motorsport.com 日本版
「さすがに勘弁してよ!」顔は笑ってても心は激怒! ディーラーマンが嘆く「イヤ~な客」の言動7つ
「さすがに勘弁してよ!」顔は笑ってても心は激怒! ディーラーマンが嘆く「イヤ~な客」の言動7つ
WEB CARTOP
“タワーがない側”の長津田駅前 ロータリー整備の進捗は バス/タクシー/歩行者を分離へ
“タワーがない側”の長津田駅前 ロータリー整備の進捗は バス/タクシー/歩行者を分離へ
乗りものニュース
日産の新型「コンパクトな“高級SUV”」実車公開! 「みんなが納得」の全面刷新! ゴツ進化の新型「キックス」NYに登場で称賛の声集まる
日産の新型「コンパクトな“高級SUV”」実車公開! 「みんなが納得」の全面刷新! ゴツ進化の新型「キックス」NYに登場で称賛の声集まる
くるまのニュース
F1中国GP FP1:唯一のフリー走行はストロールが最速、ピアストリとフェルスタッペンが続く。角田は最多27周を走行
F1中国GP FP1:唯一のフリー走行はストロールが最速、ピアストリとフェルスタッペンが続く。角田は最多27周を走行
AUTOSPORT web
[15秒でわかる]トヨタ『4ランナー』新型…オフロード仕様のTRDプロを設定
[15秒でわかる]トヨタ『4ランナー』新型…オフロード仕様のTRDプロを設定
レスポンス
フェルスタッペン、開幕5戦連続のポール獲得! レッドブルがフロントロウ独占、角田裕毅苦しい19番手|F1中国GP予選
フェルスタッペン、開幕5戦連続のポール獲得! レッドブルがフロントロウ独占、角田裕毅苦しい19番手|F1中国GP予選
motorsport.com 日本版
【全幅2mの新型レクサスSUV】 レクサスGX550 100台抽選「GX550オーバートレイル+」も国内先駆け販売
【全幅2mの新型レクサスSUV】 レクサスGX550 100台抽選「GX550オーバートレイル+」も国内先駆け販売
AUTOCAR JAPAN
ヤマハ、1980年代のGPマシンをオマージュした『XSR900 GP』を5月20日に発売。価格は143万円
ヤマハ、1980年代のGPマシンをオマージュした『XSR900 GP』を5月20日に発売。価格は143万円
AUTOSPORT web
F1中国GP予選速報|フェルスタッペンが驚異のアタックでポール獲得! 僚友ペレスが2番手。角田裕毅は19番手と苦戦続く
F1中国GP予選速報|フェルスタッペンが驚異のアタックでポール獲得! 僚友ペレスが2番手。角田裕毅は19番手と苦戦続く
motorsport.com 日本版
新型『プジョー9X8』の進歩を確信するミューラー。一方、初陣への期待は「現実的であるべき」と控えめ
新型『プジョー9X8』の進歩を確信するミューラー。一方、初陣への期待は「現実的であるべき」と控えめ
AUTOSPORT web

みんなのコメント

21件
  • yko********
    やっぱ5チャンネル化は無謀だったんだよ、そのせいで売れるはずのクルマも焦点がぼやけて売りなくなる
    せめて3チャンネルで我慢しておけば…
  • ********
    ※写真はマツダ・ミレーニア

    しつこいわ(笑)
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村