現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > えっと、カタチと車名が一致しない! 記憶の片隅に残ってる「モヤモヤ国産車」10選

ここから本文です

えっと、カタチと車名が一致しない! 記憶の片隅に残ってる「モヤモヤ国産車」10選

掲載 更新 10
えっと、カタチと車名が一致しない! 記憶の片隅に残ってる「モヤモヤ国産車」10選

超マイナー車以上、ふつうの売れ筋車未満な薄口カーたち

 クルマに限らず、印象が薄いというのはよくある。すっかり忘れてしまえばスッパリしているのだが、形だけ頭の片隅に残っているなど、中途半端だとモヤモヤする。クルマの場合、大ヒットになれば鮮明に覚えているし、逆に超マイナー車であれば覚えていない可能性が高い。

限定車でもないのに「40台」しか売れず? 鳴かず飛ばずのトホホな「平成不人気車」7選

 その中間的な、車名が出てこないクルマを10台集めてみた。所有していたり、現在も乗っている方にとっては車名は出てくるし、覚えているかいないかは人それぞれ。世間のイメージということでご勘弁を。

トランスフォームするコンセプトが強烈過ぎて車名が付いてこず

【日産エクサ/1986年発売】

 1986年に出た2代目エクサは、リヤまわりが脱着できてワゴンやクーペになったり、ピックアップにできる自由自在なスタイルだった。この点が強烈過ぎて逆に車名が出てこないし、出てきてもエクザと呼んだりすることも。ちなみに第7回 1986-1987カー・オブ・ザ・イヤー受賞車。

ワゴンブームは風前の灯火で日本での認知度は低かった

【トヨタ・アベンシス(3代目前期、日本仕様)/2011年発売】

 ワゴンブームも下火で、国内ではわざわざ開発するほどの需要はなかったことから、2003年にイギリスからの輸入が開始されたのがアベンシス。イギリス製のあれね、で終わってしまうこと多々あり。ちなみに写真は、欧州モデルとしては3代目となる2011年に日本導入仕様。

「あ~、所さんのCMでやってたよね!」なGM製Dセグ2ドアクーペ

【トヨタ・キャバリエ/1996年発売】

 アメリカとの貿易摩擦解消のために、トヨタが1996年に販売開始したのが、シボレーのキャバリエ。車名もそのままで、あまりにも売れないため、金色の通称=金キャバ、黒色=黒キャバなどが続々登場しつつも、やっぱり売れなかった。所ジョージがCMしていた「アメ車のトヨタ車」までは覚えている人は多いだろう。

発売が数年早ければヒット作になったかもしれない!?

【トヨタ・カレン/1994年発売】

 バブルの勢いで登場したものの、1994年では弾けたあとで需要がなかったセリカのノッチバッククーペ。アメリカではよく見かけたのだが、日本ではさっぱり。ただセリカにトランクが付いたのがあったというのは覚えていたりする。「そのクルマは可憐(カレン)」とCMやっていたし。

一瞬で見分けることができたらマニア確定!

【トヨタ・カローラセレス&スプリンターマリノ/1992年発売】

 こちらもバブルの申し子のようなモデルで、当時流行ったサッシュレスの4ドアハードトップで、丸みを帯びたスタイルと極端に寝たサイドが特徴だった。セレスはカローラ、マリノはスプリンターがベースで、カリーナEDやエクシブの弟分となる。「海からマリノ」という意味不明のフレーズもCMで流れていた。

女性向けに訴求するにはあまりにもデザインが「ふつう」過ぎた

【スバル・インプレッサ リトナ/1995年発売】

 1990年代はクーペモデルがけっこうあった時代だ。インプレッサにもあって、輸出仕様の2ドアを国内向けに販売したのがこちら。あまり売れず、その後に出たWRX STiのベースに使われたという噂もあったほど。ちなみにリトナ自体は女性向けのイメージをアピールしていた。

運転席側はヒンジドア、助手席側はスライドドアを採用した兄弟車

【トヨタ・ポルテ&スペイド/2012年発売】

 なんか小さいミニバンみたいなのがあったよね、というほどのイメージの薄さ。2020年9月に販売終了したので最近のことだが、車名については出てこず。ポルテとスペイドの差もよくわからず。

オペルブランドの兄弟車もあって余計に車名が浸透せず

【スバル・トラヴィック/2001年発売】

 2001年にGMグループの関係でスバルでも販売したオペルの3列シートミニバン。できはよかったが、イメージが薄く、スバルでそういうクルマがあったというところだけが記憶に残っていたりする。ちなみにオペル版はザフィーラで、こちらも1999年から日本で売っていたから、非常に紛らわしかった。

正直、その存在すら知らない人も多いのでは……

【三菱ピスタチオ/1999年発売】

 軽のトールワゴンとして登場したものの、泣かず飛ばず。かわいい車名だけ覚えている人も多いのではなかろうか。ちなみに三菱車で一番売れなかったモデルとされる。

北米ではアキュラブランドから発売の高級SUV

【ホンダMDX/2001年発売】

 北米では2001年から販売されていて、途中から日本にも輸入されて販売していた、ビッグな3列仕様SUV。CR-Vより大きなSUVがあったよね、という記憶があるが、忘却のギリギリのラインにある気もする。

 そのほか、番外的に言うと、マツダの5チャンネル政策で出てきた大量の兄弟車たちは形と車名がほぼ一致しないということに。イメージと車名があってこそ、販売は伸びるというのはやはり大切ということを知らしめてくれた。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

EV需要落ち込み アウディQ8 eトロン「工場閉鎖」を検討、早期生産終了の可能性も
EV需要落ち込み アウディQ8 eトロン「工場閉鎖」を検討、早期生産終了の可能性も
AUTOCAR JAPAN
BMWの二輪世界販売が新記録、0.2%増の11万台超え 2024年上半期
BMWの二輪世界販売が新記録、0.2%増の11万台超え 2024年上半期
レスポンス
車両区分を変化させることができる eバイク「ENNE F750」の先行受け付け整理券を7/19まで配布中!
車両区分を変化させることができる eバイク「ENNE F750」の先行受け付け整理券を7/19まで配布中!
バイクブロス
クルマの原価50%以上をソフトウェアが占める時代に? メカ製品"だけじゃない"デンソーが戦うための戦略とは
クルマの原価50%以上をソフトウェアが占める時代に? メカ製品"だけじゃない"デンソーが戦うための戦略とは
くるまのニュース
トヨタ、認証不正の『ヤリスクロス』など生産停止継続、新型『クラウン』は発売延期へ[新聞ウォッチ]
トヨタ、認証不正の『ヤリスクロス』など生産停止継続、新型『クラウン』は発売延期へ[新聞ウォッチ]
レスポンス
「F1技術の成果」レッドブルが市販ハイパーカー『RB17』発表…900kgのボディに1200馬力V10搭載
「F1技術の成果」レッドブルが市販ハイパーカー『RB17』発表…900kgのボディに1200馬力V10搭載
レスポンス
JLR レンジローバーSVに限定コレクション5台を国内導入
JLR レンジローバーSVに限定コレクション5台を国内導入
Auto Prove
コンビニの「前向き駐車」なぜ呼びかけ? 無視すると違反? 罰則は? そもそも「なぜ前向き」なの? バック駐車がダメな理由
コンビニの「前向き駐車」なぜ呼びかけ? 無視すると違反? 罰則は? そもそも「なぜ前向き」なの? バック駐車がダメな理由
くるまのニュース
特定のバイクに乗っているとETCゲートが開かない!? 原因はブロックタイヤかも
特定のバイクに乗っているとETCゲートが開かない!? 原因はブロックタイヤかも
バイクのニュース
フィアットの歴史を辿る新博物館「Casa FIAT」開館…創業125周年に合わせて
フィアットの歴史を辿る新博物館「Casa FIAT」開館…創業125周年に合わせて
レスポンス
“帝王”・本山哲監督からの、SFルーキーへの金言。木村偉織「『実力以上の結果は出ない』という言葉で、気持ちを整えてレースに臨める」
“帝王”・本山哲監督からの、SFルーキーへの金言。木村偉織「『実力以上の結果は出ない』という言葉で、気持ちを整えてレースに臨める」
motorsport.com 日本版
アウディA4がフルモデルチェンジ、車名は『A5』に…欧州発表
アウディA4がフルモデルチェンジ、車名は『A5』に…欧州発表
レスポンス
110万円で5人乗り! 全長3.2mのスズキ「超小型ミニバン」がスゴい! “軽より小さい”旧車ボディ×めちゃシンプル装備!? 割り切りすぎたスズキ「パキスタン製バン」とは
110万円で5人乗り! 全長3.2mのスズキ「超小型ミニバン」がスゴい! “軽より小さい”旧車ボディ×めちゃシンプル装備!? 割り切りすぎたスズキ「パキスタン製バン」とは
くるまのニュース
8/28申込締切 トランプ政権2.0時代のサプライチェーンと日本に求められる対応
8/28申込締切 トランプ政権2.0時代のサプライチェーンと日本に求められる対応
レスポンス
ニッサン新型「“車中泊”バン」初公開! 斬新「堂々マスク」もはや“次期エルグランド”!? 広大「寝床」搭載の新型「インタースター」ドイツで展示
ニッサン新型「“車中泊”バン」初公開! 斬新「堂々マスク」もはや“次期エルグランド”!? 広大「寝床」搭載の新型「インタースター」ドイツで展示
くるまのニュース
ライダーを守る最後の要! 首都高が導入する転落防止構造とは?
ライダーを守る最後の要! 首都高が導入する転落防止構造とは?
バイクのニュース
【スタッフ通信】韓国へ行ってみたら驚きの連続 続編
【スタッフ通信】韓国へ行ってみたら驚きの連続 続編
Auto Prove
台湾「oToBrite」、大型商用車向けの世界初の一体型ADAS出展へ…人とくるまのテクノロジー展2024名古屋
台湾「oToBrite」、大型商用車向けの世界初の一体型ADAS出展へ…人とくるまのテクノロジー展2024名古屋
レスポンス

みんなのコメント

10件
  • そもそもピスタチオは自治体や公益企業向けの受注生産車で、一般には販売していなかった。
    「泣かず飛ばす」とか書いてるライターは無知もいいところ。恥を知れ。
  • 三菱ピスタチオは軽自動車ではない。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

233.1347.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.861.1万円

中古車を検索
アベンシスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

233.1347.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.861.1万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村