現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 1,108馬力の「ポルシェ タイカン ターボGT ヴァイザッハパッケージ」が2つのサーキットのラップ記録を更新した!

ここから本文です

1,108馬力の「ポルシェ タイカン ターボGT ヴァイザッハパッケージ」が2つのサーキットのラップ記録を更新した!

掲載 1
1,108馬力の「ポルシェ タイカン ターボGT ヴァイザッハパッケージ」が2つのサーキットのラップ記録を更新した!

Porsche Taycan Turbo GT(ポルシェ タイカン ターボGT):ヴァイザッハパッケージを装備した1108馬力のタイカンがラグナセカとニュルブルクリンクのラップタイム記録を塗り替えた。

このような数字を考えれば、ポルシェが最近、電気自動車「タイカン ターボGT」で2つの印象的なレーストラック記録を樹立したことは驚くべきことではない:ラグナセカ(1分27秒87)とニュルブルクリンクのノルドシュライフェ(7分07秒55)で、ポルシェの開発ドライバーであるラース カーンが、電気自動車の市販車または市販前の車として新記録を樹立したのだ。0-100km/h加速2.2秒、最高速度305km/h、最高出力815kWまたは1108馬力。

雄牛がシールドから抜け出す!ランボルギーニ(Lamborghini)が26年ぶりにロゴを刷新

ヴァイザッハパッケージを装備したポルシェ タイカン ターボGTは後部座席なし「ラグナセカとノルドシュライフェでの2つの記録は、タイカンのサーキットでのポテンシャルの高さを示しています」とモデルシリーズ責任者のケビン ギークは喜びを語る。そして、「結局のところ、"サーキットレース"という至高の種目で成功するためには、パワーがあるだけでは不十分なのです。縦方向のダイナミクス、横方向のダイナミクス、エアロダイナミクス、安定性、そして細部にわたるチューニングなど、総合的なパッケージが適切でなければならないのです」と続けた。

ラグナセカとニュルブルクリンクのEVラップレコードを塗り替えた「ポルシェ タイカン GT バイザッハパッケージ」これを達成するため、ポルシェのエンジニアは様々な軽量構造と空力対策に注力し、例えばBピラーパネル、エクステリアミラーのアッパーシェル、サイドスカートのインサートにカーボンファイバーを使用するなど、「タイカン ターボS」比で最大75kgのスリム化を実現した。

一貫してレーストラック用に設計された「ヴァイザッハパッケージ」の「タイカン ターボGT」では、パワーウェイトレシオをさらに向上させるためにリアシートさえも取り外し、さらに70kgの軽量化を実現した。

フォーミュラEのようなアタックモードフォーミュラEに参戦するポルシェの「99Xスピードスター」と同様の機能を持つ"アタックモード"も目を見張る機能だ。ボタンを押すだけで、最大120kWの追加パワーを10秒間呼び出すことができるようになっている。ブーストはメータークラスターのカウントダウンタイマーで表示され、スピードメーターのリングアニメーションでダイナミックに演出される。

タイカン ターボGT(右)とヴァイザッハパッケージ装着モデル(左)。ポルシェは駆動方式自体も研ぎ澄まし、リアアクスルの半導体材料に炭化ケイ素を使用した、より強力で効率的なパルスインバーターを採用した。これにより、パルスインバーターのシフトロスが大幅に低減され、より高いシフト周波数が可能になった。ギアボックスの変速比と堅牢性も改善され、最大1340ニュートンメーターの高トルクが可能になった。

タイカン ターボGT:航続距離、納車、価格ポルシェは、「タイカン ターボGT」モデルの航続距離を最大555kmとしている。どちらのモデルにも、GT専用チューニングを施したポルシェのアクティブライドサスペンション、21インチの軽量鍛造ホイールに装着された専用パフォーマンスサマータイヤを含むダイナミックパッケージが標準装備されている。

ヴァイザッハパッケージの方は、リアシートを取り外してさらなる軽量化を施した。ブレーキには軽量セラミックブレーキが標準装備され、ブレーキシステムの重量はさらに2kg最適化されている。ヴァイザッハパッケージでは、カーボンファイバー製の固定式リアウイングも装備され、GTバージョンはいずれもシリーズの他のモデルよりも明らかにモータースポーツ志向が強くなっている。

最初の「タイカン ターボGT」は、2024年春から顧客に納車される予定だ。ドイツでは、「タイカン ターボGT」と「タイカン ターボGT ヴァイザッハパッケージ」がそれぞれ240,000ユーロ(約3,840万円)から販売される。

Text: autobild.dePhoto: Porsche AG

こんな記事も読まれています

装備はバッチリで程よくオシャレ 街乗りでも快適なトヨタ タウンエースがベースのキャンパー
装備はバッチリで程よくオシャレ 街乗りでも快適なトヨタ タウンエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
走りのグレード[グランツーリスモ]が熱かった! なぜY31セドリック/グロリアは輝いていたのか?
走りのグレード[グランツーリスモ]が熱かった! なぜY31セドリック/グロリアは輝いていたのか?
ベストカーWeb
もはや熟成の域だよレガシィアウトバック!! さすが4駆のスバル!! やっぱアウトドアにピッタリだった 
もはや熟成の域だよレガシィアウトバック!! さすが4駆のスバル!! やっぱアウトドアにピッタリだった 
ベストカーWeb
[ハイラックスサーフ]の後ろに注目!! 巨大リアウィングの機能がスゴかった
[ハイラックスサーフ]の後ろに注目!! 巨大リアウィングの機能がスゴかった
ベストカーWeb
トヨタ小林可夢偉が見据えるテール・トゥ・ウイン。「優勝以外リベンジとは言えない」と平川亮/ル・マン24時間
トヨタ小林可夢偉が見据えるテール・トゥ・ウイン。「優勝以外リベンジとは言えない」と平川亮/ル・マン24時間
AUTOSPORT web
LMP2新レギュレーション、3度目の導入延期。2027年末まで現行規定を維持へ
LMP2新レギュレーション、3度目の導入延期。2027年末まで現行規定を維持へ
AUTOSPORT web
2025年からのハイパーカー『最低2台義務』が正式発表。イモラはガレージ数を拡張へ
2025年からのハイパーカー『最低2台義務』が正式発表。イモラはガレージ数を拡張へ
AUTOSPORT web
マフラーを横から出しちゃダメだろ! クルマの「サイド排気」って車検に通るの?
マフラーを横から出しちゃダメだろ! クルマの「サイド排気」って車検に通るの?
ベストカーWeb
ル・マン24時間グランドマーシャルとTGR-E副会長で多忙な中嶋一貴。「しっかり役をこなしたい」
ル・マン24時間グランドマーシャルとTGR-E副会長で多忙な中嶋一貴。「しっかり役をこなしたい」
AUTOSPORT web
一体どこが抜け出すんだ!? 2024年ル・マン24時間は開始1時間を過ぎても依然接近戦……11番手発進トヨタ8号車もトップ争いに加わる
一体どこが抜け出すんだ!? 2024年ル・マン24時間は開始1時間を過ぎても依然接近戦……11番手発進トヨタ8号車もトップ争いに加わる
motorsport.com 日本版
ハイパーカーのホモロゲーションサイクルが2029年まで延長。水素クラス導入は2028年へ4度目の延期
ハイパーカーのホモロゲーションサイクルが2029年まで延長。水素クラス導入は2028年へ4度目の延期
AUTOSPORT web
アストンマーティン、2025年WECハイパーカー参戦を確認。2台のヴァルキリーAMR-LMHが登場へ
アストンマーティン、2025年WECハイパーカー参戦を確認。2台のヴァルキリーAMR-LMHが登場へ
AUTOSPORT web
築110年の駅舎には2つのミュージアム! バーストーの街はクルマ好きも鉄道好きも立ち寄る価値ありです【ルート66旅_56】
築110年の駅舎には2つのミュージアム! バーストーの街はクルマ好きも鉄道好きも立ち寄る価値ありです【ルート66旅_56】
Auto Messe Web
[セレナミニ]爆誕!? シエンタにフリードバカ売れなのに日産なぜ出さない!?
[セレナミニ]爆誕!? シエンタにフリードバカ売れなのに日産なぜ出さない!?
ベストカーWeb
2024年のル・マン24時間がスタート! フェラーリがすかさずワンツー奪取……トヨタ8号車6番手
2024年のル・マン24時間がスタート! フェラーリがすかさずワンツー奪取……トヨタ8号車6番手
motorsport.com 日本版
いよいよステーションワゴン登場! BMW i5 ツーリングへ試乗 万能道具感は先代を超えず?
いよいよステーションワゴン登場! BMW i5 ツーリングへ試乗 万能道具感は先代を超えず?
AUTOCAR JAPAN
富士6時間レースは9月に開催。WEC、ル・マンで全8戦の2025年レースカレンダーを発表
富士6時間レースは9月に開催。WEC、ル・マンで全8戦の2025年レースカレンダーを発表
AUTOSPORT web
ランボルギーニ史上初、ル・マン24時間レースのハイパーカークラスに参戦! SC63の2台体制で歴史的なデビューを飾ります
ランボルギーニ史上初、ル・マン24時間レースのハイパーカークラスに参戦! SC63の2台体制で歴史的なデビューを飾ります
Auto Messe Web

みんなのコメント

1件
  • まひろ
    まぁPORSCHEがラップの為に全フリだからなぁ この位は出すンだろーな。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2695.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1640.03258.0万円

中古車を検索
GTの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2695.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1640.03258.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村