現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なんと世界初のクロスオーバーワゴン!! レガシィアウトバックの魅力はレヴォーグを凌駕するのか?

ここから本文です

なんと世界初のクロスオーバーワゴン!! レガシィアウトバックの魅力はレヴォーグを凌駕するのか?

掲載 6
なんと世界初のクロスオーバーワゴン!! レガシィアウトバックの魅力はレヴォーグを凌駕するのか?

 かつてはワゴンの代名詞として君臨したレガシィシリーズだが、現在ではその座をレヴォーグに明け渡し、クロスオーバーワゴンのアウトバックのみの販売となっている。とはいえ個性的なスタイリングや乗り味、高い走破性といった魅力を持つ。そこでアウトバックの良さを深掘りし、さらにレヴォーグと比較検証した!

文/斎藤聡、写真/ベストカー編集部

なんと世界初のクロスオーバーワゴン!! レガシィアウトバックの魅力はレヴォーグを凌駕するのか?

■レガシィベースに車高を上げたSUVとして誕生

1995年に発売されたスバルレガシィグランドワゴン

 レガシィアウトバック、実は世界初のクロスオーバーワゴンなのです。登場したのは1994年。まずは北米で発売され、翌1995年にレガシィグランドワゴンとして国内で発売になります。

 このクルマは間違いなくスバルが作り出した名車の一台だと思うのですが、このアウトバック(ランカスター)のように、名車が生まれる背景というのは、いくつかの偶然と時代的な必然が重なり合って作られるのでしょう。

 1980年代、スバルは北米に軸足を置くべくいすゞとともにスバル・いすゞ・オートモーティブという合弁会社を設立したのでした。ところがここで生産されるいすゞウイザードをホンダにOEM供給したことで、スバルは北米スバル代理店から猛烈な突き上げを食らいます。

 1980~1990年代北米ではジープチェロキーに代表されるSUVが人気を博しており、ウイザードもそのマーケットに投入したモデルだったわけですが、他方スバルはSUVを持っていなかったのです(フォレスターが登場するのは1997年のことになります)。

 そんなこともあって、スバルは大急ぎでSUVの開発を行うのですが、豊富な資金も、開発の時間もなかったことからレガシィの車高を上げ、200mmの最低地上高を確保してSUV仕立てにすることを思いつきます。

 そうやって作られたのがレガシィアウトバックたっだのです。ところがタフでマッチョなクルマが好まれる北米では、ステーションワゴンベースのアウトバックはあまり注目されず、1年ほど雄伏の時間が必要でした。

 やがて車重の軽さ、燃費の良さ(アメリカンSUVに比べると)、操縦性の良さ、悪路走破性の高さなど、オールマイティな性能が評価されるにつれ販売台数を伸ばし、結果的にスバルの北米における主力モデルの一つに成長したのでした。

 ちなみにワゴンタイプのSUVはのちにボルボXC70や、アウディ オールロードクワトロに発売に影響を与えることになります。

 国内では1995年にレガシィグランドワゴンとして登場し、1997年にランカスターに改称。2003年のフルモデルチェンジを機にアウトバックに改称して世界統一されました。

■アウトバックとレヴォーグの魅力を比較

クロスオーバーワゴンとして独自の魅力を放つスバルレガシィアウトバック

 さて、6代目となる現行型アウトバックは、2019年ニューヨークショーでワールドプレミアとなり、国内向けには2021年10月に発売となりました。

 プラットフォームはインプレッサやレガシィに採用されているものと同じSGP(スバルグローバルプラットフォーム)。

 ボディサイズはレガシィサイズを引き継ぎ、全長4870mm×全幅1875mm×全高1675mmでホイールベースは2745mm。レヴォーグは全長4755mm×全幅1795mm×全高が1500mmホイールベース2670mmなので、一回り大きなサイズとなっています。

 車重は、レガシィアウトバックX-BREAK EXが1680kg。ちなみにレヴォーグの1.8L STI SPORTS EXが1580kgなので、ちょうど100kg差ということになります。搭載するエンジンは1.8L 水平対向4気筒ターボでパワー&トルクは177ps/300Nmを発揮します。

ワゴンの魅力をけん引するスバルレヴォーグ

 このエンジンは低回転域から充実したトルクを発揮して、発進から骨太感のある加速を見せてくれるエンジンですが、レヴォーグと比べると100kg差と重心の違いもあって、クルマの動き出しのアクションがやや大きめ。

 大げさに言うと、リヤを沈め重心がググっと後ろにたまってから加速するような感覚があります。

 カーブでもサスペンションのストロークが大きいためか、大き目にロールします。ただグラグラとノーズだいぶやリヤスクオウト(沈み込み)、左右のロールが起こるわけではなく、適度に抑えの効いた重心の動きが分かりやすいタイプのもの。軽快なレヴォーグに対してやや重さ感というかどっしり感があります。

■アウトバックの優位性はどこにあるのか?

スバルグローバルプラットフォームが生み出す高次元の走りがアウトバックの魅力

 ただ、感心させられるのは、SGPに共通して感じられる4つのタイヤがビタッ! と路面をとらえている安定感があり、走らせても安心感があるのに、ハンドルを切り出すとボディごとスーッとまがっていくようなボディ、シャシーの素性の良さがあります。

 このあたりはレヴォーグとよく似たところで、クルマの動きややや大げさというか大きめに出ますが、クルマの本質的な動きは同じ、そんなふうに考えてもらえばいいと思います。

 欲を言えば、やはり1.8Lターボではちょっとだけ迫力不足。欲を言えばもう一声と言いたくなる。もうちょっと動力性能に余裕ができると、車重を意識することなく、さらに気持ちよく走れるのではないかと思う。

 アウトバックの優位性はというと、これは圧倒的な走破性の高さにあります。レヴォーグも4WDなので優れた走破性を備えていますが、最低地上高213mmを誇るアウトバックはもはやSUVに匹敵するほどのロードクリアランスがあり、高磯悪路走破性を持っています。

 また泥濘地などオフロードを走るためのX-MODEはブレーキ制御による4輪駆動力制御を基本にしているのですが、デフロックに匹敵する…といったら大げさかもしれませんが、それに近い性能を発揮します。アウトドアぐっと身近に楽しめるクルマだと思います。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

東北道「川口JCT」かなり変わる!? 外環道行きのズラリ渋滞に“実績ある対策”変更後の姿が明らかに
東北道「川口JCT」かなり変わる!? 外環道行きのズラリ渋滞に“実績ある対策”変更後の姿が明らかに
乗りものニュース
トヨタ「高級ワゴン」待望の復活へ! 新型「クラウン・エステート」まもなく発売!? “新種のクラウン”ネットでの反応は?
トヨタ「高級ワゴン」待望の復活へ! 新型「クラウン・エステート」まもなく発売!? “新種のクラウン”ネットでの反応は?
VAGUE
駐車場で「ドアミラーを畳む行為」に反響あり! 日本ならではの事情が存在!? あえて“畳まない人”の理由とは?
駐車場で「ドアミラーを畳む行為」に反響あり! 日本ならではの事情が存在!? あえて“畳まない人”の理由とは?
くるまのニュース
超簡単キャンプ飯 コンビニ食材で作る「鯖缶のトマトジュース煮」
超簡単キャンプ飯 コンビニ食材で作る「鯖缶のトマトジュース煮」
バイクのニュース
テンフィールズファクトリー、充電器スポット検索アプリ「EVナビ」発表
テンフィールズファクトリー、充電器スポット検索アプリ「EVナビ」発表
レスポンス
得点率は驚異の98%[クロストレック]! スバルが目指した”ぶつからないクルマ”が最高評価に納得のデキ
得点率は驚異の98%[クロストレック]! スバルが目指した”ぶつからないクルマ”が最高評価に納得のデキ
ベストカーWeb
ずばり、ライバルはトヨタ「ヤリス クロス」とホンダ「ヴェゼル」…オペル「モッカ」に日本市場で活躍して欲しい私的な理由とは【Key’s note】
ずばり、ライバルはトヨタ「ヤリス クロス」とホンダ「ヴェゼル」…オペル「モッカ」に日本市場で活躍して欲しい私的な理由とは【Key’s note】
Auto Messe Web
「BT R1 Plus」は【MIDLAND】の新インカム!29,700円でインカム通話しながら音楽を聴ける!  
「BT R1 Plus」は【MIDLAND】の新インカム!29,700円でインカム通話しながら音楽を聴ける!  
モーサイ
セルジオ・ペレスの後任候補、リアム・ローソンはレッドブルF1にとってベストな選択肢か?
セルジオ・ペレスの後任候補、リアム・ローソンはレッドブルF1にとってベストな選択肢か?
motorsport.com 日本版
ハイパーカーのレゴモデルにワクワクが止まらない!「レゴテクニック マクラーレン P1」を発表&発売
ハイパーカーのレゴモデルにワクワクが止まらない!「レゴテクニック マクラーレン P1」を発表&発売
Webモーターマガジン
“車両盗難、まさか自分が?”は時代遅れ! 愛車を守る徹底ガイド~セキュリティ企画:後編~
“車両盗難、まさか自分が?”は時代遅れ! 愛車を守る徹底ガイド~セキュリティ企画:後編~
レスポンス
【全ドライバー独自採点&ベスト5/F1第12戦】プレッシャーに負けない完璧なハミルトン。出口が見えないペレス
【全ドライバー独自採点&ベスト5/F1第12戦】プレッシャーに負けない完璧なハミルトン。出口が見えないペレス
AUTOSPORT web
全長4.9m! トヨタ新型「FF最大・最上級セダン」が凄い! 最新「クラウン顔」採用した“新・大型セダン”「新型カムリ」米登場した姿とは
全長4.9m! トヨタ新型「FF最大・最上級セダン」が凄い! 最新「クラウン顔」採用した“新・大型セダン”「新型カムリ」米登場した姿とは
くるまのニュース
足つきはそんなに重要じゃない !ホンダ「CRF250L」はそれを教えてくれた理想の1台
足つきはそんなに重要じゃない !ホンダ「CRF250L」はそれを教えてくれた理想の1台
バイクのニュース
VWの中型セダン『マゴタン』、新型を中国で発売…現地合弁の生産2800万台目の車両に
VWの中型セダン『マゴタン』、新型を中国で発売…現地合弁の生産2800万台目の車両に
レスポンス
若葉マークの19歳の愛車はシボレー「カマロ」の「トランスフォーマー」仕様!? 小学生の頃に映画を観て憧れて、岡山から神奈川に引き取ってきました
若葉マークの19歳の愛車はシボレー「カマロ」の「トランスフォーマー」仕様!? 小学生の頃に映画を観て憧れて、岡山から神奈川に引き取ってきました
Auto Messe Web
東京から福岡へ! 大阪から東京へ! 基本乗車拒否ができない「タクシー」だけど流しの車両を停めて超長距離の移動もあり?
東京から福岡へ! 大阪から東京へ! 基本乗車拒否ができない「タクシー」だけど流しの車両を停めて超長距離の移動もあり?
WEB CARTOP
トヨタ、圧倒的な強さで今季2勝目! 8号車が優勝。僚機7号車はトラブルで1-2逃す|WECサンパウロ6時間レース
トヨタ、圧倒的な強さで今季2勝目! 8号車が優勝。僚機7号車はトラブルで1-2逃す|WECサンパウロ6時間レース
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

6件
  • 初代アウトバックといえば、アメリカではクロコダイル・ダンディーの役者さんをCMに起用した所で爆発的にヒットしたのは有名な話。あれで一気にスバル車=悪路に強いイメージが定着した。

    でもあの頃は、まさかアウトバックがステーションワゴン販売世界一になるとは思わなかったけれど。
  • AMCイーグルが先にあったし、世界初ではないでしょ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

310.2576.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

54.0600.0万円

中古車を検索
レヴォーグの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

310.2576.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

54.0600.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村