現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > あおり運転&イライラしたら負け!! のろのろ運転に出会ったときの対処法はどうすべきよ!!

ここから本文です

あおり運転&イライラしたら負け!! のろのろ運転に出会ったときの対処法はどうすべきよ!!

掲載 48
あおり運転&イライラしたら負け!! のろのろ運転に出会ったときの対処法はどうすべきよ!!

 昭和の時代によく見た「ゆっくり走ろう〇〇県」ステッカー。「法定速度を超えて走るのはやめようよ」の意味だが、クルマを運転していると「ゆっくりどころかゆっくりすぎでは?」と感じるドライバーをたまに見かける。今回はそんなお話。

文/今坂純也(DIRT SKIP)、写真/写真AC、イラストAC

あおり運転&イライラしたら負け!! のろのろ運転に出会ったときの対処法はどうすべきよ!!

■ゆっくり走ればいいってもんじゃない⁉️

 3年ほど前に世間をにぎわせ、ニュースにもなっていた「10キロおじさん」。もちろん、速度10 km /hで走る健康的なランナーおじさんという意味ではない。

 速度10 km /h前後でのろのろ走り続け、後続車が延々とつながって……という状況を作り出していた張本人だった。しかもこの「10キロおじさん」、追い抜くと激しくクラクションを鳴らして威嚇するという。

 制限速度を超えた速度で走るのはもちろん違反だが、あまりに遅すぎる速度で走ることは交通渋滞を発生させ、他車の迷惑となる行為であることは確か。

■のろのろ運転を最低速度違反で取り締まれる?

のろのろ運転と思っていたら、実は法定速度が低速だったなんてこともある。一般道を走るときには標識を見落とさないように注意しよう

 道路交通法第27条によって、高速道路には50km /hと最低速度が決められている。これは、標識や標示で特に速度指定のない本線車道に限ったもの。

 よって、高速道路上では最低速度を下回る速度でののろのろ運転は取り締まりの対象となる。

 では、一般道は? というと、自動車専用道路やバイパスなどの高速道路に近い場所を除いて、最低速度は決められていない。自動車専用道路やバイパスなどで最低速度が決められている場合は、標識の数字の下に青い線が引かれた最低速度標識で確認できるので見る機会があれば注意して見てほしい。

 ちなみに、東京をメインとする“首都高(首都高速道路)”、近畿地方の“阪神高速(阪神高速道路)”などは“高速道路”とついているが、東名高速道路などと同じ高速自動車道ではなく、“自動車専用道路”である。

 なので、首都高の最高速度は都心環状線(C1)で50km /h(一般道は60km /h!)、超タイトコーナーのあるジャンクションではそれ以下、片側3車線のほぼ直線だらけの湾岸線などはそれ以上……と最高速度は細かく設定されているが、最低速度はない。

 つまり、一般道において、のろのろ運転を最低速度違反で取り締まることはできないのだ。

■追いつかれたクルマには2つの義務が定められている

 一般道をのろのろ運転しているからといって最低速度違反での取り締まりはできないが、道をふさぐように走り、スムーズな走行の妨げとなる運転は“逆あおり運転”ともいえる。

 また、意図的に遅い速度で走り続け、道路の左端に自車を寄せられるスペースがあるのに進路を譲らない行為は、道路交通法第27条“他の車両に追いつかれた車両の義務”違反に該当する場合がある。

 “他の車両に追いつかれた車両の義務”を要約すると、次の2つの義務が定められている。

1. 最高速度が高い車両に追いつかれた車両は、後方からの車両が追い越しを開始した場合、追い越しを終了するまで加速してはいけない。

2. 最高速度が高い車両に追いつかれた場合は、できるだけ道路の左側端に寄って(追い越しできるスペースを作る)、後方からの車両に進路を譲らなくてはならない。

 2を読むと、「そうか、後方から来たクルマに追いつかれたら道を譲らないといけないのか」と思うだろうが、冒頭の“最高速度が高い車両”という言葉に注意。最高速度が高い車両=制限速度超過の車両ではないということだ。

 つまり、50km /h制限の道路を他車が40km /hで走行中、後方から50km /hで走行して追いついた場合には、前車はできるだけ左側端に寄って道を譲らなくてはいけない。

 しかし、同じ50km /h制限の道路を50km /hで走行中の他車に、後方から自車が80km /hで走行して追いついたとしても、道を譲られないのは当たり前。前車に “他の車両に追いつかれた車両の義務”は発生しないので違反にはならないのだ。なぜならこの“義務”は、法定速度や指定速度内において発生するもの。

 この場合、ただ単に自分が速度超過しているだけで、前車に落ち度はまったくないことを認識しておきたい。追い越しさせないからといってイライラするのはお門違いなのだ。

■高速道路など“車両通行帯のある道路”では?

追い越し車線でのろのろ運転をしているクルマに遭遇したら走行車線から追い抜いて問題はない。しかし、その直後に追い越し車線に車線変更した場合は違反となってしまうので注意

 通常、高速道路では走行車線を走っているはずなので、前車に追いついたら右側の追い越し車線を使って追い越していけばいい。

 このシーンでも、走行車線を走るクルマが後続車に道を譲る義務はない。なぜなら、右側に追い越し車線があるから、追いついたクルマはここを使って追い越していけばいいだけの話だ。

 もちろん、追い越す側は追い越し車線を使って前車を追い越したら、すみやかに元の走行車線に戻るべき。そのまま追い越し車線を走り続ければ、自分自身が通行帯違反となる。

 そして、たまに耳にするのが「追い越し車線をのろのろ運転で走っている前車が譲らない」というもの。

 高速道路において、自車は基本的に走行車線を走っているのだから、右側の追い越し車線をのろのろ運転で走るクルマはそもそも関係ないはず。

 右側の追い越し車線を走るのろのろ運転のクルマを横目に、そのまま走行車線を制限速度内で進み、右側の追い越し車線に出ることなく走行車線を使って追い抜いていけばいいだけだ。これは違反にならない。

 つまり、「追い越し車線をのろのろ運転で走っている前車が譲らない」というのは、自車が追い越し車線をずっと走ってきたのでは? これは、自分が通行帯違反となるので注意したい。

 まあ、自分はとても急いでいるのに、自車のスムーズな通行(速度超過になってませんか?)を阻むようなのろのろ運転にイライラする気持ちもわからないでもない。

 だが、イライラすると逆に自分が速度超過や通行帯違反となったり、前車にぴったりつけて走ったために「あおり運転された」と認識され、通報されないとも限らないので注意してほしい。

[articlelink]

 

関連タグ

こんな記事も読まれています

Moto3アメリカズ決勝|アロンソ独走で今シーズン2勝目。山中琉聖、表彰台争うもわずかに届かず4位
Moto3アメリカズ決勝|アロンソ独走で今シーズン2勝目。山中琉聖、表彰台争うもわずかに届かず4位
motorsport.com 日本版
落ち込む松下信治を見て感じた可能性。チームメイトの野尻智紀「彼と一緒にやるのが楽しみになった」
落ち込む松下信治を見て感じた可能性。チームメイトの野尻智紀「彼と一緒にやるのが楽しみになった」
AUTOSPORT web
大湯効果いきなり発動の予選Q1の2番手。走り出しのトラブルからセット変更ズバリで光明見えたCERUMO
大湯効果いきなり発動の予選Q1の2番手。走り出しのトラブルからセット変更ズバリで光明見えたCERUMO
AUTOSPORT web
「落ち着いてできた」「緊張した」「難しかった」「自分としてはやり切った」4者4様GT500ルーキーたちの初予選
「落ち着いてできた」「緊張した」「難しかった」「自分としてはやり切った」4者4様GT500ルーキーたちの初予選
AUTOSPORT web
幻のポールが見えた2台の速さ。23号車MOTULのクインタレッリと8号車ARTA松下信治が振り返る予選
幻のポールが見えた2台の速さ。23号車MOTULのクインタレッリと8号車ARTA松下信治が振り返る予選
AUTOSPORT web
D’station Vantage GT3がまさかのエンジントラブルも、交換を行い決勝での追い上げ目指す
D’station Vantage GT3がまさかのエンジントラブルも、交換を行い決勝での追い上げ目指す
AUTOSPORT web
5月1日といえばセナの30回忌……「雨のセナ」の伝説を紡ぐ「ロータス97T」のビッグスケールモデルが誕生!! 勇姿を思い出そう!
5月1日といえばセナの30回忌……「雨のセナ」の伝説を紡ぐ「ロータス97T」のビッグスケールモデルが誕生!! 勇姿を思い出そう!
ベストカーWeb
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
AUTOCAR JAPAN
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
AUTOCAR JAPAN
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
AUTOSPORT web
『スティーブ的視点』で「大阪オートメッセ2024」を紹介! 大人気YouTuberスティーブさんが注目した車とは?
『スティーブ的視点』で「大阪オートメッセ2024」を紹介! 大人気YouTuberスティーブさんが注目した車とは?
Auto Messe Web
「煮詰め切れていない」なかでのPP獲得。坪井翔「予選よりも決勝に自信」【第1戦GT500予選会見】
「煮詰め切れていない」なかでのPP獲得。坪井翔「予選よりも決勝に自信」【第1戦GT500予選会見】
AUTOSPORT web
岡山で2年連続PP獲得の蒲生尚弥「アタックは必ず1周で終わらせる!」【第1戦GT300予選会見】
岡山で2年連続PP獲得の蒲生尚弥「アタックは必ず1周で終わらせる!」【第1戦GT300予選会見】
AUTOSPORT web
日産ローランド、"電欠"で逃げ切りならず。ポルシェのウェーレイン優勝|フォーミュラE第7戦ミサノE-Prix
日産ローランド、"電欠"で逃げ切りならず。ポルシェのウェーレイン優勝|フォーミュラE第7戦ミサノE-Prix
motorsport.com 日本版
「新参」の戦いは楽じゃない 電動システムはBYD譲り KGMトーレス EVXへ試乗
「新参」の戦いは楽じゃない 電動システムはBYD譲り KGMトーレス EVXへ試乗
AUTOCAR JAPAN
テレビアニメ『ハイスピード エトワール』とコラボ、⼥性ドライバーによるレーシングチーム「HIGHSPEED Étoile Racing」を発⾜
テレビアニメ『ハイスピード エトワール』とコラボ、⼥性ドライバーによるレーシングチーム「HIGHSPEED Étoile Racing」を発⾜
Auto Messe Web
ブリヂストン同士の争いを制したLEON AMGがポール。muta GR86が僅差の2番手【第1戦GT300予選レポート】
ブリヂストン同士の争いを制したLEON AMGがポール。muta GR86が僅差の2番手【第1戦GT300予選レポート】
AUTOSPORT web
【MotoGP】バニャイヤ「スタートでホイールスピンして台無し。グリップも低くて力を発揮できなかった」タイヤ問題かそれとも?
【MotoGP】バニャイヤ「スタートでホイールスピンして台無し。グリップも低くて力を発揮できなかった」タイヤ問題かそれとも?
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

48件
  • jwf********
    >のろのろ運転に出会ったときの対処法はどうすべきよ!!

    タイトルの答えが全く描かれていないダメ記事。
  • sar********
    ???
    化石の道路交通法を現代の道路、タイヤ、クルマそのものの品質向上に合わせて柔軟に改定するべき。
    60年以上変わらぬ最高制限速度をいつまでも変えず、道路上の交通阻害を誘発する法律と遵法を金科玉条の如く他社の迷惑を顧みない風潮は逆に問題。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村