サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜマツダ「MX-30」はEVではなくマイルドHVを先行発売? 発電機でロータリー復活も

ここから本文です

■電動車の中核を担うMX-30は発電用ロータリー搭載も視野に

 マツダが2020年10月8日、新型SUV「MX-30」の日本国内販売を開始しました。パワートレインは「e-SKYACTIV」という名称で、2リッターガソリンエンジン「SKYACTIV-G」に小型モーターを連動したマイルドハイブリッドです。

4000ccクラスの加速力! ターボ搭載の激速「マツダ3」が発売

 マイルドハイブリッドと聞いて、「MX-30ってEVじゃなかったの?」と思う人がいるかもしれません。

 なぜならば、東京モーターショー2019で世界初公開されたMX-30がEVだったからです。

おすすめのニュース

サイトトップへ