現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > BYD シール【1分で読める輸入車解説/2023年版】

ここから本文です

BYD シール【1分で読める輸入車解説/2023年版】

掲載 Webモーターマガジン 1
BYD シール【1分で読める輸入車解説/2023年版】
写真を全て見る(1枚)

BYD シール(BYD Seal)
現行モデル発表日:2024年春予定
車両価格:未定

ライバルは欧米の高性能BEV
BYDの最新技術を結集した最高級BEVセダン。プレミアムブランドさながらに仕立てられたインテリアと高性能が大きな特徴だ。

【気になる輸入車(4)】革新と王道のA/B/Cセグメント最新動向2024「先んじて電動化か、最後までエンジンか」

ブランドのフラッグシップとなるサルーンで、全長4800×全幅1875×全高1460mmのボディサイズはD~Eセグメントに属し、テスラのモデル3やBMW i4などがライバルとなる。

中国市場では230kWの1モーターの後輪駆動と、フロント160kW、リア230kWの2モーターの4WDを用意。

記事全文を読む
【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

新型[プリウス]はもっと”スポーツカー”に!? トヨタが電動化時代もエンジンに注力するワケ
新型[プリウス]はもっと”スポーツカー”に!? トヨタが電動化時代もエンジンに注力するワケ
ベストカーWeb
フォード、サインツとロマに託す新型ラリーカー『ラプターT1+』発表。2025年のダカールに投入へ
フォード、サインツとロマに託す新型ラリーカー『ラプターT1+』発表。2025年のダカールに投入へ
AUTOSPORT web
外車の白サビ問題が根深すぎる!! そもそもどうやって防げばいい!?
外車の白サビ問題が根深すぎる!! そもそもどうやって防げばいい!?
ベストカーWeb
北米スバル、最高出力680PS/922Nmを誇る“怪物”WRX『プロジェクト・ミッドナイト』を初公開
北米スバル、最高出力680PS/922Nmを誇る“怪物”WRX『プロジェクト・ミッドナイト』を初公開
AUTOSPORT web
「零戦」にカリフォルニアで会える! 世界唯一「栄エンジン」搭載の動態保存された機体は一度は見るべし!【ルート66旅_60】
「零戦」にカリフォルニアで会える! 世界唯一「栄エンジン」搭載の動態保存された機体は一度は見るべし!【ルート66旅_60】
Auto Messe Web
お得です!!! ETC2.0カードで追加料金なしに道の駅へ立ち寄れる!? 「一時退出・再進入」とは?
お得です!!! ETC2.0カードで追加料金なしに道の駅へ立ち寄れる!? 「一時退出・再進入」とは?
ベストカーWeb
角田裕毅、グッドウッドでRA272をドライブへ。ニューウェイ、RB17を語る【SNSピックアップ今週のF1界】
角田裕毅、グッドウッドでRA272をドライブへ。ニューウェイ、RB17を語る【SNSピックアップ今週のF1界】
AUTOSPORT web
「一挙両得」を狙ったスポーツサルーン BMW 5シリーズ ベスト・ハイブリッド賞 AUTOCARアワード2024
「一挙両得」を狙ったスポーツサルーン BMW 5シリーズ ベスト・ハイブリッド賞 AUTOCARアワード2024
AUTOCAR JAPAN
面白さで他を「圧倒」 ランボルギーニ・ウラカン・ステラート ベスト・ドライバーズカー賞 AUTOCARアワード2024
面白さで他を「圧倒」 ランボルギーニ・ウラカン・ステラート ベスト・ドライバーズカー賞 AUTOCARアワード2024
AUTOCAR JAPAN
J SPORTS、2024年鈴鹿8耐の決勝を完全生中継。オンデマンドでは7月19日 予選2回目から連日ライブ配信
J SPORTS、2024年鈴鹿8耐の決勝を完全生中継。オンデマンドでは7月19日 予選2回目から連日ライブ配信
AUTOSPORT web
レッドブル&ニューウェイが手がけたハイパーカー『RB17』が初披露。V10エンジン搭載で最高1200馬力
レッドブル&ニューウェイが手がけたハイパーカー『RB17』が初披露。V10エンジン搭載で最高1200馬力
AUTOSPORT web
心斎橋に"フェラーリ通り"誕生!? 「コーンズ大阪 プレオウンドショールーム」オープン コーンズが狙う相乗効果とは
心斎橋に"フェラーリ通り"誕生!? 「コーンズ大阪 プレオウンドショールーム」オープン コーンズが狙う相乗効果とは
AUTOCAR JAPAN
地元出身リンナマエが快挙。最終パワーステージで9.3秒差を逆転しGRヤリス・ラリー2がERC初勝利
地元出身リンナマエが快挙。最終パワーステージで9.3秒差を逆転しGRヤリス・ラリー2がERC初勝利
AUTOSPORT web
1180万超え!? 新型「高級2ドアクーペ&高級オープンカー」発表! 精悍ライトに進化の流麗スタイル「4シリーズ」BMWから日本上陸
1180万超え!? 新型「高級2ドアクーペ&高級オープンカー」発表! 精悍ライトに進化の流麗スタイル「4シリーズ」BMWから日本上陸
くるまのニュース
「完走できないとわかっていた」メルセデスF1、ラッセルのトラブルを第1スティントから監視。予防措置でリタイアを決断
「完走できないとわかっていた」メルセデスF1、ラッセルのトラブルを第1スティントから監視。予防措置でリタイアを決断
AUTOSPORT web
高級シューティングブレークで欧州進出! BYD傘下「デンツァ」追加関税にめげずグローバル展開を強化
高級シューティングブレークで欧州進出! BYD傘下「デンツァ」追加関税にめげずグローバル展開を強化
AUTOCAR JAPAN
日産「240Z」乗りがシボレーC5「コルベット」を増車した理由とは?「あと30年は乗り続けたいですね」
日産「240Z」乗りがシボレーC5「コルベット」を増車した理由とは?「あと30年は乗り続けたいですね」
Auto Messe Web
ハイレベルな競争は「ル・マンでもスパでも大歓迎」ピエール・グイディが語るフェラーリドライバーの役割とWEC後半戦への意気込み
ハイレベルな競争は「ル・マンでもスパでも大歓迎」ピエール・グイディが語るフェラーリドライバーの役割とWEC後半戦への意気込み
AUTOSPORT web

みんなのコメント

1件
  • kus********
    EV歴が長い当方から見ても、現地でBYDの商品に触って乗ってみても、素晴らしい車だと思う。
    ただ、日産の12年以上、三菱のそれ以上の実績は地に足がついている。
    急速に拡大するBYDのQAの実力を4年くらい見てみたい。
    中国製品は、スペックは良いが、ばらつき管理が今一だし、当たりはずれは日本製品より大きいだろう。
    この前買ったモバイルバッテリーがカタログの半分も容量がなくて苦笑いだが、車はそうはいかない。
    世界一小うるさい、島国根性の日本市場に受け入れられて、実績で勝負できるかお手並み拝見。
    鳴り物入りで専用車台で登場して、タイヤが取れちゃってけつまずいたトヨタBEVもこれからだが、日本市場で大過なく一定数普及していくならすごいことになるだろう。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村