現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型インプレッサスポーツ実車のティザー画像が北米で公開! クロストレックよりスマート路線で誕生へ!!

ここから本文です

新型インプレッサスポーツ実車のティザー画像が北米で公開! クロストレックよりスマート路線で誕生へ!!

掲載 9
新型インプレッサスポーツ実車のティザー画像が北米で公開! クロストレックよりスマート路線で誕生へ!!

 スバルオブアメリカは2022年11月10日(現地時間)、米国LAで11月17日から開催されるLAショーでワールドプレミアされる新型インプレッサスポーツの実車ティザー画像を公開した。

本文/ベストカーWeb編集部、写真/ベストカーWeb編集部、SUBARU

新型インプレッサスポーツ実車のティザー画像が北米で公開! クロストレックよりスマート路線で誕生へ!!

■SUVのクロストレックとは違い、よりスマートなデザインに

米国スバルが公開した新型インプレッサスポーツのティザー画像。大型のフロントグリルが特徴的だ

 今回、公開されたティザー画像は新型インプレッサスポーツ実車のフロントマスクの一部。フロントグリルとヘッドライト、それにボンネットの先端部分の一部が見える程度のもの。基本的にはすでに公開されているクロストレックのフロントマスクの形状に沿ったデザインが踏襲されている。

 ただし、SUVのクロストレックとは違い、よりタウンユースでの使い方を想定しているインプレッサスポーツだけに無骨なSUVらしさが強調されたクロストレックとは対照的にスマートなデザインとなっている。

 具体的にはインプレッサスポーツにはクロストレックのような黒いパーツが少なく、フロントグリルの形状も大きく大胆なクロストレックのものに比べてより繊細で、細かな形状となっている。

 その下に位置するフォグランプベゼルの形状も牙のようなデザインは踏襲しながらクロストレックのものよりもかなりおとなしい形状となっているようだ。

■搭載するパワートレーンはやはり2Lのe-BOXERか

クロストレックの搭載する2Lマイルドハイブリッドのe-BOXERを新型インプレッサスポーツも搭載か

 気になるパワートレーンだが、公式サイトでのアナウンスどおり、新型クロストレック同様に1.6L水平対向DOHCエンジンを廃止することは決定ずみ。では、新型インプレッサスポーツに採用されるのは何かというと、新型クロストレックと同じ2Lマイルドハイブリッドの「e-BOXER」である可能性が高い。

 現行型にはSTI Sportグレードなどに2LDOHCのNAエンジンを残していたが、新型でも継続採用されるかどうかは未定だ。ボディ展開については新型ではセダンのG4が廃止されるのもほぼ決まりで、5ドアハッチバック車のスポーツのみとなる。

 これまで歴代インプレッサはベースとなる5ドアHB車のインプレッサスポーツが先に発表され、そのクロスオーバーモデルとなるXVが1年ほど遅れてデビューするという順番を踏襲していたが、今回の新型モデルからは先にSUVのクロストレックが登場し、インプレッサは初めて遅れて登場することになる。

 もちろん、これは開発要件の厳しいことに加えてドル箱市場でもある北米でSUV需要が堅調で、クロストレックはアウトバックやフォレスターよりも台数の出るモデルがあることが念頭に置かれている。

 ちなみに、すでにスバル公式ウェブサイト上では、現行型インプレッサスポーツ&G4はともに生産終了に伴って2022年12月11日で新規注文受付の終了をアナウンスするとともに1.6L車とセダンモデルであるG4の展開終了も発表。つまり、新型インプレッサは5ドアHBのみとなる。

■SGP+フルインナーフレーム構造に最新アイサイトも搭載!

ベストカー編集部製作の新型インプレッサスポーツの予想CG

 シャシーには継続採用のSGPに加え、現行型レヴォーグ、WRX S4、そして新型クロストレックにも採用されるフルインナーフレーム構造が追加される。これにより、ボディ剛性は相当進化してくるはずだ。

 また、先進安全装備のアイサイトはこれまでのステレオカメラに加えて広角の単眼カメラを追加した新型クロストレックが採用した最新型アイサイトが搭載される予定だ。ただし、こちらもレヴォーグなどの「アイサイトX」のようなハンズフリー機能まではサポートされない。

 現行型インプレッサスポーツのボディサイズは全長4475×全幅1775×全高1480~1515mm、ホイールベース2670mm、最低地上高130~135mm。新型クロストレックのボディサイズが全長4480×全幅1800×全高1580mm、ホイールベース2670mm、最低地上高200mm(先代XVは全長4465×全幅1800×全高1550、ホイールベースと最低地上高は同じ)であることから、新型インプレッサスポーツも先代型とほぼ同じサイズとなる可能性が高そうだ。

 ひとまず11月17日にお披露目される新型インプレッサスポーツの実車登場に期待しよう!

こんな記事も読まれています

Team Étoile、渡辺一樹を海外3戦で起用、第1戦ル・マンに奥田教介が代役、第4は川崎祥吾。大久保と亀井で計5人体制/EWC
Team Étoile、渡辺一樹を海外3戦で起用、第1戦ル・マンに奥田教介が代役、第4は川崎祥吾。大久保と亀井で計5人体制/EWC
AUTOSPORT web
「高級セダン・ワゴン・SUV」を合体! 個性的すぎる「最新“高級車”」発表! 異色の“最上級”モデル「新型C5X」特別仕様に熱視線!
「高級セダン・ワゴン・SUV」を合体! 個性的すぎる「最新“高級車”」発表! 異色の“最上級”モデル「新型C5X」特別仕様に熱視線!
くるまのニュース
軽量水素ハイパーカー「エニグマGT」登場! V6ターボ+モーターで航続700km 未来のハイブリッド車
軽量水素ハイパーカー「エニグマGT」登場! V6ターボ+モーターで航続700km 未来のハイブリッド車
AUTOCAR JAPAN
F1、国際輸送企業と新たに複数年契約を締結。20年にわたるパートナーシップを強化
F1、国際輸送企業と新たに複数年契約を締結。20年にわたるパートナーシップを強化
AUTOSPORT web
渋谷でレンジローバーのポップアップイベントが今週末開催! 革新的ドーナツとラテアートを味わいながら「イヴォーク」を身近に感じてみよう
渋谷でレンジローバーのポップアップイベントが今週末開催! 革新的ドーナツとラテアートを味わいながら「イヴォーク」を身近に感じてみよう
Auto Messe Web
ついにF1開幕! RBリカルドが最速。角田裕毅も4番手……ミディアム勢ではアロンソがトップ|バーレーンGP FP1
ついにF1開幕! RBリカルドが最速。角田裕毅も4番手……ミディアム勢ではアロンソがトップ|バーレーンGP FP1
motorsport.com 日本版
TOM’S、小林利徠斗と中村仁が加入する2024年スーパーフォーミュラ・ライツ参戦体制を発表
TOM’S、小林利徠斗と中村仁が加入する2024年スーパーフォーミュラ・ライツ参戦体制を発表
AUTOSPORT web
英国は雨のイメージ? では雨雲を着こなしてみましょう ベントレー・ニンバス・コレクション
英国は雨のイメージ? では雨雲を着こなしてみましょう ベントレー・ニンバス・コレクション
AUTOCAR JAPAN
新生RBが好調な船出。リカルドがトップタイム! 角田裕毅も4番手に続く|F1バーレーンGPフリー走行1回目速報
新生RBが好調な船出。リカルドがトップタイム! 角田裕毅も4番手に続く|F1バーレーンGPフリー走行1回目速報
motorsport.com 日本版
雪のカナダ戦を事実上キャンセルのナイトロクロス、最終戦ラスベガスにはハンセンや英国王者参戦へ
雪のカナダ戦を事実上キャンセルのナイトロクロス、最終戦ラスベガスにはハンセンや英国王者参戦へ
AUTOSPORT web
“ホンダエンジン”やめた「新型スポーツカー」初公開! 斬新「ドラゴンドア」&ハンドル採用! まさかの防弾&電撃&煙幕機能も可能な「ビースト」米に爆誕
“ホンダエンジン”やめた「新型スポーツカー」初公開! 斬新「ドラゴンドア」&ハンドル採用! まさかの防弾&電撃&煙幕機能も可能な「ビースト」米に爆誕
くるまのニュース
ミツオカ「M55コンセプト」市販化決定!70年代の香り漂う“オトナのハッチバック”
ミツオカ「M55コンセプト」市販化決定!70年代の香り漂う“オトナのハッチバック”
グーネット
ブリッツの「フルオート」モード搭載車高調キット「DAMPER ZZ-R SpecDSC Plus」にハイブリッドを含む40系『アルファード・ヴェルファイア』の適合が追加
ブリッツの「フルオート」モード搭載車高調キット「DAMPER ZZ-R SpecDSC Plus」にハイブリッドを含む40系『アルファード・ヴェルファイア』の適合が追加
レスポンス
“シンデレラボーイ”三宅淳詞は「ミスなく着実に」上位を目指す【2024全チームプレビュー/ThreeBond Racing】
“シンデレラボーイ”三宅淳詞は「ミスなく着実に」上位を目指す【2024全チームプレビュー/ThreeBond Racing】
AUTOSPORT web
フランスから届いたのは、車内に高貴な香りを漂わせる「エトネ・オートパフューム」自動車用ディフューザーでした
フランスから届いたのは、車内に高貴な香りを漂わせる「エトネ・オートパフューム」自動車用ディフューザーでした
Auto Messe Web
車・ドライブ系動画でみんなが見ているジャンルとは?2位「事故・危険運転」、気になる1位は…
車・ドライブ系動画でみんなが見ているジャンルとは?2位「事故・危険運転」、気になる1位は…
グーネット
高性能をマシュマロでくるんだみたいな極楽快適ラグジュアリーSUV──新型BMW X5 M60i xDrive試乗記
高性能をマシュマロでくるんだみたいな極楽快適ラグジュアリーSUV──新型BMW X5 M60i xDrive試乗記
GQ JAPAN
VANTELIN TEAM TOM’Sが2024年スーパーフォーミュラ参戦体制とマシンカラーを発表
VANTELIN TEAM TOM’Sが2024年スーパーフォーミュラ参戦体制とマシンカラーを発表
AUTOSPORT web

みんなのコメント

9件
  • 安いわりによい!のが売りだったのだけれどなぁ……。国内だけでも1.6がほしいけど、無理かなぁ。
  • 良い車なんだろうけど先代のSGP登場の様な衝撃はないだろうな~
    スバルはアイサイトとか高剛性プラットフォームとか登場以後の競争に先鞭を付けるのは上手いんだけど販売に結び付かないのが難点だよね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

200.2295.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

20.1277.2万円

中古車を検索
インプレッサ スポーツの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

200.2295.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

20.1277.2万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村