現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > バブルな日産「NXクーペ」はロールス・ロイスしかない装備を搭載! 未来志向の自称タイムマシンでした【カタログは語る】

ここから本文です

バブルな日産「NXクーペ」はロールス・ロイスしかない装備を搭載! 未来志向の自称タイムマシンでした【カタログは語る】

掲載 8
バブルな日産「NXクーペ」はロールス・ロイスしかない装備を搭載! 未来志向の自称タイムマシンでした【カタログは語る】

時代の先をいくスタイルとアイデアが満載だった

バブル期の国産車には自由な発想で作られた個性的なモデルが数多く存在していました。1990年1月に発売された日産「NXクーペ」もそのひとつで、残念ながらヒットには恵まれなかったものの、当時ならではの贅沢なつくりは今見ても魅力的です。当時のカタログで振り返ります。

「トレノ」じゃない90系「スプリンター シエロ」とは? 当時の営業マンでさえ売ったことがないと断言する「激レア車」で人生激変しました

「タイムマシンかもしれない。」肩の力の抜けたユニークなカタログ

NXクーペのカタログを久しぶりに眺めながら、そういえばこの時代に「かもしれない発言」が流行っていたのを思い出した。そんなこと聞いたことはないかもしれない……と思う人も多いかもしれない。

だが、折りしもバブル景気の混とんとした世の中を生きていく術(すべ)として、自分の意見を言ったり何かの答えや結論や見極めを求められたときに、あくまでも断定は避け、控えめに相手も自分も傷つけないようにしながら、ふんわりとした物言いで語尾に「……かもしれない」の言い回しを使う。まだ「対面」で人と合うのが当たり前だった時代ならではの処世術のひとつだ。

さしずめ今なら、メールでも何でも、ズバッと最小限の文字数で用件なり返事なりを伝えるのは割り切り、当たり前で、それは合理的だが世の中がやや殺伐としてきてしまった要因のひとつになっている気もするが……。

そこで日産NXクーペだが、このクルマのカタログはちょっとユニークなものだった。というのも、縦長のあまり見かけない判型(ということは資料室の棚からはみ出しやすい)であるうえ、昔のアナログEPレコードの両A面のように、赤と黄色の地色でどちらも表紙の体で作られていたからだ。

記憶が正しければ、当時の実車の記者発表会の席で手渡された封筒には、封筒の表面を自分に向けて中身を取り出したとき、赤い表紙のほうが自分に向いて中から出てきたから、てっきり赤いほうが正式な表紙なのだな……と筆者は判断していた。一応その方向で読み進めれば、最終の主要諸元表のページまで辿り着くことができる。そこからもう1ページめくるとページの隅に小さく「黄色い表紙へ・ワープ」と書かれていて、博物館の「順路」の立て札よろしく、そこでカタログをひっくり返して黄色い表紙のほうから見る……そういう仕組みになっていた。

どこで誰が考えた方式かは知らないが(ほかに同様の仕組みのカタログがあった気がするが具体例は思い出せない)、まあ、そういう仕掛けの肩の力の抜けたカタログだったということだ。

で、赤、黄いずれの表紙から開いても、最初の見開きに出てくるキャッチコピーが「タイムマシンかもしれない。」だった。そういえば当時のTV-CMもモーフィングを使いクルマがクネクネと曲がったりしながら動き回る、(後の映画『カーズ』のような)そんな映像だった……かもしれない。

あっけらかんとしたスタイルでTバールーフも選べた

NXクーペは1990年1月に「サニー」が7代目にモデルチェンジした際、同時にデビューした。先代の6代目サニー(トラッドサニー)の世代に「サニーRZ-1クーペ」が設定され、NXクーペはその後継車だったが、車名から「サニー」の名が外されたのが特徴。スタイリングもそれまでのサニークーペがセダンをベースにしながら2ドア化して差別化を図ってきたのに対し、NXクーペはパッと見た限りサニーのセダンとは2430mmのホイールベースが共通なだけで、あとはターンシグナルランプやドアハンドルに至るまで何ひとつ共通部品が見当たらないほど。いかにもバブルの時代の発想だが、だからこそここまで個性的なクルマが生まれたともいえる。

ちなみに丸みを帯びたスタイリングはまるで『スーパージェッター』(世代限定の喩え?)のようで、まさしく未来志向のタイムマシンのようだった。さらに贅沢にもフェアレディZまさりのTバールーフ仕様も用意された。NXクーペ(サニー)はもともと「セントラ」として北米市場にも投入され「セクレタリーカー」とも言われてきた。なのであっけらかんとしたスタイリングにしろ、Tバールーフにしろ、なるほどね、と思わせられる仕立てになっていた。

ドアの内部には傘の専用スペースも

一方でインテリアは、インパネなどはセダンのサニーとほぼ共通。ただし乗車定員はクーペということで4名、フロントシートはシェイプの深い専用デザインのスポーツシートを採用した。ハイテク感覚のデジタルメーター(カタログの表記より)なども備えた。

さらに改めてカタログを見ると、ドアを開けたところにフタを開けて傘を収めておける専用のスペースも。柄が真っすぐで長さも収まる専用の傘とセットという点がポイントで、じつはコレは1986年登場の3代目「パルサー」にも採用されていたもの。知人の欧州車好きは「ロールス・ロイスばりの装備」と感想を述べていた。

搭載エンジンは1.8L(SR18DE型)、1.6L(GA16DE型)、それと1.5L(GA15SD型)と、今から考えると比較的豊富に設定されていた。グレードはタイプS、B、Aの3タイプで、タイプSは1.8Lを搭載し、ハードサスペンションが標準、オプションで電子制御のスポーツオートサスが選べたほか、フロントビスカスLSDが標準装着となっていた。後期型においては運転席SRSエアバッグがオプション設定されるなどし、外観ではバンパーからボディに走っていたモールが黒からボディ同色化されるなどした。タイムマシンだったかどうかまでは当時の試乗では確認できなかったが、時代に対して少し先をいくスタイルがまあ特徴だった……そんなクルマだったのかもしれない。

こんな記事も読まれています

ダ・コスタの優勝取り消し! スロットルダンパーに違反見つかり失格。日産ローランドが繰り上げ優勝
ダ・コスタの優勝取り消し! スロットルダンパーに違反見つかり失格。日産ローランドが繰り上げ優勝
motorsport.com 日本版
気になるスバル期待の「新型フォレスター」は燃費性能爆上げ!? ストロングハイブリッドはトヨタRAV4の「THSII」流用で価格もアップか?
気になるスバル期待の「新型フォレスター」は燃費性能爆上げ!? ストロングハイブリッドはトヨタRAV4の「THSII」流用で価格もアップか?
ベストカーWeb
車外でシャワーが使えて荷室も広い! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
車外でシャワーが使えて荷室も広い! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
Moto2アメリカズGP予選|小椋Q2進出も17番手に留まる。ポールポジションはカネット
Moto2アメリカズGP予選|小椋Q2進出も17番手に留まる。ポールポジションはカネット
motorsport.com 日本版
ブっといトルクは魅力じゃない? アルファード/ヴェルファイアにはなんでディーゼルがないのよ?
ブっといトルクは魅力じゃない? アルファード/ヴェルファイアにはなんでディーゼルがないのよ?
ベストカーWeb
ダ・コスタ、ポルシェのシート喪失危機ささやかれる中での優勝「適切なタイミングの勝利だった」
ダ・コスタ、ポルシェのシート喪失危機ささやかれる中での優勝「適切なタイミングの勝利だった」
motorsport.com 日本版
Moto3アメリカズGP予選|ダビド・アロンソがポールポジション獲得。日本勢は10番手の古里が最上位
Moto3アメリカズGP予選|ダビド・アロンソがポールポジション獲得。日本勢は10番手の古里が最上位
motorsport.com 日本版
先代からに進化は少しだけ!? 新型N-BOXの本命は24年秋に登場!! チェック柄シート採用のアウトドアモデルに期待大
先代からに進化は少しだけ!? 新型N-BOXの本命は24年秋に登場!! チェック柄シート採用のアウトドアモデルに期待大
ベストカーWeb
MotoGPアメリカズGP予選|ビニャーレス、レコード大幅更新で文句なしポール獲得! アコスタ初フロントロウ
MotoGPアメリカズGP予選|ビニャーレス、レコード大幅更新で文句なしポール獲得! アコスタ初フロントロウ
motorsport.com 日本版
F1が2025年シーズンのカレンダーを発表。全24戦、日本GPは第3戦として4月4~6日に開催へ
F1が2025年シーズンのカレンダーを発表。全24戦、日本GPは第3戦として4月4~6日に開催へ
AUTOSPORT web
マジで出るぞ!! マツダがロータリー搭載のスポーツカー「アイコニックSP」市販化検討! 3ローターで26年登場か!?
マジで出るぞ!! マツダがロータリー搭載のスポーツカー「アイコニックSP」市販化検討! 3ローターで26年登場か!?
ベストカーWeb
2023年王者「GRスープラ」は新コンビで参戦!「GT-R」も交えてスーパーGT「GT300」クラスの王者争いが面白い【参戦26台を一挙紹介Vol.4】
2023年王者「GRスープラ」は新コンビで参戦!「GT-R」も交えてスーパーGT「GT300」クラスの王者争いが面白い【参戦26台を一挙紹介Vol.4】
Auto Messe Web
腕はあるけどカネがないぞ!!! 超デカアメ車で「セルフけん引」で九州入り 唐津で絶対負けられない新井大輝のリベンジ
腕はあるけどカネがないぞ!!! 超デカアメ車で「セルフけん引」で九州入り 唐津で絶対負けられない新井大輝のリベンジ
ベストカーWeb
ニッサンGT500クラス総監督に木賀新一氏が新任「ニッサン全体で勝てるようにしていきたい」松村基宏氏はサポートに
ニッサンGT500クラス総監督に木賀新一氏が新任「ニッサン全体で勝てるようにしていきたい」松村基宏氏はサポートに
AUTOSPORT web
スーパーGT第1戦岡山にGAINER TANAX Zが初登場も開幕戦の出走を断念。第2戦での参戦目指す
スーパーGT第1戦岡山にGAINER TANAX Zが初登場も開幕戦の出走を断念。第2戦での参戦目指す
AUTOSPORT web
安全装備に頼りすぎは危険!! 「クルマの死角」を熟知せよ!
安全装備に頼りすぎは危険!! 「クルマの死角」を熟知せよ!
ベストカーWeb
クルマ好きも鉄道好きも楽しめる! 交通の要衝キングマンで必ず入っておくべきレストランとは?【ルート66旅_47】
クルマ好きも鉄道好きも楽しめる! 交通の要衝キングマンで必ず入っておくべきレストランとは?【ルート66旅_47】
Auto Messe Web
新車シビック、新型式エンジン投入に新しいタイヤ、3メーカーのオフ事情と開幕戦岡山への手応え【GT500プレビュー】
新車シビック、新型式エンジン投入に新しいタイヤ、3メーカーのオフ事情と開幕戦岡山への手応え【GT500プレビュー】
AUTOSPORT web

みんなのコメント

8件
  • あの頃の車には、夢があった。今は・・・
  • あの頃の日産は浮かれてたからなぁ。シーマ現象なんて言葉に酔ってたんだろう。「アリとキリギリス」のキリギリスのように気付いたらゴーンの喰い物にされてた。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

113.6189.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

195.0195.0万円

中古車を検索
NXクーペの車買取相場を調べる

日産 NXクーペの中古車

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

113.6189.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

195.0195.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村