現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > もしも…クルマのトランクに閉じ込められたら? 現代のクルマは脱出困難!? 緊急事態への対処法とは

ここから本文です

もしも…クルマのトランクに閉じ込められたら? 現代のクルマは脱出困難!? 緊急事態への対処法とは

掲載 18
もしも…クルマのトランクに閉じ込められたら? 現代のクルマは脱出困難!? 緊急事態への対処法とは

■90年代以降に大きく変わったトランクを開閉する仕組み

 悪の手先にクルマのトランクに閉じ込められた主人公が、間一髪で脱出――。刑事ドラマやサスペンス映画などでよく見かけるシーンですが、現実の世界ではそうそう遭遇することはないはずです。
 
 とはいえ、用心に越したことはありません。万が一にでも何かの事件に巻き込まれトランクに監禁されたとしたら、いったいどうすれば脱出できるのでしょうか。

【画像】「えっ…!」こうなってるの!? トランクの意外な構造を画像で見る(19枚)

 そのためには「まずトランクの構造を知ることが大事」と、整備担当として首都圏の自動車販売店に勤務するT氏は話します。

「トランクはボディ側にあるU字型の金具『ストライカー』に、トランクリッド側にあるC字型の金具『ラッチ』を引っかけることで、閉まっている状態をキープするようになっています。

 ラッチを回転させてストライカーに引っかからない角度にすればトランクが開くというのが基本的な構造です。

 ワイヤーでラッチを回転させるタイプのクルマなら、そのワイヤーを見つけて引っ張れば、閉じ込められても内側からトランクを開けることができます」

 意外にも簡単に逃げられそうでちょっと安心しましたが、世の中そんなに甘くはなさそうです。

「1990年代に入ってから、トランクロックがワイヤーではなく電磁式のクルマが増えており、現在販売されているクルマのほぼすべてが電磁式なんです。そうなると引っ張るべきワイヤーがありません」(自動車販売店の整備担当 T氏)

 つまり、電磁式のトランクのクルマばかりの現代では、トランク内からの脱出は不可能ということなのでしょうか。

「いえ、電磁式といってもラッチを回転させてトランクを開けるという構造は変わりません。電気でアクチュエーターを動かしてラッチを回しているだけですので、これを任意で動かすことができれば不可能ではありません」(自動車販売店の整備担当 T氏)

 ただ、このラッチが引っかかっているストライカーのほとんどが内張りのなかにあるため、暗いトランクのなかで内張りを剥がして探し当て、工具もなしに細かい作業をするのは非常に難しく、現実的ではないのだとか。

 トラブルなどの際に室内から開けることも想定されているハッチバック車は、ラッチ周辺にサービスホール(組み立てや修理・整備などで用いられる穴)が用意されアクセスしやすいのですが、セダンではそもそも内側から開けること自体が考えられていないということなのかもしれません。

「実はそうとも言い切れなくて、電磁式トランクはバッテリーがあがると操作できなくなるので、そうしたときのためにオープナーが用意されているクルマもあるんです。

 もっとも、それがトランク内にあるとは限らず、室内側やリアシートの後ろにあるリアトレイなどにレバーがあるケースもあります。

 ですので、トランクに閉じ込められたときに助かるかどうかは車種次第といったところでしょうか」(自動車販売店の整備担当 T氏)

 1980年代の古いワイヤー式のクルマなら簡単なのですが、そういったネオクラシックのクルマを犯行に使うにはいささか目立ちすぎます。

 また、場当たり的な犯罪というより計画的な可能性が高い誘拐などにおいて、犯人が親切にもトランク内にオープナーが付いているクルマを選ぶとも思えません。

 そもそも手足を自由にしておいてくれるのかなど総合的に勘案すると、トランクから無事に脱出するのは非常に厳しいといわざるを得ません。

※ ※ ※

 日本より犯罪の多いアメリカでは、2002年以降トランクを内側から開けられる「エマージェンシー・トランク・リリース・レバー」の装着が法律で義務付けられています。

 治安が良いとされる日本ですが、犯罪だけでなく、誤ってトランクに閉じ込められてしまうことがあるかもしれません。

 万が一に備えて、内側からトランクが開けられるように法整備されることを期待したいところです。

こんな記事も読まれています

トヨタが新型「“スポーティ”セダン」初公開! コンパクト&迫力エアロの「アクティブ スポーツ」! ワゴンも設定の「新カローラ」が販売店でも話題に
トヨタが新型「“スポーティ”セダン」初公開! コンパクト&迫力エアロの「アクティブ スポーツ」! ワゴンも設定の「新カローラ」が販売店でも話題に
くるまのニュース
待ってたぜ3列シート! 4月18日にマツダCX-80発表! 日本発売はいつ? 今わかっているすべて教えます!
待ってたぜ3列シート! 4月18日にマツダCX-80発表! 日本発売はいつ? 今わかっているすべて教えます!
ベストカーWeb
マーベリック・ビニャーレス、MotoGP史上初の3メーカー優勝を達成! マルケス一時トップ走行も散る|MotoGPアメリカズGP決勝
マーベリック・ビニャーレス、MotoGP史上初の3メーカー優勝を達成! マルケス一時トップ走行も散る|MotoGPアメリカズGP決勝
motorsport.com 日本版
スカイラインタイプR誕生に期待も……? 日産とホンダの業務提携がもたらす自動車業界の大変革!
スカイラインタイプR誕生に期待も……? 日産とホンダの業務提携がもたらす自動車業界の大変革!
ベストカーWeb
キャンピングカーはミニバンで充分! ホンダ ステップワゴンがベースのキャンパー
キャンピングカーはミニバンで充分! ホンダ ステップワゴンがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
【BC中古車ウオッチ】時代の徒花! たった5年で人知れず消えていった悲しき「トヨタオーパ」を君は知っているか?
【BC中古車ウオッチ】時代の徒花! たった5年で人知れず消えていった悲しき「トヨタオーパ」を君は知っているか?
ベストカーWeb
Moto2アメリカズ決勝|セルジオ・ガルシアが逃げ切って初優勝! ロバーツが母国戦表彰台獲得
Moto2アメリカズ決勝|セルジオ・ガルシアが逃げ切って初優勝! ロバーツが母国戦表彰台獲得
motorsport.com 日本版
3ナンバーは高嶺の花! そんな常識をぶち壊した三菱ディアマンテが忘れられない!
3ナンバーは高嶺の花! そんな常識をぶち壊した三菱ディアマンテが忘れられない!
ベストカーWeb
Moto3アメリカズ決勝|アロンソ独走で今シーズン2勝目。山中琉聖、表彰台争うもわずかに届かず4位
Moto3アメリカズ決勝|アロンソ独走で今シーズン2勝目。山中琉聖、表彰台争うもわずかに届かず4位
motorsport.com 日本版
落ち込む松下信治を見て感じた可能性。チームメイトの野尻智紀「彼と一緒にやるのが楽しみになった」
落ち込む松下信治を見て感じた可能性。チームメイトの野尻智紀「彼と一緒にやるのが楽しみになった」
AUTOSPORT web
大湯効果いきなり発動の予選Q1の2番手。走り出しのトラブルからセット変更ズバリで光明見えたCERUMO
大湯効果いきなり発動の予選Q1の2番手。走り出しのトラブルからセット変更ズバリで光明見えたCERUMO
AUTOSPORT web
「落ち着いてできた」「緊張した」「難しかった」「自分としてはやり切った」4者4様GT500ルーキーたちの初予選
「落ち着いてできた」「緊張した」「難しかった」「自分としてはやり切った」4者4様GT500ルーキーたちの初予選
AUTOSPORT web
幻のポールが見えた2台の速さ。23号車MOTULのクインタレッリと8号車ARTA松下信治が振り返る予選
幻のポールが見えた2台の速さ。23号車MOTULのクインタレッリと8号車ARTA松下信治が振り返る予選
AUTOSPORT web
D’station Vantage GT3がまさかのエンジントラブルも、交換を行い決勝での追い上げ目指す
D’station Vantage GT3がまさかのエンジントラブルも、交換を行い決勝での追い上げ目指す
AUTOSPORT web
5月1日といえばセナの30回忌……「雨のセナ」の伝説を紡ぐ「ロータス97T」のビッグスケールモデルが誕生!! 勇姿を思い出そう!
5月1日といえばセナの30回忌……「雨のセナ」の伝説を紡ぐ「ロータス97T」のビッグスケールモデルが誕生!! 勇姿を思い出そう!
ベストカーWeb
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
BMW5シリーズ 詳細データテスト 強心臓と洗練されたサスペンションを兼備 車体は大きくなりすぎ
AUTOCAR JAPAN
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
【フェラーリから鉄道、陶器、メガネまでをデザイン】ケン・オクヤマ・トーキョーがオープン
AUTOCAR JAPAN
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
加賀山監督に聞くドゥカティの鈴鹿8耐ライダーは……「良い成績を残すために」
AUTOSPORT web

みんなのコメント

18件
  • son********
    車の鍵もパーキングブレーキもシフトレバーも電気式が多くなりました。電気式にすれば部品の共用ができるから機械式よりもコストが安いのでしょう。
    しかし、故障やトラブルの際には応急的に動かすことができないので緊急事態には弱くなってしまっています。
  • ********
    刑事ドラマやサスペンス映画などでよく見かけるシーンでは、腕も足も縛られて目隠しに口も塞がれて、身体の自由は皆無と言っていい状態だ。
    全く何もできずに横たわっている以外に無いだろう。
    むしろ「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のマイケルJフォックスが閉じ込められたシーンで、と言った方が解りやすかった…若い人は知らないか。。。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村