サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 交通事故死者の半数以上が65歳以上! 安全なはずのシートベルトが高齢者にダメージを与える可能性

ここから本文です

 高齢者は交通事故で亡くなりやすい傾向にある

 令和元年(2019年)の交通事故件数は43万601件と、いまよりクルマが少なかった昭和41年(1966年)と同等レベルの少なさで、交通事故による死者数は3215人と記録が残っている限りで最小となりました。負傷者数も46万175人と大幅に減っています(前年は52万5846人でした)。

やはり高齢者は事故率が高い? 1位の85歳以上に続くのは19歳以下という自動車事故の年代別割合と防止策

 それだけ減っている交通事故による死者ですが、その55%以上は65歳より上の高齢者となっています。人口10万人当たりの死者数でいっても、全年齢では2.54人となっているところ、高齢者は5.01人と明らかに高くなっています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン