サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 安くて安全で選ばない理由が見つからない! あえて最廉価グレードを買ってほしいクルマ7選

ここから本文です

安くて安全で選ばない理由が見つからない! あえて最廉価グレードを買ってほしいクルマ7選

 最廉価グレードでも装備が充実しているモデルも!

 クルマには多種多彩なグレードが用意されている。メーカーとしては中間グレードを主軸として、できれば最上級グレードを買ってほしいところで、高いなりの満足度も得られるかもしれない。

かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

 しかし、なかには最廉価グレードでも装備が充実していたり、むしろそのクルマのコンセプトに合致しているケースがある。ここでは国産車のなかから、最廉価グレードでも堂々と選べる7台を紹介したい。

 1)スズキ・アルト F

 まずは、こう言っては何だが、安さこそが命のクルマ、軽自動車のスズキ・アルトのFだ。エクステリアデザイン的にも華美な加飾がないほうがむしろアルトらしい。しかしスズキセーフティサポート装着車なら、自動ブレーキはもちろん、後退時ブレーキサポートやリヤパーキングセンサー、オートライト、ヒルホールドコントロール、4WD車ならフロントシートヒーターまで付いてくる。

 エネチャージやエコクールがないのは気になるところだが、2WDの5AGS(2ペダルマニュアル)で92万4000円なのだから、安全・安心の足には最適だろう。

 2)マツダ・ロードスター S

 最廉価グレードに大いなる価値があるのがマツダ・ロードスターのSだ。ラグジュアリーオープンの装備は望めないが、決定打は車重。唯一1トンを切る990kgで、ライトウェイトオープンスポーツの真髄が堪能できるのだ。ミッションが6速MTのみというのも潔い。約260万円という価格も、ハードルの高いスポーツカー、オープンカーの敷居を下げてくれる効果がありそうだ。

 それでいてダイナミックスタビリティコントロールをはじめ、夜間歩行者対応の自動ブレーキ、後退時ブレーキサポート、そしてなんとブラインドスポットモニタリングまで備わるのだから文句はないはずだ。しかも、タイヤ&ホイールサイズは全グレード共通である。

 3)ホンダN-BOX Gホンダセンシング

 今、日本でもっとも売れているクルマのホンダN-BOXも最廉価グレードのGホンダセンシングで十二分。当たり前の話だが、N-BOXの大きな魅力となる広大な室内空間、チップアップ&ダイブダウン機構付きの5:5分割リヤシートによる多彩なシートアレンジ性、変幻自在な人と荷物のフォーメーション、走行性能はNAの最上級グレードとなんら変わらない。

 しかも全グレードに先進安全運転支援機能のホンダセンシングが標準装備され、なおかつフルLEDヘッドランプ、フルオートエアコン、キャップの置き場に困らない!? ボトルホルダーまで、このグレードでも奢られているのだ。 約140万円という価格も、軽自動車としてありがたいではないか。

 意外にも上級グレードの装備より快適と思えるものもある

 4)ダイハツ・ロッキー L

 トヨタ・ライズのダイハツ版がロッキー。じつは、ライズの最廉価グレードはお薦めできないのだが(先進安全運転支援機能のスマートアシスト未装備だから)、ロッキーの最廉価グレードのL(FF)なら、先進安全運転支援機能もばっちり。プレミアムグレードのみのブラインドスポットモニターやリヤクロストラフィックアラート、ACCなどが必要ないならズバリ、2WDで約170万円の価格は超お買い得。

 5)スズキ・ハスラー HYBRID G

 超人気のスズキ・ハスラーもHYBRID Gという最廉価グレードで十分にハスラーを楽しめる。スズキ・セーフティサポートの基本機能は付くし、ライトがハロゲン、ステアリングがウレタン、ホイールがスチールというのも、いさぎよし。アウトドアでガンガン使うには、むしろぴったりではないか。

 6)ホンダ・フィット BASIC

 新型となったホンダ・フィットも、ベースグレードのBASICで新型フィットらしさを十二分に堪能できる。なにしろ先進安全運転支援機能のホンダセンシングは全グレードで共通。インテリアのシンプルさにむしろ好感が持てる人も多いはず。LUXEの本革コンビシートより前席のかけ心地がふんわりしていて、僕のようにより快適に感じる人もいるに違いない。

 しかも、軽量のため、モード燃費はガソリン車最上。新型フィットの基準車はHOMEであることは確かだが、FFで150万円台という価格は、国民車たるベーシックコンパクトのフィットにふさわしいと思えたりする。

 7)マツダCX-30 20S

 クロスオーバーSUVにして、立体駐車場の入庫も容易なマツダCX-30も、ガソリンエンジンのベーシックグレードとなる20Sで十分だ。2WDで約240万円という買いやすい価格で、6速ATと6速MTが同価格というのも泣かせる。しかもACCやブラインドスポットモニタリング、リヤクロストラフィックアラート、後退時ブレーキサポートといった先進安全運転支援機能は上級グレード変わらず、マツダ最新先進安全運転支援機能に支えられたクロスオーバーモデルならではの走破性に支えられたドライブが楽しめるのだ。

 人によってはマツダ自慢のクリーンディーゼルモデルに惹かれるかもしれないが、約50万円も高くなる重厚濃厚なクリーンディーゼルモデルに対して、ガソリン車はスムースで爽やかなドライブフィールが自慢。本革巻ステアリングだって付いてくるのだから、廉価グレード感皆無と言っていい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します