サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ガソリンの「デリカD:5」13年の歴史に幕 三菱のSUVミニバンはディーゼルに統一へ

ここから本文です

ガソリンの「デリカD:5」13年の歴史に幕 三菱のSUVミニバンはディーゼルに統一へ

■さらばガソリン仕様! 「デリカD:5」はディーゼル仕様のみに

 三菱のSUVミニバン「デリカD:5」のガソリン仕様が、2019年末に生産終了していたことが明らかになりました。ガソリン仕様の発売は2007年1月で、約13年にわたる生産の末、販売を終了しました。

トヨタ「ランクル70」復活? ファン待望のディーゼル仕様で2020年に登場か

 2019年2月にはディーゼル仕様のデリカD:5のみビッグマイナーチェンジがおこなわれて新型モデルとなり、ガソリン仕様は旧型モデルというかたちで新型モデルと10か月間併売されていました。なぜこのタイミングで販売終了となったのでしょうか。

 当初、詳細な時期は明かされていなかったものの、ガソリン仕様のデリカD:5の生産が終了することは2019年の秋ごろに予告されていました。

 三菱の公式ウェブサイトには2019年秋ごろから「2019年10月23日以降のご注文につきましては、生産終了により、グレード、カラー、メーカーオプションなどが、お客様のご希望に添えない場合がございます。」と記載。

 実際には2019年10月以降も2か月ほどガソリン仕様の生産が続けられていましたが、2020年2月現在は在庫車のみの対応となっています。

 ガソリン仕様がディーゼル仕様と10か月間併売され、その後販売終了となった理由について、三菱の広報担当者は次のようにコメントします。

「2019年2月にディーゼル仕様がビッグマイナーチェンジした後も、ガソリン仕様を併売していた理由としては、ディーゼル仕様の車両価格がガソリン仕様と比較して高かったことが挙げられます。

 またフロントデザインにおいて、ディーゼル仕様よりもガソリン仕様の顔つきの方が好みという人がいたことも理由のひとつです。

 しかし、併売期間の販売実績では、8割の人がディーゼル仕様を選択していました。新型モデルであるディーゼル仕様は内装や安全装備が新しく、リセールバリューが高いというメリットもあることが理由と思われます」

 また三菱の販売店スタッフにも話を聞いたところ、「ガソリン仕様よりもディーゼル仕様の方が良く売れていたのは事実ですが、ガソリン仕様の販売が終了すると分かってからは、在庫分のガソリン仕様を購入するユーザーもぽつぽつといらっしゃいます」とコメントします。

 ディーゼル仕様のデリカD:5は、車両価格(消費税込、以下同様)が391万3800円から447万2600円という設定です。一方、既に在庫限りとなっているガソリン仕様のデリカD:5は249万4800円から327万8000円という価格帯となっていました。 

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します